2014年09月02日

1年6ヶ月振りに減少したマネタリーベースと28兆円のばらまき

以前、日銀は金融市場への資金供給の伸びを減少させてきていると指摘しておきましたが、今日2日に日銀が発表しました8月のマネタリーベースの平均残高が7月に比べ<−0.3%>の242兆3138億円となったと発表しています。

日銀の公約は今年末に270兆円にまで増やすとなっており、この公約を守るとすれば、9月・10月・11月・12月の4ヶ月間に、28兆円ものお金を金融市場にばらまくことになります。

日銀は年末にかけて物凄い金融バブルを作り上げることになり、更には円安誘導を行うと宣言したも同然であり、
これもあり、株が買われ、円が売られているものです。

円安は国内物価を更に引き上げますので、国民の生活苦は一層深まりますが、株は金融緩和及び公的年金の買い増しもあり、需給関係だけで上昇となり、バブルを作り上げることになります。

日銀が年末までに28兆円のお金をばらまき、年金資金が10兆円以上の新規の買い余力があると公開し、対外株式を10兆円以上買い増すとなれば、日本発のバブルを世界に広めることになります。

この後始末は一体どうなるでしょうか?
そして、景気が悪化している中、ロシア(ウクライナ)問題が更に悪化すれば、世界はロシア対西側の対立となり、
後戻りできない緊張状態に陥ります。

世界の不動産市場は今やピークをつけており、売り物が急増してきており、価格も下落してきていますが、これは世界が金融引き締め段階に入ってきたからですが、日本だけが思いっきり金融緩和へアクセルを踏み込むとなっており、世界から日本は隔離された状態になります。







nevada_report at 17:55|Permalink

夏のボーナスは10万円?

厚生労働省が発表しました7月の毎月勤労統計調査で、ボーナスが平均10万7517円と発表になっています。

日経新聞等は70万円以上という数字を出していましたが、厚生労働者は10万円台という数字を発表しており、
この10万円台が実感に近い数字ではないでしょうか?

上場大会社を中心にしたボーナスを日経が公表し、あたかもこのボーナス額がサラリーマンのボーナス額という錯覚をさせていますが、大会社に勤める≪勝ち組サラリーマン≫は極くわずかであり、エリート中のエリートであり、大方の中小零細企業に勤める普通のサラリーマンはスズメの涙程しか貰えない実態が今回の発表で明らかになっています。

ところで、7月の現金給与総額は、36万9846円と名目で2.6%増加したと発表になっていますが、実質では1.4%減少となっており、13ヶ月連続でマイナスとなっています。
この36万9846円には10万7517円のボーナスが含まれています。
そして多くのサラリーマンはこのボーナスは住宅ローンのボーナス返済分に回りますので、消費に回す分はさほど多くありませんし、物価が大幅な上昇を示しており、実質的にサラリーマン家庭は購買力が落ち、貧乏になったことになるのです。

8月は更に厳しい発表があるかも知れません。




nevada_report at 11:43|Permalink

中国(ロシアへの追加制裁反対)

中国は明確にロシア寄りの姿勢を表明しており、今後、ロシア制裁に消極的な西側の国を「切り崩し」ていけば、ロシア制裁は腰砕けになり、ロシアの勝利となります。

中国外務省報道官は1日の定例会見で、以下のような発言をしています。

『政治的な解決が唯一の解決策であり、制裁ではウクライナの根本的な問題を解決できないばかりか、新たな問題が発生し、事情が複雑になる恐れがある』

この発言は完璧な外交的発言であり、誰も非難できる内容ではなく、さすが中国だと言えます。
だてに安保理常任理事国を務めている訳ではなく、世界はこの発言に「さすが」と思ったはずであり、かつ、「もはや中国・ロシアの勝ち」と判断したはずです。

ところで、このような発言を日本が出来るでしょうか?
日本はどの場でも原稿を棒読みするだけで、その場の議論には全くという程、反論できず、世界的に相手にして貰っていません。

例えば、日本の官房長官の発言が海外で報道されるでしょうか?
皆無です。
影響力が全くないのです。
記者もそれをよく知っており、報道しないのです。

中国の報道官の発言は世界を揺るがすこともある程、影響力を持っており、このため世界中が注目し、世界の特派員が質問をするのです。
*日本から外国人記者が去っていったと以前報道されていましたが、そのうちに日本から外国人特派員が消えるかも知れません。



nevada_report at 10:55|Permalink

デング熱:一体何人感染しているのか?

タレントの2名(青木英李氏・紗綾さん)がデング熱に感染していると報じられていますが、この二人は厚生労働省が発表しました感染者数22名には<入っていない>と報じられており、実際の感染者数は22名ではなく、数十名に達していることもあり得ます。

人から人へ感染する事態も十分あり得(蚊による感染ですが)、すでにこの事態が起こっている可能性もあります。


<報道>
********************************************

TBSは1日、情報番組「王様のブランチ」の女性リポーターでタレントの青木英李さん(25)と紗綾さん(20)が、公園でロケ中にデング熱に感染した疑いがあると明らかにした。

紗綾さんの所属事務所によると、紗綾さんはロケ翌日の8月22日、「両足を32〜33カ所蚊に刺された」と話していた。
27日に熱が出て、病院で風邪と診断され解熱剤を飲み熱が下がった。ところが、29日夜に再び発熱。「目の奥が痛い」と訴えたため、30日に別の病院へ行きデング熱に感染した疑いがあることがわかった。
青木さんも27日に体調不良を訴え、39・8度の高熱が出た。デング熱と診断されて入院した。2人は厚労省が発表した22人には含まれていない。

***********************************************

殆どの医師はまさか日本でデング熱に感染しているとは思っても見なかったはずであり、誤診も当然ですが今後検査が進めば、デング熱感染者数が急増する事態もあり得ます。

感染者を少なく発表するのはパニックを防ぐ方法と考えたのかも知れませんが、それが却って感染を拡大させると
いう事態を招くこともあり得、今はギリギリのところに来ているのかも知れません。




nevada_report at 08:00|Permalink

激減した新車販売台数

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表しました8月の新車販売台数は、前年同月比9.1%減の33万3471台となり、2ヶ月連続で減少しており、自販連は先行きについて以下のように発表しています。

『9月以降は前年超えを期待していたが、今の受注水準を見ると相当厳しい』

今回の発表の詳細は以下のようになっています。

軽乗用車総台数 8月 126,865台(7月 174,377台) 
  7月に比べ27.2%も激減しています。

普通乗用車販売台数 8月 206,606台(7月 285,886台)
   7月に比べ27.7%も激減しています。

軽自動車販売台数ですが、過去最高は2014年3月の302,345台となっており、8月は126,865台となっており、半減どころの話ではなくなってきており、更には一年前は149,343台の販売となっており、一年前に比べましても15.1%もの減少となっているのです。

更に詳しくみますと以下の通りとなります。

メーカー別(普通乗用車・貨物)

スズキ   −25.5%
ダイハツ  −26.6%
三菱     −38.5%
スバル   −48.1%
ホンダ   −27.0%
マツダ   − 1.3%
日産    −27.6%
トヨタ    −19.7%

消費税駆け込み需要の反動を甘く見過ぎたメーカーも多くあると言われており、今や末端在庫が急増しており、
販売店の経営がかなり苦しくなってきているかも知れません。

またこのような状況で果たして自動車メーカーの業績は言われているように絶好調となっているでしょうか?
消費税還付金や円安効果もあるでしょうが、これだけの販売台数の落ち込みをカバーできるでしょうか?

因みに、トヨタの『レクサス』は以下のようになっています。
「販売のトヨタ」で最高級車のレクサスが悲惨な状況になっているのが分かります。

8月販売台数 2,780台
一年前の販売台数は3,432台となっており、19%もの減少となっているのです。

レクサスを購入する人は、消費税やガソリン価格を気にする人は殆どいないはずです。
余裕があるから最高級車を購入するもので、今起こっています事態は、景気の悪化が準富裕層にも波及してきているということが言えます。





nevada_report at 07:30|Permalink