経済情報(トヨタのリコール)経済情報(トヨタ欠陥問題と買収)

2009年09月30日

経済情報(急減した売上げ:中国)

中国の景気対策の効果が息切れしてきており、中国経済に赤信号が点灯しはじめています。

−14%(8月)

これは中国の家電購入補助金(農村部)での売上げ高増減です。
7月に比べ14%も減少してきており、今年に入り初めての<マイナス>になったと報じられています。
中国は農村部の家電購入に対して補助金を出し家電売上げを刺激してきましたが、今やその効果が剥げ落ちてきてしまっているのです。

中国はなりふり構わない景気刺激策を取ってきましたが、今やその効果が落ちてきてしまっているのです。

で世界経済・株式はどうなるでしょうか?
今まで中国が世界経済を牽引するとして証券界は資料を作成し、投信を売り込んできましたが、今や中国経済は風前の灯ともいえる状態になりつつあり、頼みの外需(輸出)も「外需の減少圧力は非常に大きい」(温家宝首相)としているのです。

このブログで指摘してきましたが、中国大激変の時代が到来したといえます。



nevada_report at 12:56│
経済情報(トヨタのリコール)経済情報(トヨタ欠陥問題と買収)