2012年06月24日

ギリシャの本質

ギリシャのサマラス首相が入院し、財務大臣が体調不良を訴えており、これだけでも本当にギリシャ新政権は大丈夫かと周りが懐疑的に見ていますが、EU側に提示しました財政見直し案を見て、EU側はド肝を抜かれたかも知れません。

<内容>
* 財政緊縮目標達成期限の2年先送り
*公務員15万人の削減計画の見送り
*付加価値税(VAT)の一部引き下げ
*失業者への手当給付期間を1年間から2年間に延長

これら内容はEU側からすればあり得ない内容ですが、ギリシャ側はさらに「借金返済猶予」、「年金20%カットの撤廃・反対に引き上げ」も隠し玉としてもっていると言われており、明日25日からEU側がアテネに代表団を派遣することになっていますが、大荒れになる可能性もあります。

EUの一部からは「選挙で負けた方がよかったのではないか」との指摘も出てきていますが、財政再建・借金減額を求められている中、放漫財政に戻ることを宣言するギリシャに対して、あきれてものがいえないという形になっていますが、緊縮財政で破たんするのも、放漫財政で放たんするのも、結果は同じでも途中は違います。。

貰うだけもらって破たんした方がよいに決まっているからです。

また、ギリシャ政界には『上記の内容では生温い、もっと援助を引き出すべきだ』という空気もあるようで、明日からの交渉は、丁々発止の交渉になるかも知れません。





nevada_report at 09:32│