金融情報(メルトダウンが進む日本市場)稀少金貨情報(急騰前夜の稀少金貨)

2008年06月28日

緊急協議に入る米国とECB

ポールソン米財務長官は7月1日にECB本部を訪問することになりましたが、
先のG8で議論したFRBによる為替介入につき事実上の最後通告を行うかどうかが焦点になります。

即ち、【米国一人勝ち政策】の発動を通告するかどうか、です。

今、世界的に金融市場が揺らいできており、このままの事態を放置すれば世界の金融市場は早晩大崩壊を起こします。
これを避けるには教科書的には世界協調が必要ですが、今まで世界協調をしてきたにも拘わらず米国株式が底抜けはじめてきており、これ以上米国としては世界にお付き合いすべきではないとの意見が政権内部にあり、ウオール街出身のポールソン長官が、果たしてどのような決断をするのか。

協調を重んじすぎれば対応が遅れ、取り返しのつかない事態を招きます。

米財務省長官とECBとの会談がどうなるか、要注目だと言えます。




nevada_report at 23:58│ Nevada report 
金融情報(メルトダウンが進む日本市場)稀少金貨情報(急騰前夜の稀少金貨)