日本文化 里帰り急落した上海総合株価指数

2014年06月19日

IMFのECBへの勧告

IMFはヨーロッパ中央銀行に対して、デフレ対策を急ぐように更なる金融緩和策を指示する準備に入ったと国際金融情報が伝えており、世界中に日銀とECBの緩和マネーが流れ込むとして株式買いに入るヘッジファンドが多く出てきています。

ECBは金融緩和をしてきたもののヨーロッパ内でのデフレが深刻化してきており、毒薬となるマイナス金利を導入しましても一向に金融市場からお金が出て行かずユーロ高が続いており、金融バブルが膨らみ続けています。

ここで更にヨーロッパ(ECB)に金融緩和を命じるIMFの狙いは、FRBの金融引き締め分の肩代わりを求めるものであり、アメリカは完全に逃げる体制をとり始めています。

日々膨らみ続ける金融バブルがはじければ、リーマンショックの比ではない打撃を金融市場に与えることになります。




nevada_report at 11:51│
日本文化 里帰り急落した上海総合株価指数