中国汚染問題ガクンと落ちた機械受注統計

2013年03月11日

アメリカが世界一の資源国へ

数年前よりアメリカが世界一の資源国になるとワールドレポートにてお知らせしてきましたが、今回、ある噂が世界の金融市場を駆け巡っています。

【アメリカ東海岸で世界一の巨大油田が発見された】

この油田の規模は埋蔵量でサウジの10倍を超えるとも言われており、この発見が事実とすればアメリカは世界一の資源国になることになります。
(詳しいことはワールドレポートにて解説させて頂きます)

この原油とシェールガスは、米国国内向けだけに利用されるべきであるという意見が強くなっており、日本が期待
する対日輸出は期待できませんが、米国内で販売される原油・シェールガス価格が世界価格の半値以下であれば、世界中の企業はアメリカに工場を作り、その安い原油・ガスを使って生産し、世界に輸出をするようになります。

そうなれば、アメリカの製造業は世界一低コストで製品を作れる国になり、オバマ大統領が目標とする米国の輸出倍増も可能性が出てきます。

既報のエアバス社がアメリカに工場を建設するのもその一環です。

アメリカドルは世界最強の通貨になりつつあり、いよいよ<一人勝ち政策>が発動される日も近くなってきています。



nevada_report at 10:31│
中国汚染問題ガクンと落ちた機械受注統計