Wordpress管理画面で表示される『投稿一覧』で、1ページあたりに表示される投稿一覧の数をカスタムします。(WP管理画面カスタマイズ)

function.phpから投稿管理画面の表示数を変更

Wordpressのコアファイル(wp-admin/edit-pages.php)を直接変更してしまう方法もありますが、コアファイルを直接いじってしまうとメンテが大変だと思うので、今回はテーマファイル内のfunction.php内だけで変更を完了させる手順を紹介します。

今回は例として『1ページに5件のみ表示』にカスタムしてみます。

■WP管理画面の『投稿一覧』に表示される記事数(コレ)↓を20件⇒5件にしてみる。
 admin-cst-postnum  


■使用中のテーマファイル内function.phpに記述。

//投稿一覧で表示される記事数を変更する。
function my_edit_posts_per_page($posts_per_page) {
   return 5; // ここの数字を表示したい記事数に変更してください。
}
add_filter('edit_posts_per_page', 'my_edit_posts_per_page');

赤文字の部分を、表示したい記事数に変更する。(WPデフォルトでは20件)

※テーマやfunction.phpファイルの編集は自己責任でお願いします。不安な人は編集前にバックアップを。
※functions.phpに記述する場所はどこでも構いませんが、後で誤って消してしまわないようにコメントアウト(緑文字の部分)を添えておきましょう。
※functions.phpの編集は、「外観⇒テーマ編集 ⇒テーマの為の関数( functions.php )」から編集できます。 

赤文字の部分を『50』や『100』にすると、1ページあたりに表示される投稿の数は『50件』や『100件』になります。大量の投稿を一括管理・修正したいときなどに有効ですね。

ただし『500件・1000件』等、表示数をあまりに大きくしてしまうと投稿一覧の表示に時間がかかったり、一括処理がタイムアウトしてしまうので、その辺は調整してください。

ちなみに、今回紹介したフックでは一般投稿だけではなく、カスタム投稿タイプの管理画面にも一括で適用されます。

参考: http://www.wphub.com/101-useful-wordpress-snippets/
前の記事次の記事