2009年03月26日

経済速報(日本の格差社会)

1)年収200万円以下の人口 1032万人
2)生活保護を受けられない困窮者 最低600万人
3)子供の貧困率 7人に一人
4)非正規労働者 1800万人

これは3月21日付け週刊ダイヤモンドで【あなたの知らない貧困】という特集号で解説されたタイトルです。

今は日本は恐ろしいまでもの<格差>社会になりつつあり、以前のワールドレポートでも記載しましたが、例え会社の経営者であっても、失敗すれば一夜にしてホームレスになるリスクをもった社会に日本はなりつつあるのです。

自殺者は3万人を超え、児童養護施設には3万人以上の子供達が暮らしている社会が日本なのです。
自殺者3万人超ということは毎日100人が自殺しているという異常な状態になっているのです。

この4月以降、猛烈なリストラが始まります。
果たしてこの現実に日本社会は耐えうることができるでしょうか?
国会・官邸の周りではデモが今日も起こっていましたが、マスコミは一切報じていません。
貧困・困窮が益々進めば国会や警察署を襲撃するという事態に発展するかも知れません。

誰もがホームレスに転落するリスクをもった日本社会を今一度見つめ直す必要があります。







nevada_report at 02:04│