金融情報(日経平均の上昇と金融株安)金融情報(グロソブ分配金削減)

2009年01月20日

経済速報(急減したデパート売上とニワカ富裕層の消滅)

伊勢丹 −10.0%
高島屋 −10.2%(11月 −5.7%)
松坂屋 −13.7%(名古屋店 −15.9%)

12月の代表的なデパート売上高が明らかになりましたが、上記の通り2桁の売上減少になっており、1月は更に落ち込んでいると見られています。

従来通りの富裕層はそれほど消費を減らしていませんが、新富裕層と言われる「にわか成金・にわか富裕層」が事実上消滅したために、高額商品の売り上げが急減してきているのです。

新幹線でもグリーン車がガラガラになってきており、バブルが発生していました≪不動産・金融機関≫関係者が今や殆どいなくなっています。

今、東京都内でも大阪市内でも高級店はガラガラになっており、今後淘汰される店が多く出てくるはずですが、普通の店でも客がほとんどいない状況になっており、あらゆる店が消費不況の影響を受けることになります。

日本人が蒙るバブル崩壊の影響は想像を絶する規模になるはずです。
【第2次金融危機】が始まっていますが、楽観論に浸っている日本人が多く、このギャップは取り返しのつかない悲劇を招くことになるはずです。

今日の【ロンドン株式市場】では10%以上急落している大手金融株が出てきており、株価だけをみますと倒産株価になっているメガバンクが3つも出てきています。







nevada_report at 00:35│
金融情報(日経平均の上昇と金融株安)金融情報(グロソブ分配金削減)