2014年11月19日

イギリスキャメロン首相の警告


イギリスキャメロン首相はガーディアン紙への寄稿論文で、世界経済が再度危機に陥るリスクがあると警告を発しています。


『世界的な金融危機から6年が経ったが世界経済のダッシュボードに再び赤信号が点灯している』

イギリスの首相がここまではっきりと第2のリーマンショックにつき言及することは異例ですが、昨日の安倍総理の発言でも、再度危機が訪れた場合、消費税引き上げを再度延期すると発言しており、世界の首脳が次のリーマンショックを¨予定¨しているかのような発言をしているのは極めて重大と言えます。

危機が直ぐそこまできているのかも知れません。



nevada_report at 17:17│