スポンサードリンク

朝礼 会社

2012年08月27日

先日の産経新聞に駒台教育研究所と共同で
企業と大学を対象に
・時代が求める人材像
についての調査結果の概要が掲載されていました。
9月2日の産経新聞にアンケート結果の詳細が掲載
されるそうです。

世界競争力が求められる中、次代を担う人材の
育成が重要です。900社の企業と749の4年制大学
を対象に調査を実施し、106社の企業、338大学から
回答があったそうです。
企業の回答率が12%と特に低いことに、人材育成に対する
意識の低さを感じ、少し残念ですね。

世界競争力が求められる中、次代を担う人材について
期待する人材像に共通して必要と考える姿勢を一語で
回答をもとめたところ、企業では
・1位 挑戦
・2位 志
・3位 情熱
という回答で、大学では1位の挑戦と2位の志は同じで
3位は社会貢献だったそうです。

また、時代が求める人材を育てるうえで大学が教育上重視すべき
キーワードも自由記述してもらった結果は
・1位 大学・企業とも受け身からの脱却を促す主体性
・2位は大学がグローバル、企業は行動力
だったそうです。

また、このキーワードを備えた人材の育成に、今の大学は対応
できているかを聞いたところ大学の78%ができていると自負
しているのに対し企業の3割近くがかなりできていないと回答
するなど企業の85%が不満を示しているそうです。

調査した駒台教育研究所の担当者は大学と企業で育成すべき
人材像の方向性は企業も大学もほぼ共有できているが
字際にできているかの評価については大学ができていると
いうのに対し、企業はかなりできていないという評価であり
大学と企業のギャップが大きいことに驚いているとの
コメントがありました。

最近、企業では留学生を多く採用する傾向にあるとききました。
日本の大学を卒業した人より、留学生のほうが挑戦・志・情熱
があり、当然英語も得意ですのでグローバルに活躍できる人材
に早く成長してくれるとある企業の人が言っているのを聞いた
ことがあります。

自らが主体性を持って、夢に向かって情熱をもって挑戦する。
こんな人材はいつの世も求められている人材だと思います。

大学でそのような人材を育成することは重要だとは思いますが
企業がもっと人材育成に力を入れて、自らもチャレンジできる
人材に成長していく情熱を持つことが大切なのではないでしょうか。

会社と大学の人材育成に対するギャップは大きいですが、お互いが
自分たちが育てるという意識を持つことが必要ですし、
入社した人も、すでに入社して経験を積んだ人も、今一度
自分はどんな人材になるべきかを自覚し、強い志と情熱をもって
チャレンジしていくように心がけたいですね。

neta1000 at 11:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月01日

会社の朝礼では毎日交代で一言スピーチをしている会社が
多いと思います。
会社によっては、毎月テーマを決めて、そのテーマにそった
スピーチをする会社もありますね。

私の会社でも、会社の安全週間などの時期になると
安全に関するテーマを各人が持ち回りで朝礼スピーチします。


案外、テーマが決まっているほうが朝礼ネタを探しやすいと
思いますね。
もし、会社での朝礼スピーチネタなどに悩んでいる職場がいたら、
毎週・毎月のテーマを決めて会社の朝礼のスピーチをしてみるの
もいいのではないでしょうか。

ちなみに私の会社でテーマを決めて朝礼スピーチを行った
ことのあるテーマは
・安全朝礼
 ヒヤッとしたこと、危ないと思ったことを述べて
 改善案を提案する
・経営本の輪読
 松下幸之助さんの<一日一話>の本を毎日読む
・3分スピーチの徹底、
 朝礼時間を3分以内にするということを目標に
 毎日の朝礼時間を短いテーマで行う
・失敗例の紹介
 何でもいので、失敗したことをみんなの前で公表して
 自分の改善案を述べる
などがありますね。

一番お勧めなのは経営本などを輪読していくのが
会社の朝礼ではお勧めですね。
例えば、松下幸之助さんの<一日一話>は、PHP研究所や
パナソニックの公式サイトから見ることができます。

松下幸之助さん以外にも経営の参考になる経営者の本は
会社の朝礼のネタに最適です。

会社の朝礼では、マネジメントに関する話題や
仕事の効率を上げる方法や精神面を強くする方法など
さまざまな本が朝礼の話題におすすめです。

こんな本を読みましたので紹介します。と簡単に
中身を紹介し、自分の感想を述べれば、すぐに3分程度の
スピーチができます。

会社の朝礼などで朝礼ネタに悩んでいるなら、まず本屋を
のぞいてみてはいかがでしょうか。

最近のビジネス・経済のベストセラー本としては
・生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント
・7つの習慣―成功には原則があった!
・良い戦略、悪い戦略
・人を動かす 新装版
・自分磨きはもう卒業! がんばらずに、
 ぐんぐん幸運を引き寄せる方法
・一流の人に学ぶ自分の磨き方
・プロの資料作成力
・心が折れそうなときキミを救う言葉
・聞く力―心をひらく35のヒント
・仕事はどれも同じ
「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法
など上位にランキングされている本は、自己啓発に役立つ
とともに会社の朝礼スピーチネタとして使える
お勧めの本ですよ。


neta1000 at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月14日

最近、日本でもパナソニックやシャープなどの
大手家電メーカが数千億円の赤字を計上して
どうなっているんだろうと思いますね。

一流企業でも、やり方を間違えると一気に赤字になって
しまうということで、企業に勤めている人間にとっては
明日は我が身・・という感じですね。

先日、ある新聞に、先行きが見えない日本経済の中
ユニークな経営で業績を上げている企業があると紹介されて
いました。

その企業は岐阜県の未来工業という中堅の企業です。
名証2部上場で現在の従業員は約800人、売上高は
200億円程度で黒字経営を続けています。

新聞によると、各メディアでも取り上げられているユニーク
な企業で、社員旅行でクイズ50問に正解すると
半年間の有給休暇が賞品でもらえる・・・など
などで話題になったそうです。
5年に一度は全員参加の海外旅行を実施しているそうで
今年はエジプトに行く予定でしたがエジプトの政情不安で
中止に。予定していた旅行費用1億円は東日本大震災の
被災者の方々に寄付をしたそうです。

未来工業は、ほうれんそう(報告・連絡・相談)のない会社
としてもよくマスコミなどで取り上げられているとか。
営業のノルマは一切禁止、定年は70歳、残業は一切禁止で
年間の休暇も有給休暇をのぞいて140日とか。
育児休暇も3年あり何度でも使えるとか・・・ほんとうに聞くと
うらやましいというか、よくこれでやっていけるなと思うくらいです。


多くの会社が正社員を派遣社員やアルバイトに切り替えてコストを
下げようとしたけどそれで会社が儲かるようになったか・・
人間(社員)をコスト扱いする会社がうまくいくわけがないと
いう、社員を大切にする経営がうまくいっている経営法だとか。

社長の仕事は社員を幸せにして、この会社のためにがんばろう
と思ってもらえるようにする。・・・それが社長の仕事だとか。

だから、現場のことは現場にまかせ、
上司へのほうれんそう(報告・連絡・相談)も禁止しているとか。

たしかに上司へのほうれんそう(報告・連絡・相談)もしないで
仕事をするとなると、自分がしっかりしなくてはと思いますね。

わが社では、ほうれんそう(報告・連絡・相談)をなくして
・・・というわけにはいきませんが、自分で考えて改善していく
ということはできますので、今一度、自分で考えるということ
を意識して仕事をしてみたいと思います。











neta1000 at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月18日

多くの会社で朝礼が行われていますが
よその会社の朝礼風景を見る機会があまり
ありませんね。

今日は活気あふれる会社の朝礼風景を紹介している
朝礼.jpというサイトを紹介します。

朝礼.jpでは朝礼の起源も紹介されていますね。

朝礼の起源は、寺院の勤行や軍隊の点呼などに
あるようで、19世紀末から20世紀初頭にかけて
学校行事として定着したあと、一般にも広がったそうです。

企業の朝礼では部門ごとに行われており、集団として
の自覚を高めるための手段として活用されているとのこと。


私の会社では、人前で話すことにより、自分の意見や
考えをしっかり持つようになり、それが結果として
仕事に生かされてくるという考え方で、集団というより
個人の人材育成に朝礼を位置づけています。
ですから朝礼で話す内容はなんでもよく、自分で工夫しながら
朝礼ネタを考えるという朝礼です。

朝礼のやり方や内容は会社によって異なります。ネットで簡単に
他社の朝礼風景を見ることができるのは非常に勉強になりますね。

朝礼.jpというサイトでは
2011年10月 3日佐藤薬品工業株式会社
2011年6月 6日木村石鹸工業株式会社
2011年5月 2日株式会社やわらぎ
2011年4月 5日大阪石材工業株式会社
などの朝礼風景が動画で見ることができます。

大阪のコミニケ出版という月刊朝礼を出してる
会社が運営しているサイトですので、
一日一話形式の月刊朝礼の朗読が入っている
朝礼となっています。

一日一話などの本を輪番制で朗読して行く朝礼は
よく行われますね。松下幸之助の一日一話を朗読
している会社もあるようですね。

各社の朝礼風景を見ると挨拶に仕方や、朝礼の進め方
の参考になると思います。

いまの会社の朝礼はマンネリ気味だお思っている方は
このような他社の活力ある朝礼風景を紹介して
朝礼のやり方を変えていく提案をしてもいいのでは
ないでしょうか。

朝礼.jp(他社の朝礼風景)
http://www.chourei.jp/











neta1000 at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月05日


パナソニックが男性を対象にしスキンケアを
しているかアンケートをとったそうです。

パナソニックのメンズ白書第3章に
調査結果がのっています。

スキンケア用品を「毎日使用している」
「たまに使用している」人を含めると、
半数以上の人がスキンケアをしているそうです。

スキンケアは若い男性ならやっているかも・・
と思っていましたが40代以上でも49%
の人がスキンケア経験者だそうです。

そんな世相からパナソニックでは
男性用にオススメのエステ家電として
イオンスチーマー、メンズトリマー、
ナノケアドライヤーを発売しているらしいです。

私もスキンケアをやらないと時代遅れかなと
少し心配しています。

仕事をしていく上で世の中の動きやニーズの変化を
常に掴むことは重要ですね。

パナソニックのメンズ白書では男性のライフスタイル
も調査されています。
このように企業の調査結果は無料で見れますので
皆さんも一度ごらんになり、男性の考え方の一端を
勉強してみてはいかがでしょうか。

ちなみに女性から贈られたいプレゼントは何ですか
との回答で一番多かったのはネクタイ・小物でした。
若い人はアクセサリーも多いみたいですね。

パナソニックメンズ白書
http://panasonic.jp/beauty/men/chosahoukou/hakusyo/


朝礼スピーチにアンケート調査結果は使えます。
ネットで人気ランキングやニーズ調査などの
アンケート結果を探して会社の朝礼スピーチで活用
されることをオススメします。


neta1000 at 08:00 
朝礼スピーチネタ集