2014年04月16日

サッポロビールの健保組合積立金が枯渇へ

日本企業の健康保険組合が軒並み破たんの危機に瀕しており、サッポロビール健保組合は、「6年後には積立金が枯渇する」としており、財政が破たんして解散するか、それか保険料を大幅に引き上げる必要が出てきています。
サッポロビールは、現在でも9.4%の保険料となっており、これを労使折半となっていますが、10%になるのは時間の問題と言われており、会社の負担もそうですが、従業員の負担もかなりの額になります。

既に健保組合の全体の2割に相当する300組合で積立金が枯渇しており、いつ破たんしてもおかしくない状態に追い込まれていると報じられていますが、今後改善するのではなく悪化するとみられており、先の見えない状態に陥っています。


政府はそれでも企業健保に負担金を押し付けており、14年度は3.2兆円も肩代わりさせ財政収支のつじつまを合わせており、今後これが4兆円になり5兆円になりましても何ら不思議ではありません。


財政収支を一見よく見せるために、このような負担を健保に押し付けているのが今の政府であり、それで赤字国債の発行が減ったと言いましても減ったのではなく、「押し付けた(隠した)」というのが正解であり、根本的な解決にはなっていません。


高齢化が進み、事実上、高齢者医療制度が破たんしている今、健保組合が出しています高齢者医療制度への負担は3.2兆円にもなっており、しかも毎年増え続けているのです。
3.2兆円は消費税1.5%にも相当します。


高齢者医療制度を抜本的に改善させない限り、健保の負担は毎年増え続け、どこかで限界点に達します。
その時、現役世代は、今まで払い込んできた保険料が「消滅」し、自分が恩恵を受ける段階になり、健康保険でまともな診療を受けられない事態になっていることを知りましても、手遅れと言えます。

本来なら国が3.2兆円負担するべきであり、これを民間に押し付けていますので、「粉飾決算」とも言えますが、国がやることであり、誰も文句は言えません。

大企業の健保組合が全て破たんするまで、年間何兆円でも負担をさせられる筈です。






nevada_report at 16:45|Permalink

報道(FXで7億円の損失:横領)

伊藤忠商事の30歳代の社員がFXで穴をあけてその損を穴埋めするために、会社から7億円を横領していたと
報道されています。

FX取引の泥沼に入り込んでいたはずであり、発覚したことで逮捕されることになり、内心ホッとしているのではないでしょうか?

マスコミではFXで儲けられるという風潮が蔓延していますが、儲けられるのは本当のプロだけであり、殆どの
個人は損をしています。


<報道>

*********************************************

伊藤忠商事は16日、ニュージーランドの森林関係の関連会社に出向していた30代の男性社員が、777万ニュージーランドドル(約7億円)を横領していた不正が発覚したと発表した。

同社は3月27日付でこの男性社員を懲戒解雇した。業務上横領の疑いで警視庁に告発する。

伊藤忠によると、この男性社員は2012年5月から14年2月にかけ、架空の請求書を捏造(ねつぞう)するなどした上で、関連会社の銀行口座から自分の口座に送金していた。横領した金は外国為替証拠金取引(FX)につぎ込んでいたとみられる。
 
13年度末の社内の監査を控えた14年2月に、この男性社員から伊藤忠に報告があり、不正が発覚した。
男性社員はFXで損失を重ねていたとみられ、会社側に対し「申し訳ない」と話しているという。 


nevada_report at 14:31|Permalink

アメリカ大陪審 (ブリヂストン元常務2名と現職1名を起訴)

ワールドレポートでお知らせ致しました【部品カルテル】問題では、ブリヂストン幹部3名が起訴されたと司法省が発表しています。

ブリヂストンはすでに有罪を認め4億2500万ドル、円換算で430億円余りの罰金を支払うことになっていますが、
今度は談合を指揮した役員3名が起訴され、今後司法取引で有罪を認めれば、1年ほどの禁固刑に処されるでしょうし、有罪を認めない場合は、本裁判に移行し、最悪の場合、逮捕され10年以上の懲役に処されることになるかも知れません。

次第に「本丸」に迫ってきており、今後、ワールドレポートで解説しました最悪の事態に発展するかも知れません。






nevada_report at 13:20|Permalink

実態のない7.4%成長(中国)

中国は1-3月期成長を7.4%と発表し、これを受けて日本株も上昇していますが、李首相が打ち出した7.5%成長とほぼ同じ数字となっています。

ではこの7.4%成長にどれだけの信頼性があるでしょうか?

まず、中国の成長率では正確な数字を打ち出すと言われていますゴールドマンサックスは、中国の2014年の成長率を当初<+6.7%>としていましたが、ここにきまして<+5.0%>成長に下方修正したと言われているのです。

次にHSBCが発表しました3月のPMI(製造業購買担当者指数)は、48.0と基準の50.0を下回っており、不況と言える状況にあります。

この2つでも中国経済は成長していないのがわかりますが、貿易統計でも輸出も輸入もマイナスになっており、
経済が縮小しているのがわかります。

輸出 −6.6%
輸入 −11.3%

これで成長が出来るでしょうか?

実態のない発表で株を買い上げるのは危険な行動ですが、上がれば材料は何でもよいというのが株式市場ですので、投資家にはそれはそれでよいのかも知れません。


nevada_report at 13:07|Permalink

昨日、ロシア爆撃機6機編隊の襲来

昨日、小松空港は異様な状態になり、ひっきりなしに自衛隊の戦闘機の離着陸が見られ、地上ではタンクローリーやジープの往来が見られましたが、その理由は、ロシア爆撃機の襲来です。
(丁度、、小松空港におりましたので、自衛隊の動きを目の当たりにしました)

今まではロシアの哨戒機2機編隊が連日のように日本を周回していましたが、今回は【TU95】という核爆弾も搭載できる大型爆撃機で、しかも6機編隊という過去に見られなかった編隊となっており、威嚇もありますが、実戦配備そのものの編隊とも言えます。

情報ではその後方にミグ戦闘機がいたかどうかはわかりませんが、通常、爆撃機の警備のためにミグ戦闘機が随行しているものであり、6機の爆撃機であれば、10機以上のミグ戦闘機が居た可能性があります。

今回のロシア軍の動きの意図は明確ではありませんが、日本とアメリカへの警告とも言え、日本はまさに軍事的な
紛争に巻き込まれる寸前の状態にあると言えます。

今日、東京上空には米軍関係機がひっきりなしに飛行しており、警戒行動をとっていることがわかります。





nevada_report at 12:13|Permalink