空を見上げて
トップページ » 寝起きの腰痛について

寝起きの腰痛について

今日は幾分か暖かい一日でした。
農道に一輪のタンポポが咲いていました。
今年の今の時期では珍しくもありませんが
暖冬を実感じます。
タンポポ







ここしばらく、冬に戻ったせいか
「腰痛」でこのブログにお越しいただく方が増えました。
「寝腰」と言って、朝寝起きに腰が痛い方は
明らかに敷き寝具が腰痛の元です。

柔らかすぎる敷き寝具のため
寝た時にお尻・肩甲骨・頭の部分が重いため
敷き寝具に沈み込み、生理的湾曲(背骨のS字カーブ)が
必要以上に曲がってしまいW字のようになっていると想像できます。
そのため、腰部・肩部に負担がかかり頚椎腰椎が変位しているか
頚椎腰椎に付着している筋肉が過緊張し張ったり凝っていたりします。
これが、「寝腰」の実態です。
寝起きの肩こりも同様です。こちらは敷き寝具と枕が原因しています。

現在、「寝腰」や寝起きの「肩こり」でお悩みの方は
今お使いの寝具や枕をやめて、家にある他の寝具・枕にして
しばらく様子を見てください。

最近、特に目立つのは「低反発のマット・枕」を使って
腰痛・肩こりが始まった、ひどくなった方が相談にお越しくださいます。
結論から言って、「低反発のマット・枕」は上記の「寝腰」「肩こり」
を誘発する最大の原因です。
現在、「低反発のマット・枕」をお使いの方、特に腰痛・首の凝り
のある方は、今晩からはずして他の寝具で寝てください。
確かに高価な商品ですが、身体にも我慢の限界点があります。
身体の悲鳴を聞いてあげてください。

これから「低反発のマット・枕」の購入を考えておられる方は
よくよく考えてください。
腰痛・肩こり・首の凝りのある方はなおさら購入を控えてください。

今日は、「寝腰」「肩こり」「首の凝り」の方に
お勧めできない寝具の話になりましたが
次回、どんな枕・寝具がいいのか
ブログにアップします。


ブログランキングにクリックお願いします
人気ランキングバーナー緑

ブログランキングにクリックお願いします!是非ともお願いします!!
健康ランキングバーナー2

にほんブログ村 健康ブログへ

トラックバックURL
トラックバック
今朝起きたら腰痛だったんですが、今までこんなこと起こった試しがなかったので、 「あぁ、俺もそろそろ健康について考えなきゃいけない歳になったんだなぁ…」 とか実感していました。寝起きに腰痛(寝違えの腰バージョンみたいな感じ)ってちょっと珍しいんじゃないかな....
コメント
1. Posted by キヨ   2007年10月01日 14:54
最近、寝起きに腰が痛い(鈍痛)時があったんですが、「寝腰」という症状があるんですね。

勉強になりました。

「寝腰」、起き上がるのが嫌になっちゃいますね((+_+))
2. Posted by ね太郎   2007年10月02日 13:16
キヨさん、初めまして。
「寝腰」は寝具が身体にあっていないだけなので、きちんとした寝具にすれば「ぐっすり眠れたぁ」と実感できますよ!
「寝腰」を慢性化すると、本当の腰痛持ちになりますので、手当てはお早めにしてくださいね。
3. Posted by 新生活   2008年04月28日 00:47
4 最近寝腰に悩まされ、こちらを拝見いたしました。

低反発&ポケットコイルのマットレスを1年半使用していましたが
コイル自体の明らかなへたれにより寝腰が今年入ってから感じ始めました。
(使用当初は全くそんな事は感じませんでした)

それから2ヶ月はエアロマットで寝ていましたがやはり寝腰は感じていました。
先日、低反発の方のマットレス購入店へ連絡し
フランスベッド製のマットレスに交換しました。
それでも初日からそれまでと同じように痛みを感じました。

どうやらある程度硬目の寝具がいいようなのですが私は低反発のように腰が必要分のみの範囲で沈む方がいいのでは?と思っています。
現在マットレスと敷パットのみで寝ている為更に敷き布団や低反発もしくはもっと安いウレタンのマットレスを重ねる事を考えていますがどうなのでしょう?

4. Posted by ね太郎   2008年04月28日 10:59
新生活さま、おはようございます。

腰痛はつらいですよね。
お家に昔からの綿わた100%の敷き布団があれば、畳の上に敷き1週間ほど寝床を変えてみてください。それで寝起きの腰痛が楽になれば、今の敷き寝具が腰痛の原因です。
(1・2日ではかえって痛くなるかもしれませんが、それでも1週間は続けてください。)

敷き寝具は、ある程度身体を支えないと臀部・肩甲骨周辺などの体重の掛かる部分が沈み込むと寝姿勢が自然のS字カーブ以上に沈み込み
Wの字のようになり、適度の寝返りが打てずに腰痛を悪化させます。つまり、低反発マットのように重量の掛かっただけ沈み込むと腰痛などを誇張してしまいます。また、低反発マットは適度に沈むと表現しますが、腰痛を起こしている点、やはり過度に沈み込んでいると思われます。

5. Posted by ね太郎   2008年04月28日 11:01
〜続き
(沈み込むより、身体をしっかり支える方が身体には良いのです。健康な身体は、身体が自然と脊椎の湾曲を保とうとします。その身体の自然な働きを阻害するような柔らかい敷き寝具では身体の自由を奪ってしまいます。整体をしていると、これは当然なことなのです。)

あと敷き寝具で充分に考慮しないといけない点は、寝汗の吸収・発散力です。これから暑くなったり梅雨の湿気の多い時期、湿気のこもる敷き寝具は背中と敷き寝具の間の蒸れ感が高まり不快指数が上昇します。
必要以上に寝返りが増え、睡眠が浅くなり寝た気がしないなどの不満足感が生じます。

これらの点を充分に配慮して、検討してみてください。
生身の人間が6時間前後、身体をあずけるとても大切な場所ですから
充分に考慮願います。

6. Posted by ね太郎   2008年04月28日 11:01
〜続き3
それと、敷き寝具が腰痛のきっかけだとは思いますが、体重の増加や仕事の内容が変わったとか(立ち仕事が増えた・座ってパソコン仕事が増えたなど)運動量が減ったとか、そういった変化も腰痛の原因かもしれません。このような場合は、確かなカイロや整体院で相談するのも良いかもしれません。

腰痛が緩和されますように。
7. Posted by 新生活   2008年04月28日 15:43
ありがとうございます。
早速敷布団試してみます。
8. Posted by 腰痛もちの30歳   2008年10月23日 15:35
「寝腰」って言葉

初めて聞きました。

勉強になりました。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星