2012年11月24日

政治家の言葉の貧困

政治家、中でも政党の幹部ともなれば、日本中の子供から老人までその発言を注目しています。
その言葉には、一般人とは比べものにならない品格も求められます。


それを踏まえて今回飛び出しました橋下維新の会代表代行の『国会議員をじゃんけんで決める』発言は批判を浴びていますが、考えようによれば、同氏が考える国会議員の質はじゃんけんで決めても問題はないレベルだということだと言えます。

徹底的に討論し有権者にみてもらい、どの候補が自分の選挙区に相応しい候補者か決めるのが筋ですが、橋下氏が考える国会議員は程度などどうでもよく、数さえ集まればそれでよいという考えだと言えます。


日本の国会議員も落ちたものですが、毎年くるくる代わる総理大臣や就任後すぐやめる大臣、国会にろくに来ない国会議員、本会議場で寝てばかりいる国会議員等々をみれば橋下氏の言わんとすることも分からないではありませんが、もう少し言葉に重きをおくべきだと言えます。


上にいけばいくほど、言葉は重要になってくること位、頭のよい橋下氏ならわかりそうなものですが、そのような余裕がなくなってきているのかも知れません。




nevada_report at 22:53│