EClaptonForum

英国3大ロック・ギタリストの一人、エリック・クラプトン(Eric Clapton)のデビュー50周年記念コンサートが昨晩(3月25日)夜に、L.A.郊外のイングルウド (Inglewood) に在るアリーナ、The Forum で開催予定でした。

昨年のクリスマス・プレゼントとして息子から貰っていたチケットは、ステージ近くのかなり高額な(多分)席でした。

Inglewoodは、ロサンジェルス国際空港(LAX)から東に3マイル(4.5Km)に位置する治安の余り良くない地域に在る街です。

有名アーティストの各種ライブ・コンサートや、バスケット・ボールのL.A. Lakersそれにアイス・ホッケーのL.A. Kingsの本拠地(1999年に両チームともStaples Centerに移転)としても知られた1967年オープンの円形アリーナです。

私は未だ一度も行った事がないアリーナです。

コンサート帰りに思わぬ怖い目に最近遭ったりしていたので周辺の雰囲気を知る意味もあって少し早い目に家を出ました。(まぁ、暇やと云うことですわ。)

我が家から、片道約90Kmもあり道が空いていても1時間少々かかる距離です。

週末で道も空いていたのでコンサート開始予定時刻7時の約2時間前の5時頃に現地に到着しました。

駐車場も未だ閉まっており閑散としていました。

いくら早いと云っても、誰も居ないのはちょっとおかしいなぁと思ったりもしたのですが、まぁ、ええか、持参した本でも読んで時間調整しようと最寄りのファースト・フード・レストランに行きました。

しかし、場所柄かレストラン内の雰囲気も余り良くありません。
結局、コーヒーを買って車に戻りました。

少し本を読みだした頃に、黒人のオバチャンが突然現れ、ドアを叩き小銭をせびります。
やらないと、なんか怖そうなので税金と思い小銭を寄付しました。

落ち着かなくなり時刻も6時前になったのでフォーラムの駐車場に戻りました。

今度は、入り口に係員が数人立っていました。

その一人が謝りながら「今夜のライブは中止で9月13日に延期。」と書かれたビラをくれました。

ビラに拠れば、クラプトンは気管支炎でドクター・ストップがかかったとの事。

そりゃまぁ、気管支炎では歌も歌えぬしライブどころではないやろと納得するも、遠路遥々やって来た私は、なんぼ暇でもガソリン代も要るしケッタイなオバチャンに銭はせびられるしで踏んだり蹴ったりでした。

我が家に戻る途中、息子から「ライブ中止」の電話連絡があったのですが、、、もう遅いわ!!







-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ