2011年07月16日

Petと造影MRIをやりました

7月15日、小岩の岩井メディチェック画像診断centerでPetと造影MRIをやりました。

J大は検査をどんどん、そと出ししています。

一日に2つの検査なので、朝10時半から夕方4時と朝食抜き、昼食抜き6時間の苦行でした。

結果は7月26日の月例診査の日に分かります。

1日がロンゲストデイで、目の前のことが鮮やかに焼きつき、一人瞑想にふける禅僧のこころでしたね。

待つということは時間を止めるのですね。人間に待ち時間は必要です。

知識は知識だけではつまらないですが、知識の裏にある血湧きあがり、肉躍って来ると素晴らしいものになります。

放射能の知識が身近な所で踊って来ました。

「今回Petでどのくらいの放射線量なの?」と聞きました。

女医は喜びました。「3.11から訊かれたのはあなたが3人目だ」と喜んで10分近く話しましたね。

彼女は自分も「あれ以来心配なんだ」そうです。

だけど、「誰も訊いてこない。」「いつも釈然としない。」と言うのです。

「20丱掘璽戰襯函廚世修Δ任后

ただし、「FDPとかいう放射性同位元素を注射する量」です。

それに映像をとるため放射するビームは1回15丱掘璽戰襯箸任后

これを今回1.5回やりましたので、23丱掘璽戰襯函合わせて43丱掘璽戰襯箸里茲Δ任后

委員長が泣いてしまった学童の年間限度20丱掘璽戰襯箸稜椶鮖笋蓮∈2鵤渦鵑納けてしまいました。

年間1丱掘璽戰襯箸限界だとすれば、1回で43倍も浴びてしまったということです。

30年後にがんになる確率がコンマ1%ぐらいあがるのでしょうか、私なんざ、もう肺がん4期の治療をしているのだから、がんになることを恐れることは何もないですけどね(冷たい脇汗)。

女医さんはPetやCT、レントゲンの仕事をしてると、実は相当浴びているので、女性の間では、良く話題になるらしいんです。

ガードみたいのもあるらしいんですが、今までは、そんなに厳しくなかったと。

放射線管理は、医学の分野ではすこしずさんに感じますね。

20年以上前だと思いますが、PCが母体に良くないとパソコンを扱う女性がみんな防弾チョッキみたいのをつけた時期がありましたよね。

あれどうなっちゃったんですかね。PCを変えたんでしょうね、最近見ませんもね。
netatbooth at 05:00│Comments(2)TrackBack(0)イレッサ耐性 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by java   2011年07月16日 11:15
知人がタイに行く飛行機の中で放射線を計測しましたところ、なんと0.7mmシーベルト/hでした。で、フライト時間が約6時間×2(往復)=8.4mmシーベルトにもなるんですよ。パイロットとかCAは大丈夫なんでしょうかね…汗。
2. Posted by 56   2011年07月16日 22:01
それをやりだすと、長崎大学の先生みたいに、安全安全となりすぎて、顰蹙かりるから、ほどほどにね、でも事実はぼそぼそと語りましょ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

Archives