経済情報(前倒しバーゲンと企業業績)経済情報(北海道経済:お米の大打撃)

2009年10月19日

経済情報(9月としては過去最悪になったデパート売上高)

9月の『全国百貨店売上高』は、一年前に比べ<−7.8%>となり、前年割れは1年7カ月連続となり、しかもこの<−7.8%>は1965年の統計開始以来で最大となっています。

売り上げ減少は<7月:−11.7%>、<8月:−8.8%>となっており、数字自体は減っています。

今後デパートの閉店も増えてきますので、売り上げ水準の減少は留まることはないでしょうが、どこかで売り上げ減少は止まります。
そこがデパートにとり「終わりの始まり」となります。
何故ならそこから売り上げが増加しましても微々たる数字であり、バーゲンを連発して売り上げを増やしましても利益は出ず、利益の出ない会社は消えていくしかないからです。

大手デパートの消滅もあり得ます。








nevada_report at 21:20│
経済情報(前倒しバーゲンと企業業績)経済情報(北海道経済:お米の大打撃)