UnderTheDome

スティーブン・キング(Stephen King)の長編小説「アンダー・ザ・ドーム (Under The Dome)」をやっと読み終えました。

英文原書では、1,074ページ、日本語訳ハード・カバーでは上下巻合わせ約1,350ページの分量です。
重たくて持ち運ぶのも大変でした。

テレビ・ドラマは、2013年から2015年にかけて計3シーズン(39エピソード)が放映されました。
私は後追いで、シーズン1、そしてリアル・タイムでシーズン3を観ました。

リアル・タイムで鑑賞すると云うのも中々大変でした。
放映開始時刻が確か夜10時だったし、コマーシャルが煩雑に挿入されるので眠気と戦うのが一苦労でした。
従ってシーズン3の結末は良く覚えていません。

それから、既に2年近く経過しているので原書とドラマの差異がイマイチ不明瞭でしたが、まぁ思い出しながらそれなりに楽しめました。

日本語訳担当の白石朗(しらいし・ろう)氏によれば、長編の多いキング諸作中でも本書は、「ザ・スタンド(The Stand)」、「IT」に次いで3番目に長いとか。

そろそろ積読状態になっている「IT」も、今年秋の映画公開前迄には読まなければと思っています。
まぁ、その内に、、。







-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ