2006年11月09日

料理中

テーマ:ブログ

ただいま,晩飯を作っております。
メニューは,穴子の蒲焼き,みそ汁,そして納豆めかぶです。
みそ汁には,大根,小松菜,ワカメ,油揚げを入れます。

みそ汁を作っている最中ですが,ぐつぐつ煮える音って良いですね。
何故か安心します。

neu_hanp at 18:04コメント(3)│ 

2006年11月02日

汚い心

テーマ:ブログ

自分で持っていながら,人が持つと苦しくなるっていうのは,全くのわがままだと分かっていますが,どうにも衝動が抑えられない時があります。

neu_hanp at 06:31コメント(0)│ 

2006年08月17日

2日を過ぎて(長文)

テーマ:政治ネタ

 こんな大事な問題についていつもの私ならば早速書き込みをしているだろうに,何故書かないのかとお思いだったかも知れません。2日前のお祭り騒ぎを過ぎ,一応の冷静さを取り戻している今,この問題に触れてみようと思います。

 ご存じの通り,小泉首相の靖国参拝問題です。

  私は,参拝自体は当然のこと,むしろ国家の長として執り行うべき催事と思っているので,『問題』と付ける当たりが,恣意的な意図を感じざるを得ません。今回,終戦記念日の参拝を公約として掲げ,任期最後の年に敢行した小泉首相を全面的に支持致します。いや,敢えて申しますと,「支那・朝鮮,両政府の行動原理を知っていながら,何故,毎年8月15日の参拝しなかったのだ?」と苦言を呈したいほどです。
  さて,ここで,以前出演していたSSJでも,またその他の場所でもことあるごとにこの問題について意見を述べてきましたが,『いわゆる靖国問題』について,改めて私の意見を再掲することに致します。ネットにたくさん触れておられる方々は,もう当たり前に認識されていることばかりだと思いますが…。
  『靖国問題』の中心として,まず第1にあげられるのは,いわゆる「A級戦犯合祀」の是非であります。靖國の公式サイトから,國學院大学大原教授の論を借りれば,合祀基準は,「古くは幕末維新の動乱期における国事殉難者から、日清・日露戦争を経て今次の大戦、さらにはその後のシベリアその他の抑留者も含めた、公務でもって戦陣その他で命を落とされた人をお祀りしている」(注1)ということになります。つまり,「国事殉難者」および「公務死された方々」ということです。靖國側としては,戦争を遂行したとされる元A級戦犯の方々も,歴史的に見れば,国難に殉じて処刑(公務死)された方々であるということです。
  もちろん,彼ら元戦犯に,戦争責任がなかったかといえば,どんなに公平に,あるいは贔屓目に見ても,違うと言わざるを得ないでしょう。戦略的かつ戦術的なミスの数々(例えば,兵站-ロジスティックス-の側面など)は,後の世になってさんざん指摘されてきたことです。組織論的に見ても,思い切った人材登用の欠如など,実質的に日本が敵としたアメリカにこの面でも完全敗北したわけですから,今後の戦争を回避するという意味でも,誰に責任があるのかを徹底研究し,失敗を顧みることは大事なことであります(注2)
  しかしながら,国内法においても,ましてや海外との条約においても,この問題は,未来永劫解決されたはずであり,参拝に何ら制約を受けるものはありません。すなわち,国内法においては,「戦傷病者戦没者遺族等援護法」と「恩給法」によって,完全に刑の執行が終わった方々であり,責任を果たしたのであります。また,国外においては,サンフランシスコ平和条約によって,中韓においては,それぞれ日中友好条約,日韓基本条約でこの問題を追及しないことを確認したわけであり,「今更この話題を持ち出すということは,両条約を破棄したいのか?」と両政府に日本側が問うてもおかしなことではありません(注3)
  すなわち,この靖国問題は,刑の執行がなされたのにもかかわらず,道義的責任と刑事責任を同一視させたい勢力の陰謀であり,我々一般の日本国民が与する必要は全くないのであります。特に,国内勢力の中で,いわゆる「人権」を大切にする人々が,この問題をことさら執拗に反目的に扱っているのは,興味深いことです。
  そして,合祀問題におけるもう1つの問題として,分祀することが可能かどうかということです。私の見解としては,靖國のいう分祀であれば,大賛成です。どういうことかと申しますと,神道の教義上,一度祀られた英霊の方々の人柱は,いわゆる「削除」はできません。靖國の分祀は,「オリンピックの聖火を分ける」というようなものであって,聖火の火自体を消すことではありません。例えば,護国神社などに分祀するということになりますと,英霊の方々は,靖國にも護国神社にも鎮座おわしますということです。この意味では,国民一人一人が大東亜戦争をより身近に触れる機会ができるということになります。この分祀ならば,異議を唱えることはありません(注4)
  次に,賛成論者からの疑問として,「A級戦犯を分祀(削除)すれば,この問題は解決するのか?」というのがあります。最近出た『江沢民文選』によれば,「歴史問題は,未来永劫日本に突きつけよ」(注5)というのが中共政府の考えであって,A級が終われば,B級・C級へと範囲を広げ,いつになってもこの問題が終わるとは思えません。どこかで根絶やしにしなければ行けないのです。1985年の中曽根元総理の参拝問題から21年目にしてようやく「日中関係の構造改革」(注6)が始まろうとしているわけです。聖徳太子が『日出ずる国』として,大中華主義の一員からの独立宣言をして以降,先の大戦で敗北するまで一貫して自主独立の姿勢を取ってきた日本が,この問題で一時的(あるいはアメリカとの2重隷属)にせよ,朝貢関係になったこの61年間を総括したという意味でも,今回の参拝は,誠に意義のあるものであったと思います。80-90年代に隆盛を極めたいわゆる左翼陣営の時代にようやく終わりを告げることができるのです。
  最後に靖国問題における「政教分離」について述べてみたいと思います。まず,参拝による信教の自由の侵害ということですが,憲法の下での平等であれば,為政者にとっても,どのような宗教を信奉しようと何ら批判は受けないはずです。総裁選に立候補するから派閥を離脱するということとは,次元が違います。そういうことであれば,公務員になる者はすべて,宗教を辞めなければならないということになりますし,非宗教であるということもまた,宗教的という考えもあります(注7)。小泉首相が「心の問題」という曖昧な言葉を使ったために,「中国,韓国の心はどうなるのか?」といった無用の批判を招いたわけですが,はっきりと言い換えれば,「大多数の日本人への宗教弾圧」です。
  この問題で敢えて私見を述べるならば,他宗教をおとしめている宗教(共産教を含めて)に文句は言われたくないというのがその心情です。キリスト教はイスラムと反目し合い,創価学会は,鳥居をくぐることさえ禁じている。そのような宗教に,神道を批判して欲しくないというのがその真意です。日本は大いなる宗教国家であり,至る所に神様(ユダヤ,キリスト,およびイスラムのいうGODではない)が居ます。八百万の神々です。多くの日本人の感覚では,キリストやムハンマドでさえ神様の一人くらいに考えている人も居ます。「ありがたいもの」という感覚です。こんな門戸の広い宗教は他にあるでしょうか?この問題の宗教的側面を考えると,神道を土着宗教とバカにし,一つの神(God)でまとまること,あるいは,一つのイデオロギーでまとまる(非宗教でいる)ことの方が偉いんだと勝手に妄想している諸外国のおごりを聞かされているようで,良い気持ちはしません。
  さらにいえば,A級戦犯の問題もそうですが,諸外国の認識度がかなり低いと言わざるを得ません。ある番組で,A級戦犯とはどういうものだと中国人に聞いた時,誰一人として答えられなかった。そして,韓国紙の誤報のように,靖國に位牌や遺骨はありません。この状況は日本でも同じだと思います。ただ単に「悪いことをした人だから,神様になってはいけない」という考えだけだと思います。もう少し,日本人自身が,戦争をどう捉え,日本人として何が許容できるのかを突き詰めていく必要があるように思えます。これは,極東軍事(東京)裁判を含めてです。結局はそこに尽きると思います。マスコミの皆様方,来年の終戦記念日月間には,様々な意見を取り上げて,社としての一意見を表明するだけじゃなく(注8),徹底した資料主義に基づいて議論したら如何でしょうか?今から始めれば,来年には間に合うと思います。 
  最後に繰り返しますが,靖国反対派は,自分たちが多くの日本人の信奉する神道という「宗教を弾圧をしているのだ」という認識を持っていただきたいと思います。80-90年代は少数意見が,大手を振って闊歩していた時代でした。少数意見のために大多数の国民が泣くというのは,お隣の国でも現在進行形で行われていることです。今こそ,こうしたマイノリティーのみの利権集中を粉砕し,多くの国民が自信を持って国内,あるいは国際社会で活躍できる場を提供してもらいたいと思っています。

  まとまった文章になっておらず,また長文で読みにくいとは思いますが,62回目の終戦記念日に寄せる文章と致します。







 http://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou5.html

 ここに先帝陛下の責任問題を持ち込むことも,1つの考えとしてあって当然だと思います。実際に,陛下もご自身の責任を口にされておられたわけですから。

 ただ,日本は現在,北朝鮮を国家として認めておらず,韓国国内の一地域としているので,今後,北を国として認め,国交正常化があるとすれば,条約を結ぶ際に,この問題は浮上してくると思います。ちなみに,戦後の賠償的意味合いの強い「経済協力」は,北の分も含めてすでに終わっています。

 神道の教義上,分霊という意味で分けることも可能だとする論があるようですが,A級戦犯のみを分けて新神社を設立した場合,逆に戦争責任者を別格視することに成りはしないかという疑問が残ります。そして,その正統性を持たない神社に参拝する人がどれだけ居るのかということも気になります。要するに,靖国を無効化する陰謀と考えて良さそうです。新神社は,靖国の隣に建てたら上手く行く人は多いかも知れませんけどね。破防法適用スレスレの団体(近所にあるので,朝●総●?)の土地を没収して,そこに建てるのでしょうか?

5  「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060810i111.htm

6 ここでは,小中華主義としての朝鮮も含まれています。

7 イデオロギー自体を宗教と考えれば,共産主義も,社会主義も,そして資本主義も宗教と考えて差し支えないでしょう。

8 読売新聞社が大東亜戦争を「昭和戦争」と命名した紙面を見てヒックリ返りました。



neu_hanp at 15:19コメント(2)│ 

2006年08月05日

名誉の負傷

97734e0a.jpg





テーマ:ブログ


やっちゃいました。名誉の負傷。

今朝,朝のテニスだけと思って練習に行ったんですが,
最近の猛暑で砂コートが完全に乾燥しており,
滑りやすくなっておりました。

必要以上に走らせるコーチの球を捕ろうとして,
気だけが先走り,あえなく転倒。
頭に衝撃を受けることはなかったのですが,
立派な傷跡を残すことに。

上の画像がそうなんですが,左は腕にできたもの。
右は左足の膝横にできたものです。
細かく言えば,右手の第二関節のところにも,
多少擦り傷があります。

クレイコートの転倒は,何度か経験があるのですが,
こんな気温の高い日にしたのは初めてでした。
実は,8日から夏期集中講座をするのですが,
それまでに軽く旅行でもしたいけれども,
時間も費用も捻出できないので,
地元の健康ランド(スパ銭)に行くつもりだったのです。
軽い癒しが欲しかったのです。

でも,この傷では,その願いも叶いませんね。
ちょっと悲しくなりました。

neu_hanp at 17:23コメント(0)│ 

2006年08月04日

あ”

HP&mixi上ではリンク変更しておきましたが,
ここにお知らせは書いていませんでしたね(^^ゞ

すでに,ブログを変更いたしました。
livedoorBlogから,amebloです。

URLはこちらになります。
http://ameblo.jp/neu-hanp/

変更,宜しくお願いいたしますー。

neu_hanp at 16:53コメント(0)│ 

2006年08月02日

最近ハマってるもの

テーマ:ブログ

 月曜日に学校へ行った帰りに色々買い物をしてきたんですが,その中の一つに「抹茶缶」がありました。

 今年の正月に買ったのがなくなって以来,しばらく飲んでいませんでしたが,御茶屋の前を通ったので,一番安いのを買ったんです。

 お茶を点てる道具はありますから,最初はそのまま飲んでいたのですが,あまりカフェインを摂りすぎると胃に良くないと思い,ちょっとアレンジすることに。

 お茶を点てるところまでは一緒ですが,そこに氷と牛乳を入れてみました。抹茶自体は,甘みを感じるほど,美味い奴だったので,牛乳を入れるとさらにまろやかさが増し,砂糖を入れなくても十分に満足感を得ることができました。

 一日に3回くらいは飲んでしまうんですが,やっぱりカフェインを摂りすぎていることには変わりなく,ちょっと控えなければ行けませんね。

 夏は麦茶かほうじ茶を冷やしたのを飲んでいますが,冷やすまでが面倒で,こういうインスタントに頼ってしまいます。皆さんは,砂糖を入れて飲まれると宜しいんじゃないでしょうか?

neu_hanp at 21:40コメント(0)│ 

2006年07月29日

テーマ追加

テーマ:ブログ

海外(国際)ネタがないことに気付いて,追加してみました。
国際ネタとすると,欧米を中心に書きそうなので,
海の外全般という意味を込めて,「海外ネタ」にしてみました。

まぁ,これだけだと何なので,ニュースを見てみましょうかね。

こんな記事を見つけました。

『地球にやさしい国、世界一はバヌアツ 日本は95位』
2006年07月28日20時58分
http://www.asahi.com/international/update/0728/016.html

基準作成の好きそうな欧米人が作ったHPIという指標。
いまいち訳が分からなかったので,本家のページに飛んでみました。
http://www.happyplanetindex.org/

HPIというのは,「幸せ地球指標」のことで,環境の過負荷をせずに,人間が長寿で幸せな生活を送ることのできる国が上位に来るということのようです。

数式で表すと,
HPI = (生活満足度×平均寿命)÷エコロジカル・フットプリント
だそうで,エコロジカル・フットプリントとは,人間の活動によって環境に永久的に残る影響を示す値です。

それぞれの変数の測定方法が曖昧なことが,この指標の問題点でしょうか。
母集団もどのくらいに設定してるのか分かりませんしね。
上位は気候の温暖なラテン系の国が多いようで,
文化的な要素が色濃く反映されているような気もします。

HPIのサイトを見ていると,ご自身のHPI値を出すページを見つけました。
『Calculate your own HPI』というところをクリックしてやってみて下さい。
ちなみに,頒布のHPIは16.6で,最下位のジンバブエ並みだそうです(^^ゞ
日本の平均41.7を大きく下回っております(笑)。
詳細な結果は,訳しておりませんが,こちらをご覧下さい。
http://hs-mak.aisnet.jp/neu-hanp/for_upload/mixi/myHPI.html

About the HPIのところを少し訳してみました。
ささっとやったので,訳の正確さは求めないで下さい(笑)。
http://hs-mak.aisnet.jp/neu-hanp/for_upload/mixi/aboutHPI.html

neu_hanp at 18:19コメント(0)│ 

2006年07月27日

微妙ではありますが・・・

テーマ:人生論?

前回の後継的な話題で,「スタンス2」というべき内容なので,「人生論?」というテーマにしておきます。

毎週月曜日に放送される,ビートたけしの「TVタックル」を見ておりました。税金の話題になった時に,共産党,民主党の議員,そして森永卓郎の左側の人間が,
「サラリーマンや弱い立場の人たちから取れるだけ取って,金持ち優遇をしている。法人税をもっと取らなければ行けない。」
という趣旨の発言をして,三宅久之氏が,
「そんなことをすれば,できる人間が海外に出て行ってしまう。」
と反論すると,こともあろうに森永が,
「出て行きたければ,出て行けばいい。」
と宣いました。

左翼の本質はここにあり,とその時に思いました。彼の心の奥底では,
「できる人間に出て行ってもらえば,自分たちは頂点に立てるし,愚民を扇動して好きなことができるんだ。」
という思い上がった思想があったんじゃないでしょうか?簡単な例を出せば,芸能人に群がるプロダクションやレコード会社の人間に,
「芸能人と契約を打ち切ったら?」
と言うのと,方向性は似ていると思います。芸能人あってこそのプロダクションやレコード会社であるはずなのに,そうした人を排除することが自己の利益になると考えている彼は,非常にお目出度い人間です。

人にはそれぞれ適正というものがあって,それに応じて評価を得るべきものですが,その評価は,職務の内容によって変わるのは当然です。今更,労働価値説を持ち出して,すべての人が同じ時間給で働けとでも言うつもりでしょうか?言い方は悪いかも知れませんが,できる人間について行って,そのおこぼれに預かるというのは世の常であって,そうやって人間の経済社会は成り立っているものです。むしろ,それは正当な経済行為であって,恥ずべきものではありません。おこぼれに預かれるのも,能力のいることだからです。

金持ち優遇などと,左側の人間は敵視しますが,その金持ちになるためにどれだけの努力をしてきたのかを考えると,一概には非難できません。株で儲けたと言っても,毎日の株価の上下に胃を痛める日々を費やし,その結果としての「正当な」利益なら,非難することはフェアな行為とは言えません。

書き連ねていって,今,ふと思ったんですが,今の時代,結果論だけを見るデジタルな(1か0かの)世の中なんでしょうか?結果に至るプロセスを見ることなくして,出てきた結果で物事をすべて判断してしまう…。経営学という学問を生業にしている関係からか,講義でもプロセス重視と言うことを説明しています。どうしてそういう結果に到達したのかという分析は,経営学のみならず,あらゆる科学において重要なポイントであるはずなのですが,その部分に思いを馳せられない人が多い気がします。

話を元に戻しますと,社会主義者(とここでは言って良いと思いますが)たちの根底にあるのは,「人の上に立ちたい」という思い上がった嫉妬なのではないかという気がします。竹内靖雄氏が「正義と嫉妬の経済学」と喝破したように,社会主義は,世の中のあらゆる事象を中央集権的に吸い上げ,上からの命令で物事を動かすもので,その上に立とうとするのは,自分を聖人君子と思っているか,正義の皮を被った大いなる嫉妬心に駆られた人間に他ならないと思います。TVタックルを見て,森永にそういう面を見たのです。

参考:竹内靖雄,『正義と嫉妬の経済学』,講談社,1992年

neu_hanp at 16:28コメント(0)│ 

2006年07月19日

スタンス

テーマ:人生論?

 政治ネタでもないし,経済ネタでもないし。。。ということで,考え方というか,生き方のスタンスとして,「人生論?」のテーマで書くことにします。

 ポリティカル・コンパスというのをご存じでしょうか?ご自身の政治的および経済的スタンスがどの位置にあるのかを調べるものです。政治軸では,右寄り(保守-右翼)なのか左寄り(リベラル-左翼)なのか。経済軸では,市場重視派(≒資本主義者)なのか政府介入派(≒社会主義者)なのか。。。ということが分かると思います。

 もちろん,評価が質問によって多少変わると思いますので,正確さはあまり求めるべきものではありませんが,相対的な判断材料としてのお遊び程度に考えて頂ければ,比較的面白いテストだと思います。質問も第3弾になって,こなれてきたと思います。
頒布のポリティカルコンパス





ポリティカルコンパスについて
http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html
テストページ
http://sakidatsumono.ifdef.jp/draft3.html

 頒布の立ち位置は,以下の通りになりました。

 経済軸ではもっと右寄りなのかなぁと思っていたら,案外と真ん中でした。やっぱり,日本人なので,村社会の考え方や,チームワーク重視の心を持っているのでしょうね。

 皆さんはどんな結果になりましたでしょうか?宜しかったら,ご報告下さい。

neu_hanp at 12:36コメント(1)│ 

2006年07月07日

新装開店

テーマ:ブログ


↓のように,政治経済に特化したブログを作ろうと思ったんですが,
思いの外,livedoorBlogの調子が悪いし,ブログ数を増やしても何なので,
今日から完全に,こちらへ移行することにしました。

依然と変わらぬご愛顧を,よろしくお願い申し上げます。

以前のブログは,こちらからご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/neu_hanp/

neu_hanp at 23:25コメント(0)│ 
最新コメント
Skype Me