日本の景気と中国景気ほぼ行って来いとなった三井不動産株

2012年11月29日

超稀少金貨の販売

来週公開予定の新しいサイトでの【超稀少金貨】の資料を先行公開させて頂きます。
内容を一新しておりますので、お読み頂けましたらと思います。

来年1月22日に行われますニューヨークの稀少金貨・銀貨オークションで稀少コインオークション史上初の
1,000万ドルを突破するかによって、この超稀少金貨の価格も大きく変わってきます。

********************************************

超稀少金貨たる
$4 金貨 1879年 Proof66 Ultra Cameo
<Flowing Hair タイプ>
AAA級品


完了$4_pict1完了$4_pict2


完了$4_1879年_PF66UC(2012_11_27)-1



<解説>
ここにご紹介します【4ドル プルーフ金貨】は、非常にミステリーなProof金貨となっています。
当初25枚のみが鋳造され、その後400枚が追加鋳造されているのですが、その理由はこの【4ドル プルーフ金貨】を鋳造した当時、物凄い人気になり所有希望者が殺到したためとされています。

ところで、この【4ドル プルーフ金貨】は、1879年に突然全く新しいデザインとして登場しましたが、通常の流通用には一枚も鋳造されなかったのです。
この流通用に鋳造されなかった理由は謎になっていますが、長年噂として語り伝えられてきていますのは、この【4ドル 金貨】はアメリカの対ヨーロッパ向け国家戦略がその背後にあると言われているのです。
その国家戦略所以は、その大きさにあります。
当時ヨーロッパで流通しておりました20フランス・フラン金貨、20スイス・フラン金貨と同じ大きさとなっており、このため、この【4ドル 金貨】をヨーロッパで流通させ、フランス・フランやスイス・フランにとって代わる役割を演じさせるために鋳造が計画されたのではないかと見られているのです。
(実現していれば、アメリカのヨーロッパへの金融侵略が成功したかも知れませんし、反発を受けて鋳造したものの発行を撤回させられていたかも知れません)

ところが何らかの理由でその発行計画が中止され、【4ドル 金貨】は、試鋳貨(Pattern)としての運命を辿り幻の存在となったのです。

今回の【4ドル プルーフ金貨 1879年 PF66】は、プルーフ金貨としては最高位のグレードであります【Ultra Cameo】という鑑定を受けており、まさに所有する人を選ぶ気品ある超稀少金貨となっています。

この【Ultra Cameo】とは、極めて初期の頃に鋳造されましたプルーフ金貨に現れる状態を指し、表面が白く粉をふき、背景のミラー状態になっている部分が“深い”鏡のような状態となっているものを指し、理屈上は20枚鋳造毎に1枚〜2枚出現すると言われていますが、当時は人間が機械を回して鋳造していましたので裏表とも完璧なUltra Cameo状態になっているプルーフ金貨は非常に少なく、表がUltra Cameo 、裏が少し摩耗したCameo 状態になっているプルーフ金貨が多く存在しているのです。
今回のように両面とも完璧な【Ultra Cameo】状態のものは殆ど存在していないと言えるのです。

今、世界中の資産家がこの【4ドル プルーフ金貨】を欲しいとなっていますが、過去25年間の鑑定回数がわずか5回しかなく、この5回には再鑑定分も含まれており、それらを除外しますと実際に存在します枚数は3枚もないと推計されており、その3枚も殆どすべてが既に資産家により≪家宝的≫に保有されていますので、事実上購入出来ない幻の超稀少金貨となっているのです。

しかも、一ランク上の【PF67 Ultra Cameo】は一枚も存在しておらず、PCGS社鑑定の【PF67 Deep Cameo】が一枚のみ存在していますが、この一枚は当社永久コレクションに入っており、当社以外では見ることさえもかなわない存在になっており、購入することは不可能になっています。

しかも、今回のものは完璧な美しさを持ちます≪AAA級品≫であり、まず存在しておらず、多くの資産家はこの幻とも言える≪AAA級品≫の登場をひたすら待ち続けています。

現在の価格は80,000,000円と非常に高いですが、それだけの価値はある超稀少金貨であり、将来2億円、5億円という価値が払われましても何ら不思議ではありません。

販売価格  80,000,000円

*なお、安いものが良い方には、現在<B級品(PF67 Cameo)>となりますが、
4,000万円程で購入出来ます。

nevada_report at 21:22│
日本の景気と中国景気ほぼ行って来いとなった三井不動産株