2012年06月13日

いよいよ危険水位に入ってきたスペイン

スペインの10年国債利回りが6.8%に達してきており、危険水位と言われています『7%』まであと0.2%になってきています。

これにつられ、イタリア国債利回りもじわりじわりと上昇しており、ポルトガルのように国債利回りが10%を越えてくれば、スペインはIMF管理に入ることになりますが、イタリアまでも危機となればとても人材がおらず、倒れるのを待つしか道がなくなります。



nevada_report at 00:35│