PinkFloydTheWall

1979年に発売後、世界的なヒット・アルバムとなったピンク・フロイド(Pink Floyd)2枚組コンセプト・アルバム"The Wall"に基づいて制作された1982年全米公開の英国映画です。

元ピンク・フロイドのベーシスト、ロジャー・ウオーターズ(Roger Waters)が脚本を担当しています。

劇場公開時に観てきた友人が「葉っぱを吸いながら観る映画やな。」と云う名コメントをしていた事を思い出します。

私は1986〜7年頃にビデオが出た際、レンタル屋には無かったので、わざわざ購入して自宅で観た(勿論、しらふで)のですが、サブタイトル表示も無く良く理解出来ませんでした。

グロテスクな場面が多く登場し、一度観たきりでビデオはその後行方不明となりました。

ところが、先日、近所の図書館でこのDVD版が1ドルで売られているのを発見!!
英語サブタイトルも表示されるようだし、なんと云ってもたったの1ドルなので迷わず購入しました。

DVDなので画質は格段に良くなっていました。
内容は殆ど覚えていなかったのですが、流石に人肉ソーセージ製造の超グロ場面は覚えていました。

ついでに、CD版オリジナル・アルバム”The Wall"も、久々に聴こうと引っ張り出したのですが、"Comfortably Numb"の入っているディスク2が行方不明となっていました。

ディスク1を何回か聴き直したのですが、6曲目の"Goodbye Blue Sky"って、ローリング・ストーンズ"Ruby Tuesday"と同じメロディーが一部登場しますね。
これって裁判沙汰とかにはならなかったのでしょうか?

まぁ、ピンク・フロイド、ローリング・ストーンズとも超大物なので豊富な収入源もあるので、わざわざ弁護士を儲けさすような事をする必要はなかったのかも。

車を運転しながら何回か聴いたのですが、横に座っていた中学3年生の孫が"Another Brick In The Wall Part 2"を聴き直していました。
こうして良い曲は世代を超えて受け継がれて行くんですね。






-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ