2013年01月14日

崩壊への警告

英文になりますが、今、世界中の投資顧問会社で、債券市場の崩壊を警告するところが増えてきており、以下のような内容が流されてもいます。


*********************************************

<The Coming Bond Market Implosion>

Leading Bond Analysts Reveal Why 2013 Is The Year It Finally Happens... And The Steps Investors Should Take Now

Experts have been predicting a bond bubble burst for years.

So, why is 2013 different?

The latest research by top bond analysts points to several dangerous factors converging to form a "breaking point" that will send the bond market crashing.

And it's not just "individual" bondholders in danger. Over the past three years, approximately $1 trillion has been invested into bond markets. Pensions... 401ks... Retirement Funds... all could get crushed... with little warning.

*********************************************

世界中の国債市場バブルが弾けはじめており、このため金利が上昇してきているのですが、国債バブル崩壊の影響は世界中の金融市場を破壊に追い込み、世界最大の借金大国である日本は、国債暴落と同時に、円の無効化が宣言されることになるはずです。

世界中で膨らむだけ膨らんだ国債バブルですが、その崩壊は一瞬で襲ってきます。
そして崩壊から逃げる準備する暇などなく、あらゆる金融資産を無価値にしていき、何も対応をしていない者は
全ての資産を失いましても、何が起こっているのかわからず、呆然となるはずです。

また、スイスの名門プライベートバンクが銀行閉鎖を発表し、預かり資産を顧客に返還すると発表していますが、
責任を持って預かることすら出来ない事態になったという面もあり、他のプライベートバンクも、今新規の資金受け入れを停止し、返還のみを行っているところも出てきています。
このプライベートバンクの経営者によれば、『元本すら責任を持って預かることが出来なくなってきており、一旦資金を顧客に返還する』としており、この経営者自身は、自分の数百億円にも上る資産をほぼすべて絵画・宝石・稀少コイン・ワイン等に振り向けることにしたとしています。

金融のプロが続々の金融市場から逃げているのと、稀少コイン・ダイヤモンド等の【現物市場】が活況に沸いているのが同時に起こっており、水面下で物凄い資金の移動が起こっていると言えます。

1月・2月だけで5億円程の【現物資産:稀少金貨・ダイヤモンド】を購入する予定になっておりますが、果たして
いつまでもつかわかりません。








nevada_report at 15:56│