2015年07月05日

日本生命発表(アベノミクスボーナス)

日本生命が発表しました夏のボーナス調査で、アベノミクスを感じるかですが、以下のようになっています。

とても感じる  1.6%
まあまあ感じる 9.0%
合計で10.6%しかありません。


全く感じない  43.3%
余り感じない  30.8%
合計で74.1%がアベノミクスを感じないとしています。

どちらとも言えないは15.3%となっています。

整理しますと、

アベノミクス感じる 10.6%

アベノミクス感じない 74.1%

これを言い換えれば勝ち組《10.6%》、負け組《74.1%》となります。
《勝ち組》が10%というのは高いようにも見えますが、調査したのが日本生命であり、そもそも調査対象に〈負け組〉はそれほど多くはないはずなのです。
にもかかわらず《勝ち組》が10%というのは少ないとみて間違いないと言えます。

今まで国民はアベノミクスという言葉に酔っていましたが待てど暮らせど自分のところに恩恵はなくやっとアベノミクスの本性がわかってきたのです。
アベノミクスは《勝ち組》のみに恩恵がいく政策であると。


ところが選挙は終り国会は自民党が圧倒的な力を持ち、憲法を歪曲するような見解でも通るような状況になり、やっと国民がわかり始めたのです。

このままではいけないと。

ただ時はすでに遅く、経済面ではアベノミクスはもう崩壊の淵に来ており、日本の製造業は崩壊寸前のところに来ています。

報道では石油精製プラントの削減も更に進みますが、日本の貿易統計をみますと石油関連の輸出が多くなっており、日本は今や石油関連製品の輸出が稼いでいるとも言えますが、今後この分野が崩壊すると見られており、稼げている分野がまた一つ消滅することになっているのです。

この石油関連で働いている者は20万人とも30万人とも言われており、この分野が壊滅的打撃を受ければ日本の現場力はガタガタになります。

また石油関連製品を輸入するようになれば、今までは輸出していたものを輸入しなければならない訳であり、貿易収支の面では大変動を見せることになり、更に円安要因が増えることになるのです。

アベノミクスの実態が国民にわかり始めましたが、国民はどう行動をするでしょうか?


nevada_report at 10:10|Permalink

2015年07月04日

東芝(粉飾額が1000億円突破へ)


東芝の営業利益かさ上げ(粉飾)額が当初の500億円台から1000億円を突破すると一斉に報じられていますが、どの報道も《不適切会計》となっており、《粉飾決算》とはしていません。


企業が利益をかさ上げするのを通常は¨粉飾¨決算と言いますが、今回の東芝は何故かマスコミは粉飾とは言いません。


その理由は粉飾決算となると最悪の場合、上場廃止となる恐れがあるからです。

東芝は内部抗争が激しく経営陣が足の引っ張りあいをしていましたのでこのような粉飾決算が起こったのでしょうが、公認会計士がどこまで粉飾に関与していたのかが問題になりますし、外人株主が経営陣と公認会計士を訴えることになれば莫大な損害賠償金を払うことになりますし、配当金が妥当だったのかという問題にも発展します。

日本のマスコミは¨やわらかい¨言葉を使っていますが、今後の展開は厳しいものになるかも知れません。


nevada_report at 12:18|Permalink

タイの中国接近


タイの副首相兼国防大臣は、中国製の潜水艦3艦、総額12億ドルもの発注を行うと発表しています。

タイは本来なら潜水艦など必要ない国ですが、中国との共同運航を計画しているとも言われており、インド洋に影響力を行使する準備を進めていると言えます。
中国はインドとも関係を修復し発展させようとしており、これが完成しますと。いわゆるシーレーンはアメリカの影響力が削がれ中国の支配下に入ることになります。

東シナ海のシーレーンは事実上中国の支配下に入りつつあり、もはやアメリカ力はありません。

アメリカ政府の腰抜け外交(軍事介入をしない)の影響で中国が力を行使しているもので、これにロシアが加わり今やロシア・中国は世界を支配下におく寸前にまできていると言えますが、アメリカの発表を鵜呑みにしている日本はその危機感はありません。

気がつけば日本は丸裸になっているかも知れません。


nevada_report at 11:35|Permalink

2015年07月03日

上海株の更なる暴落

今日の朝11時時点の上海株は7%を超える暴落を見せています。

安値 3629 −7.2%

これで6月12日の高値である5178ポイントから率にして30%の暴落を演じたことになります。

この30%の下げでとりあえず下げ止まるのか、それともここからさらに3000ポイントを下回る水準にまで下落し高値から50%程の下落になる2500ポイントまで一気に下落するのかわかりませんが、「山高ければ谷深し」というのは相場の格言でもあり、上海株が典型的なこの道を辿るかも知れません。






nevada_report at 12:44|Permalink

アシックス 国内350名削除


アシックスは売り上げの2割を占めます日本国内部門が赤字になっているとして35才以上の社員350名を削減すると発表しています。

世界中の売り上げは好調となっており利益も200億円以上ありますが、もはや日本国内は回復が見込めないとして固定費を削除していき日本部門は縮小させていくことにしたのです。

これも貧困化が進む日本を象徴するかのような動きであり、ワールドも拠点の廃止、人員削除、ブランドの廃止等を打ち出しており、先をみる企業は争うようにして日本市場を見切りだしています。

本当の《勝ち組》が0.4%しかいない日本社会より成長するアジア市場に活路を見いだす方が遥かに有利であると判断しているのです。

銀座を見ればわかりますが、今や日本円が安くなり、日本はアジア人にとりバーゲン会場となっているのです。
それだけにしか見られていないのです。

世界の観光地から日本人が消えて中国人が席巻していますが、銀座も同じであり、今後日本企業は先細る日本でのビジネスにしがみついて生き残り策を見いだすのか、成長する海外に軸足を移し世界中でビジネスを展開するのか、生き残りをかけた戦いをすることになります。

アシックスはその答えを出したと言えます。


nevada_report at 09:56|Permalink