RSLiveFonda

2015年北米ツァー(Zip Code Tour)スタート直前のウォーミング・アップとして、ローリング・ストーンズが、ハリウッドで同年5月20日に行ったライブ映像・音源が発売されました。

コンサート会場は、キャパシティ1,200人の"The Fonda Theatre"で、ハリウッド大通リに面した有名な"Pantage Theatre"から至近距離です。

1971年にストーンズ・レーベルのファースト・アルバムとして発売された"Sticky Fingers"のデラックス2枚組リマスター盤発売記念として、その全収録曲を初ライブ演奏しました。
StickyFingers


リアル・ジッパー付きのデザインでオリジナル発売時には話題になったこのアルバムは、私のストーンズ・アルバム中でもお気に入りの一枚です。

その後のライブ・コンサートでは必ず演奏される様になった"Brown Sugar"、バラードの名曲"Wild Horses", "I Got The Blues"、ラテンのノリを持った"Can't You Hear Me Knocking"、フォークロック調の"Dead Flowers"、そしてノリノリのロック"Bitch"等、全10曲が演奏されています。

コンサートの前週に亡くなったB.B. Kingへのトリビュート曲"Rock Me Baby"そしてOtis Reddingのカバー曲"I Can't Turn You Loose"なんかも演奏しています。

ライブ中に、ミックが次回はアルバム"Satanic Majesties"の全曲をやるぞ!!と叫んでいますが、まぁ、これは無理でしょう。

ヒット曲てんこ盛りの作品ではありませんが、コアなストーンズ・ファンには貴重な記録となるアルバムです。





-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ