2014年10月31日

急落(金価格)

日銀の緩和を受けて金価格が急落しています。

現在は一オンス1165ドルまで売られ、35ドル安となっており、今後、1100ドル割れもあり得る状況になってきており、ファンドの投げによっては暴落状況になる可能性もありますが、日銀の緩和策が物凄い円安を招いており市場が混乱状態に陥っています。

株は買われていますが、景気の悪化を緩和でカバーすることは不可能であるというのはヨーロッパ経済の悪化を見れば分かります。

日銀が株を買い上げ、国債を買い上げる政策をいつまで続けるのか。

世界中の金融市場が動揺しています。



nevada_report at 19:13|Permalink

日銀の滅茶苦茶な金融緩和と景気の悪化

世界中が金融緩和を取りやめようとしている中、日銀は更なる金融緩和策を発表しています。

1)長期国債買い入れ額を年間30兆円増額し80兆円に増額
2)日経平均ETF買い入れ額を年間3兆円に増額
3)リート買い入れ額を年間900億円に増額

上記の株買い・国債買い入れ策を発表しているのです。
これを受けて日経平均は買いが集まり、円安誘導ということで、円は一ドル110円を突破してきています。
市場では一ドル115円を目指すという意見も出てきていますが、中には一ドル120円も、という意見もあり、
今のところ、市場はドル買い・円売り一色となっています。

円が一ドル110円、115円、更には120円となれば、本格的に海外に資金が流れ出ることもあり得、円売りが売りを呼び、円が急落することもあり得、日本経済にとって危険だと言えます。

円安は輸入物価を跳ね上げさせる働きをしますが、今日の円安は関係なく、明日からコーヒーが10〜20%値上がりするとも言われており、国民にとってはあらゆる輸入物価が上昇することになり、生活苦が深刻化することになります。

総務省が発表しました9月の消費支出は一年前に比べ<−5.6%>と減少が続いており、更に悪い事に、厚労省が発表しました有効求人倍率は、3年4ヶ月振りに<−0.01ポイント>とマイナスを記録しています。

ファーストフード店が閉店したり、深夜営業を取りやめたりしており、雇用環境が悪化してきているのです。
今後、これが正社員の削減につながるのは時間の問題ですが、既に正社員有効求人倍率は0.67倍となり、前月を0.01ポイント下回っています。

今まで拡大一辺倒だった新規雇用が減少する兆候だと言えます。

景気の悪化が進む中、金をばらまく日銀・政府の方針はそれはそれで意味があるのでしょうが、国民からすれば
円安で生活苦になる者が増えるだけであり、果たして歓迎するべき策でしょうか?










nevada_report at 14:35|Permalink

フランス(原発テロのリスク)

フランス内務省はフランスにあります原発8基に国籍不明の無人偵察機が飛来したと発表しており、今、国際情報筋の間でしきりに言われています『イスラム国』支援筋によるテロ準備ではないかともみられています。


アメリカでもテロ警戒水準が秘密りに引き上げられていますが、世界同時多発テロが原発、空港、証券取引所等で発生するのではないかと危惧されているのです。

ニューヨークの富裕層の間ではエボラ対策の一つとして、備蓄を強化する動きもあるとされており、世界は何か変な動きのサイクルに入ったのかも知れません。

何もないのが一番ですが、カナダオタワでの襲撃事件やアメリカでの小型機墜落事故等もあり何か不気味であり、一応は警戒しておくべきかも知れません。




nevada_report at 09:24|Permalink

稀少コイン取扱い専門会社の稼動

かねてから準備を進めて参りました稀少コイン取扱専門会社を本格的に稼働させることになりました。

会社名: アメリカンコイングループ(+イワイプランニング)

旧役員 :故和田徳江
        岩井孝雄
        岩井千代子
        岩井俊樹


総資産規模でグループ会社の簿価ベースは3億円程になりますが(時価総額はあまりにも稀少性が高く分かりません)、中国資産家等の資本参加を受け、中国・香港向けに世界最高品質の稀少コインを販売する一大会社に発展することになります。

この会社は以下の≪世界最高グレード≫の超稀少金貨・銀貨を保有しています。

$20 1907年 High Relief PF69 
$2.5 1900年 PF69 ★ Ultra Cameo
$2.5 1900年 PF69 Ultra Cameo
T$1  1881年 PF69

これ以外にも、【1ドル モルガンプルーフ銀貨 世界一グレードコレクション】等、世界最高グレードの金貨・銀貨・紙幣コレクションを多数保有しており、いつでも中国・香港向けに提供できる体制になっていますが、最大の価値を見出すために、中国の力のあるオークション会社と組むことになっており、既に具体的な話し合いが始まっています。

アメリカの三流オークション会社は香港に進出しては失敗していますが、物を持っていない以上、相手にされないのです。
同グループは、過去20年以上にわたり、稀少金貨・銀貨等を蓄積してきており、上記のリストはほんの一部ですが、今後、一大コレクションが中国・香港市場に紹介されることになり、衝撃を生むかも知れません。
上記のリストを超えるコレクションは世界には存在していないからです


東京と香港に事務所を持ち、日本と中国・香港で活動することになりますが、日本では買い取りのみを行い販売は行いません。
また、日本・アジアにおいてオークション会社やコイン取扱会社を順次買収していくことも考えており、アジアで一大稀少コイン取扱会社に発展させ、その際には米国稀少コインは香港・中国でものすごい高値で取引がされ、アメリカは指をくわえてみているという状態になるかも知れません。

世界的コレクションをバックに世界一の品質をもつ超稀少金貨・銀貨が中国・香港に渡る日も近いかも知れません。





nevada_report at 07:08|Permalink

再度1200ドルを割ってきた金

金が再度売られており、1オンス1194ドルまで下落しています。


FRBによる金融緩和が取り止めになり、新しいお金が投入されない訳であり、即ち、市場からお金が消える訳でありいずれ金利は上がります。


このような中、金を保有していましても利息はつかず、ならば《金は売り》となっているのです。

FRBによるQE3で株を上げるためにばらまかれた金額は1兆6000億ドル、円換算で174兆円ですが、金融緩和が始まりましてからのばらまき総額は何と4兆ドル、円換算で435兆円にも上ります。


これだけのお金が金融市場に投入され、そして株の買い上げや金の買い上げ、不動産の買い上げ等に投入されたのです。

そして、『今後もう新しいお金は出さない、後は自分達(ウオール街)で処理しなさい』となっているのです。

結果、まず金利を産まない《金》等の商品から資金が流出しているのです。

今後、ファンドの売りや個人投資家の投げ売りが一斉に入れば、金相場は底抜けることもあり得、かねてから指摘しています1オンス1000ドル割れも時間の問題かも知れません。



nevada_report at 06:57|Permalink