2009年03月

2009年03月31日

経済速報(トヨタの減配:報道)

日経新聞はトヨタが減配するとの報道を行っていますが、これは当然のことであり、このまま配当をすれば年間4,000億円もの資金流出になるからです。
今、【トヨタ】の金庫は急速に減り続けており、現在の赤字が続けば重大な局面を迎えることもあり得る事態に陥っているからです。

【トヨタ】は12兆円もの内部留保金を持っていますが、同時に12兆円を超える負債もあります。

連結剰余金 12兆6,658億円
連結負債  12兆7,980億円
差し引き −1,322億円

差し引きでは1,322億円もの負債超過となっているのです。

更に【現預金】は1兆6,285億円しかなく、今期の営業赤字が4,500億円、来期の営業赤字が7,000億円と想定されている中、現預金は急速に減少している状態にあるのです。
このような中、4,000億円もの配当金を出せばいったいどうなるでしょうか?

また、この夏のボーナスは30%カットで支給されるでしょうが、年末の冬のボーナスは全額カットという事態に発展するかも知れません。
手持ち現金が急速に減少している【トヨタ】が生き延びるためには生半可なリストラでは到底無理であり、大規模な工場閉鎖・人員削減・給与カットにどれだけ踏み込めるか、にかかっていると言えます。

日本の自動車メーカーで生き残る椅子は一つあるかないかであり、【トヨタ】・【日産】・【ホンダ】の争いがし烈になるはずです。

【ホンダ】
連結剰余金 5兆3,628億円
連結負債  4兆9,487億円
現預金  1兆509億円
黒字予想 1,410億円

【日産】
連結剰余金  2兆8,204億円
連結負債   4兆8,908億円
現預金  5,841億円
赤字予想 4,580億円

  




nevada_report at 18:22|Permalink

金融情報(年度末買い上げ失敗)

【日経平均】は年度末を控えて猛烈な買い上げもあり後場寄付には130円余り上昇していましたが(前場の引けは72円高:ただし東証株価指数は+0.84と殆ど上昇せず)、引けにかけ外人機関投資家の“実弾売り”と”空売り”で急降下していき、終わってみれば【日経平均】は126円安、【東証株価指数】は−15.88ポイントで終わっていました。

【東証株価指数】は<773>となりましたので年金資金等の強引な買い上げがなければ、今頃、日経平均は【7730円】となっていたのです。
即ち、現在の8,109円と理論値7,730円の差、即ち379円が買い上げ過剰分になるのです。

これが今後解消されてきますので、仮に【東証株価指数】が10ポイント値下がりした場合、【日経平均】は100円安ではなく200円、300円安になります。
無理に買い上げた”とが”が出てきます。

世界の金融市場が揺らぎはじめた今、株式市場は果たして今の株価を維持できるでしょうか?








nevada_report at 15:45|Permalink

経済速報(意図的に作られる指標)

米国の有力な経済誌「バロンズ」が米国政府が最近発表している経済指標を意図的に作文しているのではないか、と報道をしており、物議をかもしだしていますが、世界中の統計には何かしら「作文」があるのは公然の秘密であり、今更驚くべきことではありませんが、有力な経済誌がこの問題につき特集を組むとなるとまた話は違ってきます。
ものすごい影響力があるからです。

今回疑問を呈している統計では、17日に発表されました「2月の住宅着工件数」ですが、実数は4万戸(年率48万戸)であるのに拘わらず、発表では年率58.3万戸になっていた点を取り上げています。

この発表はあり得ない“上方修正”となり、株式買い上げの理由の一つになったとも言われているのです。

日本でも、失業者が急増し<有効求人倍率>が悪化しているのに拘わらず、<失業率>が減少するというあり得ない数値を公表したり(先月)、実際には60%も暴落している表参道の不動産価格が公示地価発表では数%の下落となっていたりと政府の発表する統計数字はいまや信用ならないというのが専門家の間では”常識化”しつつあるのです。

今や【統計】を信用するのではなく、自分で調べた【体感統計】を信用するべきといえるのです。




nevada_report at 11:29|Permalink

金融情報(ユーロを巡る報道)

最近【ユーロ】を巡りかつての称賛(買い)一辺倒から売り(値下がり)を指摘する報道が目立つようになってきていますが、今日の日経には『ユーロは120円割れも』というコメントもされており、徐々に【ユーロ】に対するスタンスが変わってきています。

このネガティブ報道が市場関係者の意識に必ず影響を与え、気が付けば《ユーロ売り一辺倒》という状態になるかも知れません。

今ユーロの値動きが荒くなってきており、1日で10円以上の動きをして市場を破壊するかも知れません。

nevada_report at 09:17|Permalink

金融情報(安値に近づくUBS)

ニューヨークダウは一時は340ドル余り下落していましたが引けにかけていつもの゛買い上げ゛が入り254ドル(3.27%)余りの下落で終わっていました。

金融株が総崩れとなっていましたが中でもスイス銀行大手の【UBS】が9%余り急落し安値に接近してきたのが市場の注目をあびていました。

終値$8.89
先の安値は$7.04でしたので今日の値下がりを2日続ければ安値を更新するところまで売り込まれてきているのです。

もっとも【バンカメ】は17.85%急落していましたので特段【UBS】が売り込まれている訳ではありませんが安値からの戻りが少ないところに同じように売り込まれており、市場では【UBS】特有の悪材料があるのではないかと見ているのです。

巨大スイス銀行が崩壊するのかどうか。
株価の動きが全てを語ってくれる筈です。


nevada_report at 09:02|Permalink