健康ランドで死亡(レジオネラ菌)麻生大臣(個人の880兆円はふざけた話)

2014年06月15日

世界貿易量の異常な低下とリスクの増大

オランダ経済政策分析局が公表しています「世界貿易量」ですが、3月は一年前に比べ+1.8%となっており、世界経済が好調の時に見られる+5%から大幅に下回っていることが明らかにされています。

IMFが示しています世界経済の成長率も2014年が+3.6%、2015年が+3.9%となっており、4%成長が「中立」とされている中、下回っていることがわかります。

株式市場には、膨大な金融緩和マネーが流れ込んでいるために株が買い上げられており、ニューヨークダウも先週金曜日のチャートを見れば、引け前に一気に買い上げたのがわかります。

日本も年金資金資金、日銀資金、簡保等の資金が株買い上げ用に投入されており、まともな相場ではありませんが、株が上がればそれでよいとしている今の市場は極めて危険だと言えます。

ファンダメンタルが上記のように「悪い(赤信号)」となっている中、株式市場は「良い(青信号)」として、一気にアクセルを踏んでいるようなもので、横から突進してくる「障害物」と衝突すれば、一体どうなるでしょうか?


赤信号みんなで渡れば怖くない、という言い方もありますが、横から突進してくる車が止まるどころか、更に速度を上げて突っ込んでくれば、渡っている者、全員が「死亡」することもあり得ます。

リスクを過小に評価している今、隠れたリスクは日々増大していると言えます。



nevada_report at 08:08│
健康ランドで死亡(レジオネラ菌)麻生大臣(個人の880兆円はふざけた話)