Cause&Effect

サックス奏者、エイブラハム・バートン(Abraham Burton)が、エンヤ・レコードに残した3枚目のリーダー作"Cause and Effect"です。

数か月前に、近所の図書館で購入した1ドルCDで、新品同様かつ演奏内容も申し分無しの大当たりでした。

ドラマー、エリック・マクファーソン(Eric McPherson)との双頭バンドとなっています。

他のミュージシャン二人は、ピアノがジェームス・ハート(James Hurt)、ベースが井上陽介です。

全曲オリジナルの計6曲ですが、10分前後の曲が内4曲もあり、熱気のこもったハードな4ビート演奏が堪能出来ます。
通して聴くと満腹になります。

私は、エイブラハム・バートンというサックス奏者を知らなかったのですが、ネットに拠れば1971年生まれでニューヨーク育ちのベテラン中堅サックスマンです。

父親が、ホンジュラス(Honduras)、母親がベリーズ(Belize)出身でガリフナ(Garifuna)と呼ばれる中米カリブ海沿岸がルーツの黒人ミュージシャンです。

プンタ(Punta)と呼ばれるガリフナ音楽大好きのバートン作、"Punta Lullaby"を最後に貼り付けておきます。10分弱の長尺です。









-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ