January 17, 2008

恋する大人


週末はお友達と連日、地元で遊びました。
おいしい物を食べ、マッサージに行き、カラオケにも行き、みごとなストレス発散ぶり。オールin三茶。

でもやっぱり仕事が始まると一気にたまるんですね〜。まぁしょうがない。


ちょっと男女について考えてみました。

やっぱり、いくつになっても、誰かにドキドキしたり、自分をよく見せようと頑張ってみたり、時にはあれこれ考えて駆け引きしてみたり、、、そういう対象がいることって大事だな〜と思います。もちろん、毎日そんなことをしていたら疲れてしまうけど。。
真剣な恋とかじゃなくても、自分が女性であることを意識してしまう対象は常にいたほうがいいですね。おばあさんになっても。
結婚して子どももいるけど、素敵な男性には少しぶりっ子をしてしまうくらい、お茶目?な人が私は結構好きです。

恋の対象が存在するならば、さらにそれは素敵です。

傷ついたり、悩んだりするのに、それでも誰かを好きになるのって不思議だな〜と思います。どんなに痛い失恋をしても「もう恋したくない」とは思わないもん。
たくさん辛く悲しい思いをしたとしても、そこから経験して、学んで、自分を成長させてくれる何かをたくさん得るからなんでしょうか。「アイタタタ」という恋を何度も(?)経験したけれど、でもその恋愛を後悔したことは一度もないし、結果的にいつも「でもこの人と会えてよかった」と思う。
人と人が密に心を通わすわけだから、素敵な感情も行き来するけれど、それ以上に傷つけ合ってしまうこともある。。けれど、そういう関係の中で学ぶことって、ものすごく大事なことが多いように思います。

だから懲りずに恋愛を続けるのでしょうね〜。

なんてね〜。なんでこんな日記書いてるんだ?!

そうそう。私の周りの先輩方に、いくつになってもドキドキ、ウキウキしている大人が結構いて、そんな方々と話していて、ついこんなことを考えたのでした。

neverstopfallinglove at 00:08│Comments(0)ひとり言 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字