2012年12月09日

未収入金が急増する新興国


いま、新興国で資金が詰まって来ており、販売代理店から資金回収できていない会社が急増してきています。

これは中国でもインドでもブラジルでも同様で昨日お目にかかりましたお客様は新興国の日系現地法人の幹部の方ですが、この方の国でも販売代理店が貸し剥がしにあい、日本側で資金肩代わりをしているとされていましたが、中国では販売代理店が夜逃げしている事例も出てきていると言われており、ある大手企業では貸し倒れ率が50%を超えるのでないかとの数字が幹部に上がり、この幹部は辞任して退職金を持って逃げる準備に入っているとも噂されるようになっています。

無理な販売を続けてきた影響が出てきたもので、かさ上げされてきた新興国経済の大崩壊が迫ってきています。

ローン申請の10%しか通らなくなってきている新興国

金融緩和で無理を重ねてきていましたが、いつまでもつでしょうか?


nevada_report at 09:17│