☆神さま世界ナビ  

  現代に生きる異能の神人・小林大州師直伝の御神言を、現役医師・医学博士の結城豊明が『神言メッセンジャー』として解説します。 祈願を叶える方法、本当の神社仏閣参拝法、究極の開運法、神仏世界の真実、神の目にも叶う本物の健康医学知識などを紹介します。

誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その⑨ お守りの効力は1年間

お守りは小型家電品 !? 



「ん? どういうこと?」 
と訝しく思った方も多いでしょう。

「家電品」とは比喩表現ではありますが、半分本当の話です。

 

電池で動く小型家電品、例えば、小型ライトや携帯ラジオのようなものをイメージしてみて下さい。

ライト ラジオ


内蔵電池の寿命が1年間で、開けて電池を交換できず、充電もできない製品だとしたら、

1年過ぎたら電池が切れて機能停止します。持っていても意味なくなりますから捨てますね。

また使いたい場合は古い物を捨てて、新しいものと買い替えるしかありません。

 

お守りも丁度そういう性質を持っています。

実は、お守りの『神様の光』は、神社あるいはお寺で買った日から丁度1年間で効果がなくなってしまうのです。

 お守り 有効期限 365日


お守りの効力は年末に切れるわけではなく、買った日から年を跨いで1年間です。

ですから例えば、この記事がアップされた718日に買ったら、効力があるのは翌年の7月17日までとなります。1月1日に買えば、効力があるのはその年の12月31日になります。
閏年は366日間、他の年は365日間有効です。

 お守り シールド バリア パワー

お守りの実態を解りやすく喩えると、
電池寿命1年の「神様電池」1内蔵
超小型携帯用《神様エネルギーシールド発生装置》

です

※1 神様のパワーを蓄えた仮想的電池の意味です。お守りを分解しても本物の電池は入っていません。

誤解を避けるために念のため補足しました。

 

お守りは神社・お寺の社務所内にあるうちは《神様電源》に繋がれているので、内蔵された《神様電池》はフル充電されていますが、買った時から神様エネルギーを放射しながら守りの力を発揮します。

 


 お守り 神様ロボット 電池切れ
しかし、お守りは買って1年間経過すると内蔵《神様電池》はパワーが切れてしまいます。見た目キレイであっても、1年過ぎたらもう「お守り」としての力は全くありません2

 ※2 :  買って1年を過ぎたあとも粗末に扱ってはいけません。古くなったお守りを捨てる時はゴミ箱ではなく、神社仏閣の納札所にお返し下さい。


お守り 買った日を記録
 
お守りを買った日は手帳やカレンダーにメモしておき、翌年の同じ頃、また新しいお守りをいただきに行きましょう。




結城豊明
「大州先生、本当にお守り力は
1年で消えてしまうのですか?

 

小林大州

「私が観ると、買って1年間は光が出ているのが見えますが、ちょうど1年過ぎた翌日からは光がほとんど消えています。」

 

結城豊明

「なぜ丁度一年で消えてしまうのですか? 」

 

小林大州

「ずっと昔、お守りというものが最初に作られた時、人間と神様の間でそういう取り決めがありました。昔も私と同じように神様と話ができる人が僅かにいました。彼ら古代の神職たちは、一般の民のためのお守り札に力を写していただけないでしょうか、と神様に頼んだところ、神様は
『お守りとして神の光を入れてあげてもよいが、効力は丁度
1
年間までとする。それでよいな? 』、のようにお答えになられ、そのまま話が付いたみたいです。以来ずっと、お守りの力は1年、と設定されています。」

 
神社 古代 人と神

結城豊明

「買ったら一生神様の力が持続するようなお守りはないのですか?」

 

小林大州

「ありますよ。一般向けではなく、特別な祈祷の儀式を行ってパワーを込めた『祈祷札』という神札があり、それには何年でも永続する神力が宿っています。けれど、そういう神札は神棚で正しくお祀りをする必要があり、扱いが大変です。」

 

結城豊明

「どのように大変なのですか?

 

小林大州

「神様の入ったお札をいただいたら、一生に渡って毎日欠かさず儀式をしなければなりません。神様系のプロ以外はそういうものは持たない方が良いです。その点、普通のお守りは儀式不要で手軽に持ち歩けます。扱いが簡便で安心なかわりに、有効期限は1年間限定ですよ、というわけです。」

 

結城豊明

「効力1年間でも私たち神様の素人には儀式が要らない方がずっとありがたいです。生涯儀式を続けるなんてとても出来ません。有効期限があるのは私たちの立場を考えて設定されているのですね。」

 

小林大州

「もう一つ、良いことを教えてあげましょう。行きつけの神社でお守りを買ったら、次に参拝に行く時は、買ったお守りを身に付けていくと良いです。外から少しでも見える所に付けていきます。鞄の紐とか、胸ポケットに入れておくと良いです。すると、参拝者が神前に立った時に、神様は自分の所のお守りだと気付きますから、お守りに光を入れてくれます。」

 

結城豊明

「再充電してくれる感じですか。」

 

小林大州

「効力の期限は買った時から1年、というのは変わりませんが、参拝の度にそこで買ったお守りを持っていくと期限内はお守りの力を強化してくれます。」

 

結城豊明

「解りました。次回神社参拝に行く時はお守りを忘れずに持っていきます。」

 お守りは電池家電と同じ

 




神人・小林大州 神言No. 57

「行きつけの神社・お寺のお守りは毎年1回、同じ時期に新しいものを買い変えることを習慣にするとよい。」


誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その⑧ 絶対に置いてはいけない場所とは?

お守り、ここにだけは置くな!

 

神社やお寺で買ってきたお守りは、身に付けたり、カバンのポケットにいれたり、車内に吊り下げたり、と直ぐに位置が決まればよいのですが、お守りの数が増えてくるとどこに置くか迷う場面があります。


すると大抵、

「取りあえずどっかに大事にしまっておこうか」

となって、保管場所を探し始めるのですが、

その時、ちょっと待った!  

お守りを絶対に置いてはいけない所があるのです。

 ここに置くな

お守りを置いてはいけない場所とは、どこでしょうか?

 

 玄関?   寝室?  台所?  リビング?  勉強机の上? 

テレビ台の上?  それともトイレ?

 

いいえ、いずれでもありません。

絶対にお守りを置いてはいけない場所
正解は 
お仏壇 です。

 仏壇 女の子
 お仏壇の中、下、前にお守りは置かないこと

仏壇内の祭壇部分(位牌やご本尊、供物を置くひな壇)の上に置いていけないばかりではなく、

下部に付属する引き出しの中に入れるのもダメです。さらに仏壇前に置く経机、経台などの上や中もダメです。とにかく、仏壇の中や直ぐ近くにはお守りは置くことはよくありません。

 仏壇引き出し お守りダメ
 ついつい入れがち

では、どこなら置いて良いのでしょうか?

● 仏壇を置いていない部屋
● あまり不浄でない所
● 汚れたり濡れたりしない所
● 生活圏から遠すぎない所 

であればOKです。具体的には

 ● リビングのテレビ台の引き出し

 ● 書斎の勉強机

 ● 寝室の小物入れ

 ● 本棚の上


  などは置いて問題ありません。
 
 ※注 : どうしても仏壇のある部屋の中しかお守りの置き場所が見当たらない場合、仏壇の真正面に来ない方向で、なるべく遠ざけて置けばOKです。尚、身に付けている場合は仏壇の正面位置にいても支障ありません。

でも一体どうして、お守りは仏壇に置いてはダメなのでしょうか?

 



 ■ 神様の掟


結城豊明

「大州先生、なぜ仏壇の中にお守りを置くのはダメなのですか?

 

小林大州

「お守りを仏壇の中にいれると、神様に大変失礼になるからです。」

 

結城豊明

「なぜ神様に失礼になるのですか?

 

小林大州

「『神様と先祖をごっちゃに祀ってはならない』、というのが神様の掟です。お守りを仏壇に入れると、先祖を祀る場所に神様も祀ることになり、掟を破ってしまうのです。」


「お守りは神様本体ではないですが、神様の力の一部が込められ、神様の意志と繋がっています。ですから、お守りは『神様系の物』として扱わなければいけません。お寺の仏様も『仏閣系の神様』ですから、お寺のお守りも『神様系の物』です。」

「それに対して仏壇は先祖の祖霊を祀る場所であり、神様系の物を置いて祀るには全く不適切な場所なのです。」

 

結城豊明

「仏壇の中には仏様の像を立てていることが多いのですが、仏様を祀っているのではないのですか?

 

小林大州

「立派なお寺の仏像の中には神様を降ろしてありますが、家庭の仏壇の仏像にお御魂(みたま)は入れてありません。仏壇に置く仏像は一つの形式に過ぎません。」

 

 ■ 境涯が違い過ぎる


結城豊明
「仏壇にお守りを置くことは、なぜ神様に失礼なのかよく解らないのですが。」

 

小林大州

「先祖とは生きていた人間が死んだ後の霊です。死者の霊は神様とは全く異質で、住む世界が違います。神様は非常に高く清らかな境地にいます。神様の立場から見ると、人間の霊は自分よりも遥かに低劣で不浄な存在です。至高の境涯にいる神様が、非常に低い境涯に棲む人間の霊と同じ部屋で扱われたら、神様は当然ご不愉快になります。」


結城豊明

「お守りを仏壇に入れるということは、王室や貴族の賓客を、馬小屋に泊めるようなものですか? 多少無理な喩えかもしれませんが。」

 

小林大州

「雰囲気としてはそんな感じですね。」

 

結城豊明

「仏壇にお守りを入れるとバチが当たるんですか? 神様の祟りとか?

 

小林大州

神様の決まり事を破っていると、いつか必ず気付かされることが起きます。知らなかったから、という理由では許してもらえません。詳しいことは言えませんが、神様を怒らせると怖いです。とにかく仏壇にお守りを入れないよう、注意して下さい。」

 

結城豊明

「解りました。仏壇の中はお守りの保管場所として良さそうに思っていましたが、知らないことは恐ろしいですね。気を付けます。有難うございました。」





 これをお読みの読者様、今もしもご自宅の仏壇の中にお守りを入れていたら、直ぐに取り出して他の場所に移動して下さい。そして手を合わせて心の中でお守りを買った所の神様に謝って下さいね。
神様ごめんなさい
 「神様ごめんなさい。」



 

神人・小林大州 神言No.56

「お守りは絶対に仏壇には置かないこと。」



誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その⑦ 『違う神社のお守りをいっしょに持つのはダメ』 ⇨ ウソです!

お守りのこんなウワサ、聞いたことありませんか?

 ↓

違う神様のお守りを複数いっしょに持つな。神様が違うお守りを持つと、お守りの神様どうしがぶつかって喧嘩してしまうから、ご利益をいただけなくなる。そればかりか、神様を怒らせてバチが当たってしまう

神様どうし懸架はしません
 神様どうし、人間みたいに喧嘩する?        (イメージ: PIXTAより)


私は子供の頃から現在に至るまで、色んなところでそんな話を耳にしてきました。

何となくもっともらしく聞こえるので、私も長くその通りに信じていて、20代の頃まで神社に行っても滅多にお守りは買わないようにしていました。

 

しかし本当のところはどうなのでしょうか?

本当ですか


真偽のほどを神人・小林大州師に訊ねてみました。

 



 
■ 神様どうし、喧嘩せず


結城豊明

「大州先生、違う神社のお守りはいっしょに持っていてはダメなのですか? そう言ってる人が多いんですが。」

 

小林大州

「そんなことはありません。お守り発行元の神様どうしが喧嘩するなんてありません。」

 

結城豊明

「お守りどうしがぶつかって相殺したりはしないのですね?

 

小林大州

「誰が言い始めたかわかりませんが、『神様どうしが喧嘩する』とは随分ヘンなことを言いますね。神社で祀られている神様方は皆、すごく仲良しですから喧嘩なんかしません。喧嘩するのは人間です。」

 

結城豊明

「では主祭神が別の神社のお守りを持っていても、『神様どうしが喧嘩する』とか『お守りどうしが喧嘩する』なんていうのはウソ、なんですね?

 

小林大州

「大嘘ですね。別系列の神様でも大元を辿れば一つです。大昔に神様は幾つもの系列に別れ、たくさんの神様がお生まれになりましたが、違う系統の神様であってもお互いに仲良く協力して働かれています。」

神様どうしは大変仲良しです
  写真は人間ですが、神様たちはこんな風に大変仲良しです。   (イメージ: PIXTAより)


 

結城豊明

「『伊勢系(大和系)と出雲系の神様は流れが違って仲が悪いから、伊勢神宮と出雲大社のお守りはいっしょに持ってはいけない』、なんてことはないのですね?

 

小林大州

「それも嘘ですね。伊勢の神様と出雲の神様も大変仲良いですよ。天津神と国津神の神話の世界と、実際の神様の世界は違います。神様は魔とは戦争しますが、神様どうしでは喧嘩はしません。」

 

結城豊明

「有難うございます。解りました。それと、神社とお寺、それぞれのお守りは一緒に持っていて良いのですか?

 

小林大州

「問題ありません。神社系の神様と仏閣系の神様も元は同じでした。やがて役割の違いから神社系と仏閣系に分派し、今は神界・仏界と住む世界が違うのですが、お互い大変仲がよいですよ。だから神社のお守りとお寺のお守りが喧嘩することもありません。」

 

結城豊明

「なるほど。安心しました。『神様どうしが喧嘩」説は、欲にまみれて醜い縄張り争いばかりしている人間が、自分たちの低劣な価値観を神様世界に勝手に投影した結果生まれた思想なのでしょうね。『俺たち人間どうしなら喧嘩するから、神様どうしもきっと喧嘩するだろう』と。」

 

小林大州

「おそらく神様世界が見えない誰かが勝手に作って流した説でしょう。神様たちは人間とは全く異なる価値観を持って働かれています。人間のような支配欲、権力欲、金銭欲などはありません。他の神社より有名になりたいとか、参拝者の数で勝ちたいとか、方針が違うから怒って争うとか、そんなことはありませんね。」

 

 複数持つ時の注意点とは


小林大州
「異なる神社・異なるお寺のお守りはいくつ持っても良いのですが、持ち方に一つ注意があります。」

 

結城豊明

「注意点とはなんでしょうか?

 

小林大州

「お守りを持つ時、重ねて持たないようにするべきです。重ならないように、横に並ぶように持つか、他の所に入れた方が良いです。」

結城豊明

「それはなぜですか?


伊勢神宮、出雲大社 のお守り 横並び
お守りは横に並ぶように持つ。青は伊勢神宮、赤は出雲大社のお守り。いっしょに持って問題なし。

 

 

小林大州

「お守りは裏表の両面から光が出ていますが、重ねると互いに重なり合った面からは光が出なくなってしまうので、その分もったいないです。例えば、一つのポケットに二枚お守りを入れておくと、中でどうしても重なってしまいます。すると、二つ持っていても一つ分の守りの力になってしまうのです。」

 
伊勢、出雲 御守 重ねて持たないこと
 ポケットやカバンの中でこんな風に重ならないよう注意


結城豊明

「なるほど。では例えば、⬜︎⬜︎神社のお守りは胸ポケットに、△△神社のお守りはズボンのポケットに、◯◯神社のお守りはカバンに、みたいに持てば重ならずにそれぞれのお守りの力が十分発揮できる、というわけですね。」

 

小林大州

「そう考えて良いです。あと、お守りはできるだけ体に近づけて身につける方が良いです。複数持っても良いですが、たくさん持てば持つほど良いというわけではありません。身につけるものはお気に入りの神社のものを一つか二つ、それにお気に入りのお寺のものを一つ、で良いでしょう。」

 

 

結城豊明

「以前、全種類のお守りを買って全方面の守りを固めた方が良いとお聞ききしました。全種類買うと10個くらいになりますが、全部は持ち歩かなくて良いのですね?

 

小林大州

「身につけるのは1、2個にして、残りのお守りは自分が最も長く過ごす部屋の机の上など、いつも見える所に重ならないように置いておくと良いでしょう。」

 

 


 

神人・小林大州 神言No.55

「神様どうしは大変仲がよい。お守りの神様どうしが喧嘩するなど絶対にないので、主祭神や本尊が違う神社やお寺のお守りを複数持っていても全く問題はない。」


誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その⑥ 一つだけ選ぶとしたらどのお守り?

1つだけ選ぶとすればどれ?

 

『行きつけ神社・お寺のお守りは全てのジャンルを一つずつそろえるのが神様視点の正しいお守りの買い方である』( 2018.2.28.記事)

 

とは言われても、お守りジャンルは10種類近くを出している所が多いので、全種類を揃えると数千円~1万円くらいになります。

 

1年に1回だけの購入で全方面からの守りを得られることになりますから、費用以上のご加護の価値はあるのですが、やはり全ジャンルのお守りをいっぺんに買い揃える、となると勇気が要ります。

 
社務所の御守陳列

社務所の前で「全部買うのはちょっとなあ…」と躊躇してしまう方も多いでしょう。

全部のお守りを買えない時はどうすれば良いでしょうか。

 


 

結城豊明

「大州先生、今日は全部の種類は買えないけれど、この神社(or お寺)のお守りをまず一ついただいておきたい、という時はどれを選べば良いでしょうか?

 

小林大州

「自分の今最も気になる点、守って欲しい点、に関わるお守りを選ぶと良いです。」

「昨年病気にかかってしまった方は《健康守り》、交通事故が心配な人は《交通安全》。なかなか良い人との縁が見つからない人はもちろん《縁結び》のお守りで良いでしょう。」

 

結城豊明

「お守りに書いてある言葉は願い事とはちょっと違うんですね。」

 

小林大州

「お守りは直接的に『ご利益』をくれるモノではなく、あくまでも『守り』、『防御』であることをよく認識しておいて下さい。身に付けて持っていることでお守りから発する神様の光の力を浴びます。その光のエネルギーが盾(シールド)となって、悪い作用から守ってくれるものです。」

 

結城豊明

「ということは、祈願項目よりも自分の弱点項目のお守りを選んだ方が良い、ということですか?

 

小林大州

「弱点があれば、まずそこを守るのが最も大事です。強みの部分は自分の努力で伸ばしていくことで、大体のことは実現していくものです。」


結城豊明

「でも、ハードルが高い祈願であれば、その分野のお守りも欲しくなりますが、買っても良いですか?

 

小林大州

「もちろん、それでも良いですよ。何かどうしても叶えたい祈願があれば、まず神前で真剣に正しい作法で参拝し、関連するお守りを持ち妨害から防御していただき、実現に繋がる具体的な行動を努力を続ければ、願いは叶い易くなるはずです。」

 

結城豊明

「特に祈願するわけではなく、とにかくお守りが一つ欲しい、という場合はどのお守りを選べば良いですか?

 

小林大州

「それなら、ただ単に『御守』あるいは『お守り』と書いてあるものをお勧めします。」


御守 例

 

結城豊明

「それはどういう働きのあるお守りなのですか?

 

小林大州

「ただの『御守』と書いてあるお守りは、人が生活する上で心と体をほぼ満遍なく邪気から守ってくれます。」



 

結城豊明

「栄養サプリメントに喩えると『総合マルチビタミン&ミネラル』みたいなものですか?

 

小林大州

「そうですね。ちょうどそんなイメージです。それが一つあれば、だいたいオールマイティーな範囲をカバーしてくれる神様の光が入っている基本のお守りです。」


御守 防御レーダーチャート


「さらに『健康長寿』お守りを持てば身体面の守りが強化されますし、『学業成就』のお守りを持てば精神の防御力が更に増して、思考に集中しやすくなる、などの働きが現れるでしょう。」


 

結城豊明

「まずは基本の『御守』、ですね。」


 

小林大州

「伊勢神宮の『御守』はすごい光を放射していて、とりわけ強力な「守り」の力がありますから、是非買って持ち歩いているとよいです。」


内宮御守1
伊勢神宮、内宮の『御守』です。

内宮御守2
反対面には紋章だけで文字はありません。


小林大州

「ここで一つ注意があります。伊勢神宮ではいつも内宮の神様と外宮の神様が合わせて働きますから、お守りも内宮・外宮それぞれのものを合わせて持つことで効果が現れます。必ず内宮と外宮で一つずつ買うようにして下さい。」


 


 


まとめ


お守りを一つだけ買うとしたら、
まず御守
(基本のお守り)
を買う

誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その⑤ 恋人がいる人も〔縁結びお守り〕が必要な訳とは?

なぜ、恋人や結婚相手がいる人でも
縁結びのお守りを持った方が良いのか
?
 

今回は縁結びのお守りの秘密です。

 縁結び お守り 小鳥

復習です。

行きつけの神社で扱っているお守りの全ジャンルを一つずつ揃える
これが、
神様視点の正しいお守りの買い方でしたね( 2018.2.28.記事)

ですから、その神社に置いてあれば
〔縁結びお守り〕も誰もが買い求めた方が良いです。

というと、次のような意見が出てくるかもしれません。

 

Aさん

『私はもう決まった恋人が居て愛し合っているから縁結びお守りは特に要らないです。』

 

Bさん

『既婚だし子供もいるし、もう縁結びの願いはないです。それよりも今はもっと良い仕事の成果を出して活躍したいです。』

 

Cさん

『私は病気を抱えています。恋人は欲しいですが、健康を取り戻さないと恋人どころではありません。健康のお守りだけあれば良いです。』

 

Dさん

『僕は今、入試に向けて勉強中です。まずは学校に受かることが目標です。神社では学業や合格のお守りだけでよいです。恋人は入学してから探します。』

 

でもそういう方々にとっても、縁結びのお守りはきっと役に立ちます。

 

なぜかと言うと、縁結びお守りは、

異性との良い出会いに限らず、全ての良い縁を結ぶ助けとなるご利益

があるからです。

その理由をもう少し詳しくご説明いたします。

 

 

 

■ 縁とは?

 

お守りに書いてある「縁結び」の『』は、恋人・結婚相手としての男女の出会いだけではありません。本当は異性との縁よりももっと広い意味合いを持っています。

 

神様が扱う『』とは、

(自分に関わる)全ての外部世界とのめぐり合い 

のことです。

 

縁には大きく分けて次の3つの種類があります。

 

① ヒト   自分に関わりのある全ての人

② トコロ  自分が居る場所、環境、社会、組織

③ モノ   自分に関わる全ての事物、情報

 

さらにそれらと「いつ出会うか?」というタイミングも非常に重要ですから、トキ()も第4の縁と呼んでも良いかもしれません。

 

人生は、自分の意志で動く思考行動パターンと、自分の意志ではコントロールできない『縁』とが互いに絡みあって紡ぎ出されていく複雑な模様です。

ですから、誰と、何処で、何に、いつ、出会うか? という縁の一つ一つがあなたの運命を左右していきます。

 

 出会いの縁

縁の中で最も重要な要素は人との出会いです。

良き結婚相手との出会いも大切ですが、人生は結婚だけでは決まりません。

 

良い友人、良い師匠、良い上司、良い取引相手などと出会うことができれば、人生がより豊かで実りあるものとなる可能性が拡大します。良い人との縁によって命拾いすることも少なくありません。

反対に悪い友人や悪い取引相手に出会ってしまうと、人生転落したり、破産したり、命を落とすこともあります。

 

縁がいかに大切か、先のAさんからDさんの例に具体的に当てはめてみましょう。

 

 ◆Aさん… もっと縁を深めることで結婚に繋がる。結婚後に良い住居との縁も大切です。

 ◆Bさん 優れた人との偶然の縁が、仕事成功のチャンスとなるかもしれません。

 ◆Cさん… 良い医師と出会えるか否かで、生死が分かれる可能性があります。

 ◆Dさん… 良い教師、良い塾との縁が学力の伸びと合否を決定することがあります。

  (何人もの落ちこぼれ生徒の学力を急激に高めて難関大学に次々に合格させ、更に卒後の仕事の成功にも導いた予備校教師を私は実際に知っています。生徒たちは彼との縁が人生を激変させました。)

 

全ての人にとって、『良い人との縁』を得て、『悪い人との縁』から離れることが、良い人生を歩む上で非常に大切です。

 

 

■ 『縁結び』 とは?

 

良い出会いを得るために自分で努力することは重要です。

ではどういう努力をすれば良いでしょうか?

 

まず、自分の心をキレイにすることです。キレイというのは、欲を持ち過ぎないということ。

向上心は大切ですが、過剰に欲張らないことです。

 

そして、良い縁が得られそうな場にできるだけ身を置くことです。

さらに、良くなさそうな人や場所には極力関わらないようにすることも大事です。

 

例えば、恋人が欲しい人は、家の中に籠ってばかりいては出会いが得られる筈はありません。男女ともに清潔な身なりで少しオシャレをして、異性と出会えるような場所に顔を出しましょう。明るい微笑みで、元気に声を出してアピールすることも大事です。

 

取引先を探したい人は、業界の交流会に参加してみることも良いでしょう。

 

もっと良い職場で働きたい人は、広く情報を集めてたくさん応募してみることも必要です。

 

 

でも縁とは不思議なもので、自分の努力を超えた偶然の出会いというものもあります。

努力を超えた見えない部分の縁は、神様の力を少しだけ借りても良いでしょう。

 


■ 小さな縁が大きく運命を変えることも
別れ道 線路

神社でいう、『縁結び』とは、

良い出会いのきっかけを作ってくれる、神様の霊妙なはたらき〕のことです。

男女の恋愛関係には限定されず、全ての出会い関係性の良いきっかけを取り持つ作用のことを意味します。

 

縁結びのお守りは、身に付けることによって、『良い縁を妨害する邪気』から守ってくれて、良い人と繋がり易くしてくれます。それに『悪い縁の邪気』から守り、悪い人と離れ易くしてくれます。

「お守り」ですから、あくまでも防御アイテムです。
縁を連れて来てくれるものではなく、悪いものから守り良い縁と繋がりやすくなるよう、後押しする力を帯びています。

 

 

少しでも良い縁を得られるよう、縁結びのお守りは身に付けておきたいです。

ほんの小さなキッカケがその後の人生を一変させることがあります。


「ほんの1秒の差で出会えた、あるいは出会えなかった。」

「何気なく、ふと目にした本で人生変わった」

なんてことが人生には本当にあるのです。

 

良き「出会い」はいつ訪れるか解りませんから、縁結びのお守りはいつも身に付けていることをお勧めします。

 

 

まとめ

 

縁結びのお守りは、

● 恋人や結婚相手の縁が欲しい人だけのものではない。

● 《良い縁を妨害する邪気から守ってくれる神様アイテム》 である。

● 自分に関わる全ての人や物との良い縁を結ぶ助けになってくれる。

 縁むすび お守り

上記の理由で、
縁結びのお守りは、
全ての人に強くお勧めします。


誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その④ 【安産】お守りに隠された意味とは?  

妊婦じゃなくても
【安産】お守りが必要な理由とは?





 ■ 全ての《女性》を守る神様アイテム


結城豊明

【安産】のお守りは、安産を願う妊婦さん向けのお守りではないのですか?

安産お守り


小林大州

「もちろん、『これから子供が安産で生まれて産後母子ともに健康でいたい』、という願いの妊婦さんには特に最適なお守りですが、【安産】お守りは妊婦限定ではありません。」

 

結城豊明

「どういう人が持つべきですか」

 

小林大州

「全ての女性が持つべきです。」

 

結城豊明

「子供から老人まで、全ての女性ということですか?

 

小林大州

「そうです。【安産】と書いてあるお守りは、出産の問題だけを対象とするのではなく、広く女性全般の体と心を守るためのお守りです。女性は命を宿し産み育てるという、神様の大切な仕事の一部を生まれながら宿命として担っています。子供を産む機能を持つ女性の体と心は、男性より複雑で繊細で脆弱な部分があり、邪気が入る危険が高いのです。【安産】お守りは、女性特有の弱点をガードしてくれます。」

 女性 ライフステージ全体


結城豊明

「実際には『女性用お守り』の意味なのですね。」

 

小林大州

「事実上はその通りです。ですから、出産がまだまだ先の幼い女の子も、未婚の方も妊婦の方も、既に出産した方も、妊娠年齢を過ぎた高齢者も、女性であれば全て持っておくべきお守りです。」

 

 ■男性はどうすれば…


結城豊明

「ところで、男性は【安産お守り、要らないですよね?

 

小林大州

「はい。【安産】お守りは女性のためのお守りですから、男性は持つ必要はありません。」

 

結城豊明

「妻の安産を願う夫は持っても仕方ないのですか?

 

小林大州

「そういう時は、男性は自分で持つのではなく、買って奥さんにプレゼントして下さい。奥さんは【安産】お守りをできるだけいつも肌に身に付けておくと、安産を妨害する邪気に対する防御効果が最大に発揮されます。」

 


 
 ■ 男女は差がある

結城豊明

「前回、『お守りは全て買うのが原則』、と教えていただきましたが、男性と女性は買うお守りも違うのですね?



小林大州

「そういうことになります。その点に関して前回は説明不足だったので補足します。女性は特有の機能とデリケートさがある分だけ、女性専用のお守りを持つことが必要になります。男性より1個あるいは2個余計多く持つ必要があるのです。」

「1個あるいは2個と言ったのは、神社によっては【安産】お守りと【子宝】お守りを用意してある所、【安産】お守りだけ置いてある所があるからです。【子宝】お守りが置いてある神社では、これから妊娠希望の方は【子宝】お守りも買うと良いでしょう。【子宝】お守りが置いてない神社では妊活中でも【安産】お守りだけ買えばそれだけでOKです。」

【安産】お守りは女性にとっては大変重要で、妊娠出産する・しないに関わらず、女性は必ず買った方が良いです。」

女性3世代



  ■ 伊勢神宮の場合

結城豊明

「伊勢神宮では【安産御守】は用意してありますが、【子宝】と書いたお守りは置いてありませんね。」

 

小林大州

「伊勢神宮のお守りは【安産御守】【子宝】の部分もカバーしています。子供を欲しい女性は神前で、『子供が授かりますよう祈願しますと心から祈り、【安産御守】を買っていつも肌身に付けておけば、それで<妊娠妨害の邪気>から守られ子供も授かりやすくなります。」

 

「伊勢神宮のお守りはどれも大変強い『守りの神光』を出しています。【安産御守】だけで妊娠から出産までの守りは十分です。」


結城豊明
「内宮と外宮、どちらのお守りを買えばよいのですか?」


小林大州
「伊勢神宮では内宮・外宮、両方でそれぞれ買って下さい。同じ【安産御守】と書いてあっても主祭神が違いますし、伊勢神宮では2神が1体ですから、【安産御守】も2つ必要です。」

 

 


女性の方、お守りを買う時は是非【安産】お守りも忘れずにいただいて下さい!

誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その③  学生や学者でなくても【学業】お守りが必要な訳とは? 

 なぜ、学業と関係のない人まで
 【学業】お守りが必要なのか?




前回の続きです。

「特に今願い事していないジャンルのお守りも買うべきである。」

 
それはなぜでしょうか?



結城豊明

「大州先生は、『一つの神社で売っている全てのジャンルのお守りを買い揃えるのが神様視点の正しいお守りの買い方』と教えて下さいました。すると、人によっては、今は特に関心の無いジャンルのお守りも揃えることになります。」

「それで一つ、【学業】系のお守りに関してお訊ねします。」

pixta_18448615_S 大学卒業式

大学も何十年も前に卒業して、今は学業と関係ない生活をしているほとんどの中高年の人にとって、これから再び学業に打ち込んで学問の世界で成功しようとは望んでいないはずです。その場合でも、【学業】系お守りはご利益があるということですか?」


小林大州

「その通りです。」



結城豊明
「例えば、営業のサラリーマン、スポーツ選手、飲食店の店員さん、タクシー運転者さん、主婦の方、あるいは無職の方まで、職業、立場、性別、年齢、境遇に関わらず、皆が【学業】お守りを買った方が良いのですね
?

 

小林大州
「そうですね。学業関係のお守りは、誰もが持っていた方が良いです。」

 

結城豊明

「それはなぜでしょうか?

 

小林大州 

「神様は、『人間に生まれたからには、若くても年をとっても、どんな職業でも、あるいは無職の人であっても、いつも謙虚に学ぶことを怠ってはならない』と言っています。人間にとって、学習して頭脳を使うことは人間が人間として存在するために必須です。」

 

「人間は何も考えずにただボーっと神様を信じているだけではダメです。いつも精神を磨き、新しい知識を吸収し忘れず、深く思索して、自分と社会を発展させていく義務があります。」

 

【学業成就】【受験合格】などと書かれたお守りは、学者・研究者や受験生だけに限定されたものではなく、全ての人々の頭脳を守るために作られています。学業系のお守りから発せられている神様の光は、精神活動に対する様々な妨害要因から防御してくれます。邪魔や妨害から守ってくれることで、学習や思考が捗るようになります。」


結城豊明

「なるほど、そうでしたか。お守りは私たちの脳を守ってくれるのですね。では【学業成就】と書いてあるお守りは実際は【頭脳防御】の意味なんですね?」

 

小林大州

「そういうことです。だから【学業】お守りは全ての人にとって重要です。」


結城豊明
人間は死ぬまで学習を続けなさい、と神様は言われているのですね。」


小林大州
「そうです。実際は死ぬまでではなく、死んでからも学習をやめてはいけません。」


結城豊明
「死後も、ですか?



小林大州
「霊界でも修行中に学ぶことがたくさんありますし、次の生もあります。人間の魂は未来永劫に学び続けることが必要です。」

 
pixta_33357671_S 生涯学習

結城豊明

「学びを妨害するものとは何ですか?

 

小林大州

「人や場所との悪い巡り合わせ、邪気、霊、念、などの外的要因もありますが、学びに対して最も悪い影響を与えるのが自分の心の妨害です。落ち着きの無さ、集中力の欠如、邪念、無気力などが精神活動を妨害し、学びを妨げます。」

 邪念・頭脳の妨害

【受験合格】お守りは、神様が学校に合格させてくれるものではなく、受験勉強している時の精神を妨害から防御する力を分けてくれるものです。防御された結果として勉強に集中できて、合格もしやすくなるのです。」

 

結城豊明

「受験が無い方も【受験合格】お守りは必要ですか?」

 

小林大州

「学校や資格の試験を受ける予定が無い人でも、いつも自分で決めた目標を達成しようと努力することが大切です。その目標を成遂げることが自分にとっての『受験合格』に相当しますから、【受験合格】お守りも買った方が良いです。神様の視点では、そういう気持ちで毎日を生きるべきです。」

 IMG_0703


結城豊明

「神様のお考えは奥が深いですね。」

「ところで、お守りには【学業】以外のお守りもいろんなジャンルがあります。それぞれがお守り袋の言葉以上の広い意味があるんですか?

 

小林大州

「お守りは全て、袋の語義よりも広い範囲を守ります。」

 

結城豊明

【交通安全】【健康】のお守りは恐らくそのままだと思いますが、良縁】 【安産】 【子宝】 などのお守りにはそれぞれどういう働きがあるのですか? この中で、【安産】お守りは、言葉の意味のままなら出産年齢も過ぎて、既に子供も居る女性には関係ないと思いますが、それでもそういうお守りは持っていた方が良いのでしょうか?」


小林大州
「はい、持った方が良いです。」



…その理由は次回に!


誰も教えてくれなかったお守りの秘密 その➁ お守りはこれを買う!

  どのお守りを買うべきか?
  神様視点の正解は、これだ!


お守りの秘密、前回の続きです。

伊勢神宮お守り各種

神社やお寺で売られているお守りには

【開運】 【厄除け】 【健康長寿】 【病気回復】 【縁結び】 【仕事運】 【金運】 【恋愛】 【心願成就】 【干支守り】 【学業】 【合格】… など、様々な願いのジャンルが揃えてあります。

 

さらに同じジャンルのお守りにも大抵、4-5色の色違いが用意されています。


虹のように鮮やかな彩りのお守りがズラリ並んだカウンターを前に、チョイスの決断までしばらく悩んでしまった経験はないですか
?

どのお守りにしようか迷う

 

結局、一体どれを買えばよいのでしょうか?

一般的には

「気に入ったものを買う」

「今思っている願い事に関わるものを買う」

のが良いとされていますが、それは当たり前の人間的発想です。当ブログではそんなありきたりな事をワザワザ言いません。

 

知りたいのは神様視点です。あなたも知りたいのはソコでしょう?

早速、神人・小林大州師に訊ねてみましょう。

 


結城豊明

「大州先生、神様的に本当の所、どのお守りを買うのが良いのですか?

 

小林大州

「一つの神社や寺で売っているお守りは、全種類買い揃えるのが正しい買い方です。」

結城豊明

「ええーっ!? 全種類ですか?

小林大州

「色違いは1つを選べば良いですが、違う項目のものはそれぞれ1つ買います。例えば、【健康】お守りから好きな1色を選び、【縁結び】の中からまた1色を選びます。」

結城豊明

「なぜまた、全種類買うべきなんですか?  けっこうお金かかかっていまいますが

 

小林大州

「お金のことはまず置いておいて、神様から見たお守りの本当の意味と理由を伝えますね。」


結城豊明
「お願いします。是非知りたいです。」

 

小林大州

「人間一人一人は、いつも様々な妨害に遭う危険と隣り合わせです。健康面、仕事面、人間関係、家族や子孫、経済面など、全方位に渡って注意を払い、防御していく必要がありますが、どの部分が壊れても、他の部分に影響が波及し、大きなダメージとなることがあります。妨害は自分でどんなに気を付けていても見えない部分も多いのでやられてしまいます。」

「図に書くとこんな感じです。」👇
お守りの仕組み


「人間の魂は邪気・妨害に晒されています。この円弧の部分を人間の防壁と考えて下さい。どの防壁一つでも壊れてしまうと、他の防壁も連鎖して崩れる恐れがあります。そうなると希望が叶わないばかりか、普通に生きていくのさえ難しくなる場合もあります。」
「この防壁のエネルギーを強化してくれるのが、お守りです。


結城豊明

「あ、解る気がします。最初に健康一つ崩れると、仕事出来ない  経済的ピンチ  結婚できない  子供持てない  寂しい人生 となる例もありますね。」 
「最初に仕事でつまづいても  経済ピンチ  環境悪化  健康悪化  家族離散  人生転落 というコースもありますし、人間関係から崩れてしまう場合もありますね。」



小林大州

「神様は人の魂をちゃんと守るには、全方面の守りが必要だと言います。人間にとって必要だから神様は各種のお守りを用意させているのです。神職さんやお坊さんも昔からそのことは理解しています。神社や寺はお守りをたくさん売って儲けよう、と考えているのではありません。」


結城豊明

「妨害というのは外から来るのですか?

 

小林大州

「気が散る、イライラする、などの自分の内面から来る妨害もあります。あまりに重い前世からのカルマなどは守りだけでは祓えませんが、お守りは精神のエネルギーを高めて悪い心の作用を防ぐ光を発しています。」


結城豊明

「なるほど。中と外、両面から守ってくれるのですね。」

「神社によってお守りのジャンル数に差があるのはどう考えればよいのですか?

 

小林大州

「お守りの種類が少ない神社は、一つのお守りで多くの範囲をカバーしています。

「例えば、伊勢神宮では【御守】という名のお守りは一つで「開運」「人間関係」「健康長寿」など広範囲な方面をカバーしています。神社によっては、【開運守り】【縁結び】【健康】【病気回復】などの防護エネルギーを分けて入れてそれぞれのお守りを作ってあります。分けてある神社であれば、それらを全て買うことで、魂の守りに穴が開かず万全の守りができます。」

 

結城豊明

「破魔矢などもですか?

小林大州

「破魔矢や熊手などの大型のものは、好みで買っても良いのですが必須というわけではありません。小型の袋型のもので、願いのジャンル名が付いているものはダブらずに一つずつ全種類揃えるべきです。」

 

結城豊明

「全種類のお守りを買うということは、今特に困っていない分野のものも買うべきということですね? 例えば、特にもう学校もとっくに卒業して、年齢も50代、60代になり、研究や学問とは関係のない仕事をしている人でも、【学業】のお守りを買うべきなのですか? 」

 

小林大州

「そうです。絶対買うべきです。」

結城豊明

「それはなぜですか?


小林大州

「その理由は・・・・」



話の途中ではありますが、続きはまた次回に!


livedoor 天気
最新コメント