2007年02月14日

変化。

変化とは何か。

文字通り、変わり化けていくこと。

では、変化は是か非か。

これは分からない。

良い変化もあれば悪い変化もある。




人間は変化を嫌う。

それがプラスへの変化であるとしても、多少の躊躇はある。

なぜか。

『今』と言う状態が安定だからだ。

安定な状態で落ち着こうとする。

それが人間の本質。



というよりも、世界の本質。

慣性の法則というものがある。

もとに戻ろうとする力が働く事を言う。

電車が発進する時に、進行方向とは逆の方向に身体が引っ張られる。

あの現象の事だ。

あの現象の正体は、元の場所に戻ろうとする力。

また、磁場においても同じだ。(レンツの法則)



なるほど、変化を嫌うのは自然な事のようだ。



しかし、変化してしまえば、それが安定な状態になる。

電車の例で言えば、進み続ける状態で居たいから、ブレーキがかかっても身体は前に進もうとする。



一度完全に変化してしまえば良い。



それだけの事だ。



しかし、それが1番難しい。

never_forget_smile at 04:45|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2007年01月21日

分からなくなった。

2人の人間が居る。

そこにはある意志が存在している。

求め、求められている。

これは紛れもない事実。

会話している時でさえ、相手に『聞いて欲しい』と求め、相手に『話して欲しい』と求められている。




お互いの意志が合致している状態。

と、いうのが理想的だ。

理想的な状態が生み出すものは、得てしてプラスのものが多い。

単純に、二つのベクトルの向きが同じならば大きさは二倍。

これは、結果ではなく、意志、モチベーションの話だ。



しかし、実際はこの一致が起こることは珍しい。

意志は変化していくものだからだ。

上の会話の例でも、常にその状態が続く事は少ないだろう。

だが、それが会話というものだ。

というよりも、常にその状態だと会話とは呼ばない。

常に意思が『聞いて欲しい』『反応が欲しい』『自分も話したい』等と言った、様々なものに変化する。

これは会話が短時間の間に行われる行為だからだ。



ここで今問題にしたいのは、これが比較的長期間に渡る場合。


今、俺が『求めているもの』と『求められているもの』に差異があるのを感じた。

自分が今の立場に居る事が義務であるならば、その差異は仕方ないものだ。

周囲の世界が常に思い通りのものとはは限らない。

しかし、俺が今ここに居る事は、権利から生じた結果。

『求めているもの』がそこにあると思い、自分の意思で留まっている。


・・・あるのか?

と、思った。

俺が求めているものが漠然としているだけあって、同じ方向のベクトルのような気がしていた。

違うのか?

もしかしたら、俺が求めているものは此処にはないのか?




というよりも、求められている事に矛盾があるようにしか思えない。

相手が言う事も理解は出来る。

でも、納得はできない。


never_forget_smile at 16:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年12月19日

寝ない!!

時間がもったいない。

ただでさえ、自由に使える時間が少ない学科だ。

寝る時間を削るくらいしないと、望むものは手に入らない。



明日を変えてく力は君次第。

never_forget_smile at 04:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)私的なこと 

2006年12月16日

意思。

最近よく歌詞を思い浮かべる歌がある。


『少年ハート』  HOME MADE 家族



・「いつかきっときっときっと俺も・・・」って
 ボーっとしてると きっとで終わるぞ



・鏡の中のお前に問う "まだまだこんなもんじゃないだろう"



・何をしたらいい?何ができるこの僕に?
 やりたい事が わからない
 I belive there's never too late
 始めるのにきっと遅いはない
 可能性はそうさ 無限大
 明日を変えてく力は そうキミ次第









やりたい事が分からないわけじゃない。

でも、何が出来るのかは分からない。

自分の力で何を生み出せるのかってことは分からない。

しかし、コレは当然の事だろう。

分からなくても仕方ない。

未来の事なのだから。




実際に起こってないことに対しての予想は得てして難しい。

未来予想の身近なものとしては天気予報があるだろう。

今や、科学技術の進歩によりその正確性は上昇しただろう。

それでも100パーセントではない。

長年蓄積されたデータ、高性能なパソコンによるシミュレーション。

それをもってしても、完全な予想にはならない。



人間は天気よりももっと複雑なものだ。

過去のデータなどない。

ましてや、自分自身は過去には存在していない。

自分は自分だけ。

そんな自分の出来る事を予想することが出来るだろうか。

今の自分に出来ることを考えても、それを実行に移すのは未来の自分。

未来の自分は今の自分ではない。






今の自分より、


一年後、

一ヵ月後、

一日後、

一時間後、

一分後、

一秒後

の自分が成長していたい。




自分に問おう。


まだまだこんなもんじゃないだろう?

never_forget_smile at 23:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)私的なこと 

2006年12月09日

インターンシップイベント開催します!!

※この記事はイベント終了までトップ記事で表示されます。


大学1,2年生大注目のイベント開催!!

インターンシップで輪を広げよう!!



初の試み!!
大学1,2年生のみを対象にしたセミナー。
『今の大学生活、不満はないのだけど、何か物足りない・・・』
そんな物足りなさを感じているそこのあなた!!
まずは、このセミナーに参加してみませんか?
1,2年生の人はセミナー等に参加したことが無いかもしれません。
でも、今回は初めての人でも参加しやすい内容にしてます!!
奮ってご参加ください!!
たくさんの出会いがあなたを待っています!!



対象:福岡県の大学1、2年生(先着50名)

日時:12月9日 15:00〜17:00

会場NTT西日本ITプラザ
JR博多駅筑紫口より南へ100m  ⇒  MAP


参加費:無料

内容:《概要説明》

インターンシップとは?

《パネルディスカッション》

《座談会》

経験者談

グループワークなど



参加ご希望の方は下記の連絡先へ (〆切 12月2日)

氏名・大学名・学年・参加希望の旨を記入のうえお知らせください。

(セミナーに関する質問もここで承ります)

折り返し詳細のメールをお送りいたします。

f_internship_staff@orange.livedoor.com



主催:福岡県インターンシップ推進協議会学生スタッフ

2006年11月24日

今、やりたいこと。

たくさんある。

ありすぎるほどだ。

だが、圧倒的に時間が少ない。

どうして、俺は今まで何もしてこなかったのか。

後悔する事だらけだ。

しかし、後悔しても何も始まらない。

過ぎてしまった時間が戻るはずもない。

何も変わらない。

それならば、いっそのこと未来に向けて進めばいい。

今、考えている時間を、後になって後悔しないように。



福岡には様々な情報が少ないと考えていた。

しかし、そうでもないかもしれない。

自分で色々と調べたりするようになって、色々と発見することもあった。

福岡でもイベントは行われている。

うちの団体で12月9日にイベントを開催するわけだが、同じ日に他にもイベントが開催されている。

少なくとも2つ。

(日時が違ったら参加してみたいくらいだった)

意外と捨てたもんじゃないぞ、福岡。

頑張れ福岡。

俺の地元、佐賀も頑張れ。




色々と行ってみたいとこや、参加したい団体もあるけど、全てにアクションを起こすほどのキャパシティは俺にはない。

・・・と思う。

出来ることなら、全部に手を出したい。

それは無理なので選別しよう。

優先順位を付ける。





難しいな・・・。

never_forget_smile at 04:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)私的なこと 

2006年10月31日

代数学。

大学の授業に代数学という授業がある。

代数と聞いても、普通の人はどんなものか想像出来ないだろう。

俺も出来ない(ダメ



まぁ、数学って名前が付いてるんだ。

数字を使うだろう。

そう思ったあなた。

甘い

甘すぎる。



大学の数学はもはや数字を扱わないのです。

数字を扱わないっていうのは言いすぎですけど、計算問題などはあまりしません。

全て論理的思考を用いて解くような問題ばかりです。



そこに定義がある。

それにより導かれる定理が存在する。

ある事象を、論理を組み立てて証明する。

もし、ある命題が間違いであるならば反例を挙げる。




高校の数学と、大学の数学は根本的に違う。



はっきり言って、僕は大学の数学が嫌いです(イッチャッタ

面白くないです。

それは、俺が高校の数学の方が好きだから。

高校の数学が好きだったから、数学科に入り、数学を勉強している。

でも、入った今、勉強している数学を好きにはなれない。



逆のコトも言えるんじゃないだろうか。

高校までの数学を嫌いな人が、大学の数学を好きになる事もあるんじゃないか。

可能性は否定できない。

根本的に違うものなのだから、十分にありえる。



しかし、実際には、高校の数学が好きでない限り数学科に来ないわけで、文系の学生は大学の数学に触れる機会は無い。

だから、全く本当の数学というものを知らずに生きる事になる。

まぁ、生きていく上で全く問題はない。

僕自身も、生活の中で数学なんて何の役にも立たないと思っている(算数は除く)。



しかし、それはあくまでも、数学自体の話。


数学を考える上で必要な論理的思考は重要だと思う。

どんなに知識があっても、その話に論理的な根拠がなければ、説得力はない。

話し方が多少下手であっても、その内容が論理的にしっかりしていれば他人を納得させる事は出来る。

論理的思考力と、最高の話術を持ち合わせたら・・・無敵かも?



数学を毛嫌いしている人は多いと思うが、論理トレーニング系の本は是非とも読んでみてほしいものだ。



ランキングは何位でしょう?

こっちのランキングも?

never_forget_smile at 02:56|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)数学の授業。 

2006年10月28日

MTG。

久しぶりになってしまいました。
新学期が始まってしまって、かなり忙しい日々を過ごしている44です。



ホントに忙しいんですよね。

肉体的にじゃなくて、精神的に忙しい。



精神的に忙しいってのもおかしな表現ですよね。
でも、この表現が1番あってる気がします。



さて、そんな中、今日は推進協議会のMTGに行きました。

今回の議題は、

1,2年生対象のインターンシップイベント

の企画。



さてさて、なかなか難しいですね。
特に、この地方都市福岡では。

一応、目標人数は結構低めに設定してます。
今回初の試みなんでまずは、実行に移す事に主眼を置いたからです。
次回があれば目標人数は増やしたいと思います。



やっぱり、一般的には1,2年生の時はそんなセミナーとかには行きませんからね。
普通に、張り紙をして、ビラ配ってでは集客できません。
でも、なかなかいい手段が思いつかない。

そんな中、変な意見が出てきました。
テレビ、ラジオ出演
結構ビックリ。
どうやらうちの協会の上の辺りの人(w)がその辺のコネがあるらしいです。
ビックリだね。

僕は、ウェブを使ってなんかできることはないかと考え中。

なんか無いかな?



ランキングは何位でしょう?

こっちは何位でしょう?

2006年10月16日

放置。

最近、色々と切羽詰ってて書いてませんでした。

無理すればかけない事もなかったんですけど、まとまりがある文章が書けるような気がしなかったので。



さてさて、だいぶ前ですが10月になりましたね。

大学生は後期が始まった頃でしょうか?

そんなことを書いている僕も大学生。

例に漏れず後期の授業を受けています。



でも、やはり新しい時間割っていうのは慣れませんね。

僕の学科と言うのは、数学科です。

この学科は授業に出なかったら致命的なんです。

1回の授業で進む範囲がすごい。

休んでしまうと次の授業からはわけが分からなくなってしまうんです。

出席は取らない授業が多いんですけど、自分で勉強して分かるような生易しいもんじゃない。

だから、毎日毎日予習復習が必須になってきます。

大学生がですよ?

高校生じゃないんですよ?

大学生にもなって、家に帰ってから数学の勉強。

考えたくもない。

それでも、自分が望んで入ってきた学科。

覚悟を決めてやるしかないんです。

(とか書いときながら全然勉強はしてない)



そんなわけもあって、なかなかやりたい事が出来ないんですよね。

と言うよりも、その前の段階。



やりたい事を実行するために何をすればいいのかを知るっていう行動が出来ないんです。

ちょっと分かりにくいですね。

つまり、勉強したいんですね。

数学じゃなくて、他のコトを。

いつも書いているように、知らなければ何も出来ません。

だから、『知る』っていう行為は非常に大事だと思います。



あ、今日のところはもう寝ます。

明日も1限から授業なんでw



もしよかったら

クリックが欲しいです

(二つとも別々です)

never_forget_smile at 03:22|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)数学の授業。 

2006年09月29日

後期が始まる・・・。

恐ろしい事態です。

もうすぐ後期の授業が始まります。

授業の時間割を確認しました。



軽く失神しかけましたヽ(゚∀゚)ノ



笑うしかありませんでした。



うちの学科は数学科というだけあって、授業は数学ばかり。
今期からは毎日数学があります
しかも、一日でも休んだらついて行けないレヴェルの授業です。

勘弁してください。

僕、なんか悪いことしましたっけ?



ほぼ毎日、問題解いて予習していかないといけない。
そして、皆の前で発表。




高校生じゃあるまいし。
・・・・・まぁ、予習なんて高校の時もしてなかったけどw



こうなると、色んなことをする障害になるな。
やりたいことはたくさんあるけど、やれるかな?

・・・・・
・・・・・
・・・・・

しまった。
間違えた。


『やれるかな?』じゃなくて『やる』んだ。


学生ブログランキングへ

ブログランキングへ

never_forget_smile at 07:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)数学の授業。