2010年04月13日

有明水素ステーションが次世代ステーションとなって運営再開について


今日は有明水素ステーションが次世代ステーションとなって運営再開について真剣に考えてみようと思います。今まで耳にすることが多かったのですが、仕事の忙しさもありいつも聞かないフリをしてました。「今日こそは!」そんな意気込みでがんばってみます!

内容:

昭和シェル石油と岩谷産業は、JHFC有明水素ステーションの移転を完了し、4月12日から移転先で水素ステーションの運営を再開した。



移転後のステーションでは、電気自動車用の急速充電器を設置し「充電サービス」を提供するほか、純水素型の家庭用燃料電池(1kW級)を設置し、事務所棟の電気や給湯をまかなうなど、次世代ステーションをイメージした新たな取り組みも実施する。



同ステーションは3月末に東京都とのステーション用地使用契約期間が満了し、移転した。



今後、経済産業省・資源エネルギー庁、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構の主導による水素供給実証試験を継続して実施し、安全、効率的な水素ステーション運営に関するデータやノウハウの取得、蓄積を行う。将来、商用水素インフラの展開、次世代サービスステーションのあり方も検討していく。



《レスポンス 編集部》




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000002-rps-bus_all

Yahooニュースより


new2oo at 08:55 
記事検索
テスト中
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ