国家公務員へのボーナス支給(56万円)中国の支配下にはいり、日本を敵に回す立場になった台湾

2011年06月30日

液晶問題(台湾に相手にされず日本連合へ)

日立(世界シェア6.3%)は台湾の液晶メーカーである鴻海(世界シェア11.7%)と資本・業務提携交渉を続けてきましたが、全く相手にされず、このため日本連合(シェア15.2%)に加わることになったと報道されています。

<中小型液晶パネル世界シェア>

サムスン電子(韓国) 11.9%
LGディスプレイ(韓国) 5.8%
合計 17.7%

鴻海(奇美電子)(台湾) 11.7%
友達光電(台湾)      7.1%
合計18.8%

東芝・ソニー (日本)  15.2%
シャープ(日本)      14.8%
日立(日本)         6.3%
合計 36.3%

その他   27.1%

上記の通り、どこも圧倒的なシェアを握っておらず、乱売競争に巻き込まれており、今や利益の出ない分野になっている中、ただ単なる統合では全く意味がありません。
日本企業は本当の統合が出来なく、結果、無駄なお金と時間を浪費することになりますが、世界は猛烈な勢いで動いており、今の日本のシェア36%があっという間に20%以下になる可能性もあるのです。

このため、有機EL事業の量産化技術確立を急ぐとしていますが、これはおかしな話であり、有機EL分野では世界は韓国勢圧勝と決まっています。
先般の日経でも報じていましたが、今や日本企業は大挙して韓国に有機EL分野で投資を行うとしており、日本はこの有機EL分野では周回遅れとなっているのです。

【大型液晶パネル】分野では、この4−6月期には中国が日本を追いぬくと報じられており(今日の日経)、日本のハイテク産業は今や青息吐息状態になりつつあります。





nevada_report at 12:23│
国家公務員へのボーナス支給(56万円)中国の支配下にはいり、日本を敵に回す立場になった台湾