2014年07月19日

3ケ月連続減少したデバート売り上げと中国の支配化政策



6月の全国デバートの売り上げ高が発表されましたが、1年前に比べ4.4%の減少となり、3ケ月連続減少していることが明らかになっています。

東京のデバートの売り上げ高は4.1%の減少となりこちらも3ケ月連続の減少となっています。

このような中、外国人の買い物高は40億円余りとなっており、全体の売り上げ高である4884億円の8%余りとなっています。

日本のデバート業界はこの外国人購買力に期待して外国人向けのサービスを強化していますが、比率8%に注力する余り、中堅日本人や富裕層をないがしろにしており、これで固定層である富裕層を失い、外国人が買わなくなれば両方を失い生存出来なくなります。


どこかのコンサルタントが中国人向けのサービスを強化しろと指摘しているのでしょうが、92%を蔑ろにして成立するビジネスモデルはあり得ません。

92%の比率をもつ日本人購買層を如何につなぎ止め、購入に結びつけるかが一番重要な課題であるはずですが、今のデバート業界はこの92%を放棄しようとしており、いずれ大きな問題に発展することになるはずです。


外人向けの販売は確かに伸びているのは確かですが、それに気をとられていれば、仮に中国が日本向けの出国を禁止するとすればどうなるでしょうか?

彼らの《支配化政策》は軍事だけではありません。

中国経済に依存させておき、中国が無ければ成り立たない経済にしておき、そこで一旦関係を切ります。

当然、お客、お金を失った業界、地方は大騒ぎになりなんとかまた買ってくれ、なんとかきてくれ、となり、中国詣が始まりそこで中国は少しだけ訪問団を送ります。

地方・業界は『熱烈歓迎』となり、この段階でもはや中国なしでは生きてはいけない立場にその地方、業界はたつことになります。

これが中国の政策です。

今の日本のデバート業界は完全に中国の政策にはまっていることが分かります。
(この中国の支配化政策については昔、中国の外交官とフランス語を一緒に勉強したことがあり、その時に意見交換した際に述べていたものですが、まだ20代の¨若手¨が中国の支配化政策につき理解していたのは驚きでした。)

日本は中国に食われるのは時間の問題ですが、我々のビジネスを見れば反対になります。

中国人は、自分が敵わない相手や相手が自分より遥かに素晴らしいものをもっている場合には最大の敬意を払います。

ギャラリープレシャスが保有します【現物資産】は彼らにとり、あり得ない程素晴らしい存在となっており、それらは中国人富裕層にとり垂涎の的なのです。

これら【現物資産】を中国人富裕層に渡していくだけで彼らの目線は一気に上がり、他の欧米人が紹介していますものを相手にしなくなります。

ギャラリープレシャスに来なければ最高の現物資産が入手出来ないとなるのです。

昔からの教えで【最高のものをもっていれば相手から探してくるものだ】と言われて来ていましたが、この通りとなります。


今、【アンモライトジュエリー】を製作していますが、メレダイヤモンドをアメリカに発注することにしており、その数は400個にのぼります。
しかも最高グレードのメレダイヤモンドであり、日本では手に入らないグレードのものです。

ギャラリープレシャスでしか入手出来ないアンモライトルースと日本の職人芸と世界一のダイヤモンド業者から購入するメレダイヤモンドが組合わさったジュエリーは一体誰の手に渡るでしょうか?

日本経済は中国に飲み込まれるでしょうが、現物資産では我々が¨今は¨中国を飲み込むことになります。


nevada_report at 09:54|Permalink

2014年07月18日

従業員の14%削減

マイクロソフトの人員削減幅が分かり、18000人、全従業員の14%になると報じられています。

世界中でリストラが進んでおり、企業は固定費削減となり利益は増やせますが、削減される従業員側からすれば収入減少となり、生活苦となります。

次にはIBMの削減でしょうか?





nevada_report at 23:17|Permalink

半導体から撤退する富士通



富士通は半導体工場二つを売却し半導体事業から撤退すると報じられています。
半導体は産業の米と言われた時もあり、日の丸半導体が世界を席巻したこともありましたが、今や衰退の一途となっています。

半導体が無ければ今や何もできません。

日本のハイテク産業の衰退は行き着くところまでいくしかないのかも知れません。


nevada_report at 16:33|Permalink

相手にされなかった民主党(海江田代表)

海江田民主党代表は訪中し序列第2位の李克強首相との会談を求めていましたが、結果は序列第5位の
劉雲山政治局常務委員との会談で終わり、全く相手にされなかったと報じられています。

海江田代表は、『今回行くことに大きな意味があった』とのことですが、自費で行ったのならともかく、もし税金でいっていたとなれば、『参加することに意義があった』というオリンピック並みの頭を持っていることになります。

日本の不幸(自民党の幸福)は、野党がだらしないことにつきますが、最大野党の民主党に全ての責任があります。

国民からすれば、自民党もダメ、民主党もダメ、他の野党も駄目となれば、全く新しい野党を求めるしかなく、
その最大の候補が先般の東京知事選で60万票以上を獲得した田母神氏となるのかも知れません。










nevada_report at 10:30|Permalink

ブーチン大統領を狙ったテロ?

マレーシア航空機がウクライナで墜落していますが、ロシアからの攻撃、ウクライナからの攻撃等々色々な情報が出ていますが、同じような航路をプーチン大統領が飛行していたとも言われており、もしこれが事実であれば、ウクライナ軍が撃墜した可能性が高くなります。
ただ、高度1万メートルを飛行中であり、地上からのミサイル攻撃としますとかなり高性能のミサイルだったことになりますし、通常アメリカ等の航空機には装備されていますミサイルを撹乱させる機器がマレーシア機には装備されていなかったことになります。


またアメリカはテロの可能性があるとしてヨーロッパ発の航空機には警戒するように指令を出していましたのでテロの可能性もあります。


また、マレーシア航空機は2機(2機とも777型機)が相次いで事故に遭遇しており、マレーシアを狙ったテロの可能性もあります。

今の時代、テロ、戦争、内戦等々混乱の時代に突入しており、海外出張、海外旅行等では航空会社選ぶことも重要と言えます。

ロシアが撃墜したにせよ、ウクライナが撃墜したにせよ、テロにせよ、水掛け論に終わる可能性が強く、これで仮にロシア制裁が強化された場合、ロシアは猛反発するでしょうから、世界はさらに混乱に突入することになります。




nevada_report at 07:55|Permalink