デング熱(新宿中央公園に拡散)15年度末には1143兆円

2014年09月06日

オバマ政権の外交無策(大使が46ヶ国不在)

オバマ政権は、外交がマヒしていると言われますが、外交の「要」である特命全権大使が議会の承認が下りず不在となっている国が46ヶ国もあり、大使級の人事では、総計で61名も議会の承認待ちとなっています。

主な不在地は、韓国、フランス、トルコ、UAE、バーレーンとなっており、中でも<トルコ・バーレーン・UAE>の大使が不在というのは、アメリカが、アラブ・中東諸国に重きを置いていないというメッセージを送っていると思われましても不思議ではありません。

特命全権大使と代理大使(公使)クラスでは、格が全く違い、赴任国のトップと最高機密の話が出来ないのも当然であり、アメリカは46ヶ国で事実上のトップ会談が出来ていない状態が続いていることになります。

アメリカの政治家はいつの間にか、国益を考える余裕をなくしていると言えます。






nevada_report at 14:21│
デング熱(新宿中央公園に拡散)15年度末には1143兆円