InfiniteKWatanabe

今や日本人ジャズ・ギタリストの重鎮になった渡辺香津美(わたなべかずみ)ファースト・リーダー・アルバム「インフィニット」です。

発売は1971年。
渡辺香津美はまだ弱冠17歳の高校生でした。
ジャケット写真は今なら問題在りのシロモノですが、発売当時は全く問題になりませんでした。

71年春に、昼は渋谷のジャズ喫茶「オスカー」でアルバイトしながら、夜は新宿「タロー」や「ピット・イン」に頻繁に出入りしていた私なんですが、渡辺香津美の噂話は一度も聞いた事がありませんでした。

それだけに、同年9月にギター関係の雑誌で、初めて彼の存在を知った時は驚きました。

その雑誌記事には、日本ジャズ界の一流メンバー(植松孝夫-Ts, 市川秀男-P, 鈴木良雄-B, 日野元彦-Ds)とファースト・リーダー・アルバムを既に録音し間もなく発売予定と書かれていました。

早く聴いてみたいなぁと思っていたら、チャンスは意外と早くやって来ました。

その2ヵ月後の11月に、京都のジャズ喫茶「YAMATOYA」に初めて行ったのですが、その時にかかりました。
アルバム「インフィニット」が。

かけられたのはA面でした。
その一曲目、渡辺香津美作の「インフィニット」で初心な私は早くもノックアウト。

"Freedom Jazz Dance"もどきの曲なんですが、若き渡辺香津美は勿論のこと、日本人ジャズ・ドラマーで私の一番のお気に入りだった日野元彦のプレーも期待通リ凄まじいものでした。

そんな思い入れのある「インフィニット」ですが、他のアルバム曲はアップされても「インフィニット」自体は中々You Tube にアップされませんでした。

しかし、先日遂に発見
嬉しさの余り、思わず感謝の言葉を呟いてしまいました。
「やっぱり平素の行いが良かったのか。アップしてくれて有難う」と。

では、最後に「インフィニット」を張り付けておきますので是非聴いてみて下さい。









-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ