2015年08月01日

オリンピックをやっている場合か?

今、2020年のオリンピックスタジアム建設問題ですったもんだの議論をしていますが、今のままではオリンピックを開催するだけのお金が日本にはない状態になりましてもおかしくはありません。

まず、現状(12年度)は以下の通りです。

社会保障全体給付費は109.5兆円。

(内訳)
年金53.8兆円、医療35.1兆円、介護8.4兆円、生活保護等12.2兆円

2025年には団塊の世代全てが75歳以上になりますが、その時には2200万人、人口の5人の一人は75歳以上の高齢者となり、今の計算でも社会保障全体給付額は39.4兆円増加の148.9兆円になると推計されているのです。

そして、この増加分の39.4兆円を消費税で賄うとすれば税率は20%程に相当し、今の8%の税率に20%を加えた28%にしないと社会保障費は賄えないのです。

景気の回復で税収が増えるという指摘もあるかもしれませんが、景気が回復すれば金利も上がります。
仮に2%の国債金利になるだけで利払いは今より15兆円余り増加することになりかねないのです。
景気回復で源泉税・法人税・消費税等の税収が15兆円も増えるでしょうか?

あり得ません。

また、要介護認定者数(65歳以上)は12年度で545万人とされていますが、この12年間で258万人も増加しており、年間で21.5万人増加しています。
このペースで増加していった場合、要介護認定者数は2020年度には700万人を突破しているかもしれません。

オリンピックに2兆円(森元総理発言)もかける余裕など、日本にあるでしょうか?

以下は専門家の指摘です。

ニッセイ基礎研究所経済研究部チーフエコノミストの矢嶋康次氏

ギリシャよりも「日本のほうがひどい状態」
「じつはギリシャはPBが黒字なのです。ところが、日本はPBが赤字なだけでなく、借金も1千兆円を超えている。その上、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。医療と介護の質を保ちながら、どう給付を抑制させるのかが、喫緊の課題」


ギリシャ問題は過去の借金の問題であり、今は健全に国(財政)は運営されているのです。
ところが日本は何も考えずに、借金を積みあげており、2020年から日本の消費税は20%を超えていき、2025年には30%近い消費税にしませんと社会保障費は賄えないのです。


オリンピック開催時の2020年には日本の借金は1200兆円余りに達し、その時金利が2%になっていれば国債費だけで年間40兆円を超える負担となりかねず、社会保障費を出す余裕などどこにもない状態になっているかもしれません。

オリンピックなどやっている場合か、という議論が出てこないのは不思議ですが、日本人は知らず知らずのうちにいきつくところまでいくしかないと判断しているのかも知れません。



nevada_report at 10:00|Permalink

2015年07月31日

沈没船から財宝が発見される

ナショナル ジオグラフィックは、300年前の沈没船から1億円を超える財宝が発見されたと発表しており、世界中のマスコミが報じるところとなっています。

実際の価値は100万ドルとそれほど高いものではありませんが話題性は極めて高く、世界中で沈没船金貨を集めようとする動きも出てくるかもしれません。

現在中国から米国金貨10億円以上を集めて欲しいと要望が来ておりますが、現在ショップでご紹介しています【$20 リバティ金貨 SSアメリカ号 財宝記念金貨】などは丁度良いと思っており、今後このような話題性のある金貨を中国市場に紹介していきたいと思っています。

この【SSアメリカ号」は1857年にサンフランシスコで鋳造された「$20 リバティ金貨」や「金塊」を積んで金融危機が発生していましたニューヨークに向かう途中、大嵐にあい沈没したのですが、その後引き揚げられた金貨に素晴らしい状態の金貨が1000枚ほどあったのです。

その中でオリジナルケースが100個余り作られ、そのケースの中には同時に発見されました「砂金」も鑑定がされ収めたれており、極めて貴重なセットとなっているのです。

詳細は以下でご覧頂けます

http://www.rarecoin-gallery.jp/SHOP/coin1857SMS65_AAA_PCGS_SSCA7304_150723.html


ロマンがある沈没船からの引き揚げのニュースですが、アメリカ金貨関連ではもはやこのような沈没船は残っていないと言われており、今後今まで購入された方が売り出すしか購入する手段はありませんし、オリジナルケースがついているものは減ることはありましても増えることはあり得ず、完全セットは日々その貴重性を増していきます。







nevada_report at 12:18|Permalink

ソニーの決算内容

ソニーが第一四半期の営業利益を969億円とし、38.8%増加したと大きく報じられていましたが、その内容を詳しく解説した報道はありません。

以下をご覧ください。

営業益増加額 271億円

内訳 : 再評価益 181億円

この再評価益がなければ営業益は90億円しか増加しなかったのです。

また、純益増加額は432億円となっていますが、そのうち468億円はオリンパス株売却益、27億円は他の株式売却益となっており、この2つの売却益を併せれば495億円となり、この売却益がなければ、純益増加はなく、反対に63億円減少していたことになるのです。

また、モバイル分野では赤字が前期は16億円だったものが今期は229億円と大きく赤字を膨らませており、更にかつては稼ぎ頭であった映画分野では前期は78億円の黒字だったものが今期は117億円の赤字に転落しています。

勿論、他の分野で改善はしてはいますが、大きく報じられるほどに改善はしていない姿があります。

また為替面ではドルでは15.8%円安、ユーロでは4.5%円高となっています。

また売上高は0.1%減少しており(前期は+5.8%)、実態としては減収増益となっており、本格的な回復とはなっていません。









nevada_report at 10:24|Permalink

アメリカ中堅層の消費減速

アメリカで急成長をしてきていました健康志向の高級スーパーである「Whole Foods」株が11%以上暴落していますが(今年に入り28%の下落となっています)、売り上げが予想の+2.8%であったものが発表では+1.3%となっており、大幅に減速しており、前期の+3.6%から大幅に伸び率が悪化してきているために株価が売られたものです。

このスーパーはコカ・コーラを健康に悪いとして売らないほどであり、ロンドンにも進出しており、人気を博していますが、とにかく、安物スーパーとは一線を画しており、比較にはなりますが高品質・高価格をうたい文句にして成長した会社ですが、さすがにここにきて消費者がその価格の高さについていけないとなりつつあるのです。

アメリカンの景気はかなりスローダウンしてきており、他のスーパー・小売業の株価も売られていますが、アメリカの景気が悪化しているのは国民からすれば実感できるもので、今後小売り業の株価がどうなるかによってニューヨークダウの動きも変わってくるはずです。

景気が悪化してくればオーガニックで健康志向で高い食品など関係ないとなるのは当たり前であり、今後この「ホールフーズ」が減益や赤字に転落する場面も出てくるかもしれません。

アメリカ景気回復が中堅層の消費減速から終わってきたと言えるかもしれません。


nevada_report at 08:17|Permalink

2015年07月30日

帯留め(アンモライト宝石)

日本の匠の技を使いました、世界でたった一個(ユニーク・ピース)の帯留めが完成しましたので、本日ショップにて販売することになりました。

日本のジュエリーコンテストにも出品されました作品となっており、日本とカナダのコラボレーションをお楽しみ頂けましたら幸いです。

販売価格も出来る限り抑えた価格となっており、着物を愛する女性の方には最適な帯留めではないでしょうか?

http://www.rarecoin-gallery.jp/SHOP/194191/list.html

nevada_report at 16:48|Permalink