先崎学伝説

  • 「よい子日本一決定戦」で羽生善治を破り優勝に輝く。先崎が先に弟子入りしたため。羽生が多くの大会で優勝できるようになった
  • ”天才先崎”
  • 小学生の時に指導対局に当選、真部一男先生を指差して「この人、お父さんより強いの?」
  • 対局の前日は気分を落ち着かせるために、ボクシングへ行く
  • 対局当日に首を寝違えて、服を着られなくなったことがある
  • 上九一色村のオウム関連施設の強制捜査の日は対局当日に関わらず、テレビに釘付けだった
  • 野球WBCの決勝の韓国戦も、王位リーグの対局があったが。将棋そっちのけでTVを観戦
  • 師匠の米長邦雄永世棋聖を「米永!」と呼び捨てにする
  • 他の棋士の門下になる予定だったが「有名人じゃなきゃヤダ」とワガママを言って、米長邦雄永世棋聖門下になった
  • 弟子時代の仕事は師匠に上がりそうな株価を教えること
  • 内弟子時代は師匠の頭の上をまたいでいた
  • 師匠から将棋を教わったのは5,6年間で10局だけ。暇な雨の日曜日だけ
  • テレビ解説で師匠の手を「豚のような手」と形容。師匠からの電話で注意されるも、「師匠もヒマだなぁ」と反省の色は無し
  • 他のテレビ解説では師匠の手を「馬鹿な手」と形容、坊主になる
  • 中原16世名人の手を「馬のような手」「鹿のような手」と表現
  • 師匠の名人戦の途中に「どうせ今回も負け」と雑誌に寄稿。
  • C級順位戦のメンバーを見て「このオレが、なんで、こんなクラスで指さなきゃいけないの」と口を滑らせる
  • C級順位戦を勝ち上がれない時 「こんなヤツらと同じクラスだなんて腹が立つ」と言ってしまい。相手を怒らせる
  • 名人戦の解説に登場「ここで絶対無い手は3一金です。3一金だけは見る聞く無しに絶対に打たないです」
    しかし郷田真隆九段の指した手は3一金だった。
  • 「先崎のような手を指してしまった」と言った行方に向かって灰皿を投げつけた
  • 「べつに名人ということを特別意識していませんね。 たくさんあるタイトルの一つだと思っていますから。」
  • 師匠に「30過ぎての反抗期はやめてくれ」と言われる
  • 小学生の時は、少年ジャンプを読みながら対局して、大人の大会で優勝していた。
  • 竜王戦の挑戦者決定戦に短パンにポロシャツというラフな服装で登場して周囲を圧倒させる
  • 林場直子の弟弟子だった。賑やかだった。林葉直子にはよく泣かされた。
  • 中学生の頃より飲み屋や雀荘に入り浸り、中学校を二年で中退
  • 将棋の研究よりも囲碁の研究の方が熱心である
  • インタビューで「将棋より、麻雀の方が好き。麻雀がなかったら生きていけない」と答える
  • 師匠の米長と対局するとき、師匠は正座をしてるのに先ちゃんはあぐらをかいて対局
  • 将棋の話をしているより、麻雀の話をしている方が楽しそう
  • 単騎待ちが好き。ドラ単騎が好き
  • 大山康晴永世5冠と麻雀を打っていた
  • 第4代升田幸三実力制名人の家に遊びに行き、碁を打っていた
  • パチスロ必勝ガイドにも連載記事を寄稿する
  • 麻雀の最強位戦の決勝まで残った。その他雑誌の麻雀トーナメントでも決勝進出を果たすなど将棋以上の活躍
  • 『小博打のススメ』という簡単に出来るギャンブルの著書も持つ
  • B級に在籍しながらA級戦の感想戦に口だし「歩が足りるんだよ!」
  • 将棋ボクシングをやった。
  • 将棋界一のエッセイストであるが、師匠に「原稿ばっかり書いていて、もっと将棋に専念しろ!」と怒られる
  • 神吉とチャンバラごっこしてたら山田久美に説教された
  • 第一回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦(東風戦・東南戦・三人麻雀で総合成績を争う)に出場し、プロに混じって見事に準優勝!アルバン賞も獲得(全自動卓「AMOSマーテル」
  • 「近代麻雀オンラインバトル」にゲスト参戦
  • 「尾崎豊が行った東京ドームの観客はみな低学歴」