以前、突発性難聴だったよ3回目だよという話を書いていたのでその報告。

それから女性特有?の心と体の症状について少し書いておきます^ ^


私も過去にいろんなブログに助けられたり受診を促されたり(気持ち的に)ということがあったので、まぁ誰かの参考にちょっとでもなるならということです。
(ただし私は専門家でもなんでもないので病気や薬について詳しいことはきちんとしたサイト等で調べてくださいね)


まず突発性難聴ですが、先週完治という結果が出ました!

この病気がどういうものかというのは以前書いてます。
突発性難聴再々発

芸能人にもなる人がいますよね。
一刻も早い治療が必要なのに聴こえが悪いと気がついてもなかなかすぐに受診できないという事情があるんだろうけど、耳は商売道具ですからね。本当に深刻な問題でしょうね…

難聴には数種類あるそうで、その中に騒音性難聴というものもあります。
芸能人、特にミュージシャンは耳を使うから突発性難聴になりやすいなどと思われがちだけど、これは間違いだそう。
騒音爆音を聴いてなる騒音性難聴に対し、突発性難聴は別のもので騒音とは関係がないそうです。
詳しく書かれたサイトがあるので調べるか、気になる方はとにかく1日も早く耳鼻科に行くことをおすすめします!


今回の薬は最後までステロイドを含まないものでした。

最初の5日間の服用後、聴力の回復具合でステロイドに移行するかどうか決めるということで治療が始まったのですが、ギリギリのところだったようです。
結果的には血流を良くする薬、体全体のむくみを取る薬(利尿剤)などで完治ということになりました。

原因はストレスとか不眠だとどこへ行っても言われたけれど、薬効などを見ると血流とかむくみって…なんだかとっても物理的問題?な感じです
(もちろん血行が悪かったり浮腫んだり自体がストレスなどから来るものなんだろうけど)



完治率3分の1で3回目だったので…と計算して、私って耳強いんじゃ!?と思ってしまうけど(違う)、でも今回は本当に懲りた(心配だった)ので、これからも気をつけていこうと思います。
先生にも、またか?と思ったらその日か次の日に必ず来なさいね!と言われたし。(顔も言葉も怖いけど診察が超丁寧なおじいちゃん医師)


 
さてそのほかの通院のことを少し。

この数ヶ月で耳鼻科のほかに皮膚科と内科にも通いました。

内科は出産後から断続的に飲んでいる抗不安剤(とても軽いもの)をもらったり、自律神経の問題と思われる症状を診てもらうために。


私の場合はSNSやブログや写真をやる気がなくなったり、ビール(発泡酒ね)が美味しくなくなってくると精神面肉体面にかかわらず「不調」という位置付けです 笑


まぁそれだけなら薬飲んで早めに寝るとかで少しずつ回復するのはわかっていますが、そのときは自分でも「ああ、これってもしかして鬱なのかな」と思っていました。

その頃に某写真コンテスト1次に通ったという通知がきて、小さなものだけど一瞬は嬉しい!と思っていたのに、その後いざ応募作品を撮ろうと思ったらそれがひどく面倒臭くてイヤでできれば逃げたいと思って。


気の進まないことばかり。
楽しみなことが何も思いつかない。
何かしたりどこかに行ったりして楽しそうにしている自分だけど、実はそんなに楽しくない。

そんな感じでした。


けれどその後は薬も飲まず、生活は相変わらずだけど良くなってきています。

多分こういう不調も、マタニティーブルーを発端にここ数十年断続的に現れる激しい焦りや不安、別居や離婚のときに繰り返した胃潰瘍や難聴、それから年齢的に更年期障害の要素もいろいろ合わさっているんだと思います。
だから現れ方もとても不規則で不安定。

今年中には婦人科にも行ってそろそろちゃんと更年期のことを調べてもらおうと思ってます。
血液検査でどれくらいのことがいつ頃起こりそうなのか、わかるらしいから心の準備もできるしね^ ^



皮膚科の方は、ちょっと前向きな気分のときに見た目をどうにかしたいなと思ったのがきっかけで。
母親に話したところ、「最近顔のシミが大きくなったなと思ってた」と。

もうこの数年は自分のことは後回しにしてきてしまってましたが、私もシミというよりどんどん頰のあたりが大きくくすんできたなとは思っていました。
それから小さい頃からあるホクロがどんどん濃くなり膨らんできているのも気がついていました。


まずはホクロが悪性のものでないかを調べるのが先ということで、両親がお世話になっている実家の近くの評判のいい皮膚科へ。

ホクロを取るという美容目的のことと細胞検査を同時に行いました。

結果、悪性のものではなくて一安心。
美容皮膚科医でもある女性の先生のおかげで素顔でも傷跡がほとんどわからない切除をすることができました。

ちなみに「顔のホクロを取ると運命が変わる」とか言われてますが、取る取らないで運命の比べようがないのでわかりません 笑


あとは親も気にするシミですが。

肝斑でした 笑

まずは半年間の薬の服用。
肝斑がなくなってきた頃に、残っているシミとソバカスをレーザーで取るということになりました。
現在服用5ヶ月目です。

だいぶ肝斑と思われる大きなくすみはなくなってきました。
と同時に先生の話通りにシミが目立つようになってきてます。(周囲の肌色が明るくなってきたので) 


さて料金ですが、ホクロに関しては検査ということでほぼ保険適用でした。 

肝斑とシミに関しては病気ではありません。
だから自費なのですが、母が気にして言い出したことなので親持ち!なんとラッキー!!

ま、私が誘導したに近いけど、母は母で最初に言い出したのは父だと言っていました。
「会うたびにひどくなってるじゃないか。女親なのにどうして気づいてやらないんだ」と言っていたらしいです。

そ、そんなにひどかったか私…  


父は百貨店のファッション広告やコピーライターの仕事をしていた人です。
誰よりも(本人よりも)私の再婚を願っているのはわかっています。
そんな父は、20代30代の頃のファッションやヘアメイクが大好きで華やかだった娘(昔からファッション好きだけどブランド系じゃなくて黒装束とかプチプラとかストリート系をバブルの頃からやっていました )を覚えていて、どうしても今のくすぶった私と比べてしまうんだろうな。
親不孝なことだね…


私もできればその頃の楽しみを思い出したいけどね。

うん、一度きりの人生だから。
なるべく明るいことを考えて頑張ります…(←こういう考え方がもうダメだよな 笑)

 
肝斑やシミとりのその後について、あとダイエットが今わりと成功しているのでその辺りのこともまた書こうと思っています。

今日もありがとうございまいた。またご縁があれば。。。