地球温暖化の真実経済情報(急減した売上げ:中国)

2009年09月30日

経済情報(トヨタのリコール)

【米国トヨタ】は380万台をリコールすると発表していますが対象は「プリウス」・「レクサス(IS)」という最新車種となっています。
また、元顧問弁護士から【米国トヨタ】が訴ええられていますが、その理由は「SUV車事故に関して隠蔽をさせられた」ためとなっており、今や【トヨタ】は米国市場で「悪」というレッテルを張られる存在になってきています。

【GM】を破綻に追い込み、欠陥車を売る日本の自動車メーカーというキャンペーンが消費者・弁護士グループに張られた場合、【トヨタ】は最悪の場合、一兆円単位の賠償金(懲罰的賠償)と米国市場から追放という事態に追い込まれかねません。

【GM】の尻尾を踏んだ【トヨタ】が新生GMに飲み込まれる戦略が着実に進んでいます。






nevada_report at 08:29│
地球温暖化の真実経済情報(急減した売上げ:中国)