2013年01月18日

深刻化する汚染(福島原発)

東京電力は福島原発港湾内の魚から過去最悪である基準の2540倍もの放射性セシウムを検出したと発表しています。
放射能汚染は終わっていません。


<報道>

東京電力は18日、福島第一原発の港湾内で昨年12月に取った「ムラソイ」から、最大で1キロ・グラムあたり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
国の規制値(100ベクレル)の2540倍にあたり、原発事故後、最も高い値。
東電は「採取場所付近は原発事故時に高濃度汚染水が流れており、この濃度は不自然ではない」としている。

これまでの魚の最高値は、同原発から北約20キロで取れたアイナメの同2万5800ベクレル。
東電は3月から周囲に網を設置するなど、港湾内の魚が外へ逃げないよう対策を取る。


*********************************************

ここで信じられない対応が東電により明らかにされています。

<対策は3月から>

それまでは猛烈に汚染された魚が湾外に出ていこうが、食物連鎖で食べられようが関係ないという態度なのです。

自衛するしか道はありませんが、今でも福島原発は汚染をまき散らしています。


nevada_report at 21:31│