BladeRunner2049

昨日(10月21日)、一番上の孫(16歳)と"Blade Runner 2049"を観てきました。

先日、"IT"を観に行った時、私の借りたキャプション表示機がちゃんと作動しませんでした。

まぁ、タダやから仕方が無いかと思いながらサービス・カウンターに表示機を戻し、私はトイレに行きました。

で、トイレから戻ると孫が何やら係員と話をしているではないですか。
なんでもクレームをつけたとかで、一か月以内有効のタダ券を2枚貰って戻ってきました。

そう云う訳で、券の所有者である孫と一緒に行った次第です。
シニア入場料10ドルは助かったのですが、その後に行った隣接モールで、孫に買い物をされ結構高くつきました。
まぁ、しょうないか〜、、。

ネタバレちょいあり。

2時間40分の長尺モノです。
前作の"Blade Runner 2019"を観直し予習していったお陰で、最後まで集中力を持って観る事が出来ました。

もし今回もキャプション表示機が作動しなかったら、タダ券をまた貰えるなと言いながら行ったのですが、流石にそれはありませんでした。

予習とキャプション表示機のお陰で、今回はかなり内容を理解する事が出来たので、帰りの車中、前作を一度も観た事が無い孫に、私は色々質問を投げ理解度をテストしてやりました。

結構複雑なストーリーなんで、ちゃんと理解していないだろう。
もし間違いあればそれを正してやり、ささやかなグランパの優越感に浸ろうと期待していたのですが、、、

あかんわ。よう理解しとる。
ひょっとしたら私よりもよく理解しているのではないかと思わされました。

逆に、孫から「続編はあると思うか?思うところを簡潔に述べよ!!」との質問を受けたので「先に、お前の考えを述べよ!!」と逆逆質問で切り返してやりました。

孫が言うには、続編は以下2点の理由で制作される可能制ありとの事。

.人間に反逆する為に結成されたレプリカント・グループが終盤に登場するのですが、続編があればその辺りが描かれそうだ。

.元祖レプリカント製造会のタイレル社を買い取った新会社の社長「ウォレス」が生き残っているので、話はこの先まだまだ展開出来る。

言われてみたら「成程なぁ〜」と思う事ばかしで、私としては益々孫が頼もしくなりました。
孫バカ話で失礼しました。






-----------------------------------------------------------------
クリックをお願い致します。
ありがとう御座いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ