Covenant

2012年に公開された新エイリアン・シリーズ「プロメテウス(Prometheus)」の続編「エイリアン: コヴェナント(Alien: Covenant)」を観ました。

今年5月に全米公開されたのですが、残念ながらそれ程大きな話題にはなりませんでした。
DVD待ちしていた私は、先日発売されたので早速借りてきて観た次第です。

DVDを観ていた私に嫁が言うには、劇場公開時に嫁は孫を連れて観てきたとの事。
そんなん知らなんだわ !!

以下、ネタバレあり。

不死の薬(?)を求めて未知の惑星を目指したプロメテウス号は、到着した星で薬の代わりに不死のエイリアンを発見し散々な目に遭うと云うのが前作の大筋でした。

数々の苦難を乗り越えて、ただ一人生き残った主人公の考古学者エリザベス・ショウは、アンドロイドのデヴィッドが操縦する宇宙船でエイリアンに汚染された星から無事脱出するところで前作は終わっていました。

このアンドロイドの「デヴィッド」は本作にも準主人公として登場します。
実はコイツが大曲者なのです。

彼が秘密裏に育てたエイリアンの為、今回登場する宇宙船「コヴェナント」号の乗組員はほぼ全滅の憂き目にあいます。

そして、今回唯一生き残った主人公の女性乗組員ダニエルズとエイリアンの卵を隠し持ったデヴィッドは、2,000人近い冬眠中の入植者共々、新天地となる星を目指して出発する場面で今回はエンドとなります。

続編は予算さえ出れば当然制作されるでしょう。

エイリアンの幼虫(?)が人間の体を食い破り出現する時のグロさ加減が半端じゃなく強烈に気持ち悪いです。

そして、善悪2体の異なったアンドロイドで二役を演じた「マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)」の表情を変えない不気味な中性の演技も印象に残りました。

一般受けする作品ではありませんが、「エイリアン」シリーズを長年追っかけているファンには続編が待ちどうしいです。






-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ