07/08(3年目)〜FMプレイ日記〜

2006年09月11日

Astonvilla March April May 07/08

残すはプレミアリーグのみ。
だらだらいきます。

以下、結果を雑に書きます。
<プレミアシップ>
vsPortsmouth(Away)
○2−1 カルストローム1 Kapo1

vsWBA(Home)
△0−0
痛い痛いドロー

vsManCity(Away)
●0−1

3位を諦め目標を4位確保に変更・・・・。

vsBirmingham(Home)
○3−0 Arshavin1 Alex1(PK) Kallstrom1
ダービーはきっちり勝利♪

vsArsenal
●1−2 Baros1
Henri、ズラタンの怪物コンビにやられる。
後半はペースを掴むも、得点にはいたらず。
90分にBarosが意地のゴールをあげるも時既に遅し。

vsCharlton(Homr)
○4−0 Arouca2 Baros1 Beausejour1
前半攻めあぐねるも後半に4得点。
また、この試合でAroucaが3−4ヶ月の負傷を負う。

vsBlackburn(Away)
●1−2 Baros1
Barosの3試合連続弾も後半に逆転される。
また、5位のマンUが負けたため、4試合を残し、あと1勝で4位確定に。

vsChelsea(Away)
●0−3 ボロ負け

以下、4位確定したのでアシマネに任せる
vsBolton
●0−1

vsLiverpool
△1−1 カルストローム

vsNewcastle
○2−1 Zigic1 Kallstrom1

・UEFACupはAtMadridが制覇。

・リバプールがFACup制覇

・順位賞金約20億ゲット

・Aroucaが若手最優秀選手に選ばれる。
Arouca ’ひとまず、自分を普段支えてくれているみんなに感謝したい。これは僕、一人で勝ち取ったものでなく、周りの助けのおかげなんだ。特に監督のHendrikse監督には感謝したい。彼はいつも僕を支えてくれるんだ。この賞は彼やみんなに捧げるよ’

・KapoがFootball of the Yearを獲得!!

・Milanがスクデット獲得。

・ChampionsLeague決勝戦 Milan vs Liverpool
かつての名勝負の再現なるかと目されたこの試合。結果は87分にピルロのゴールでMilanが勝利。


<07/08シーズン総括>
08 final position






プレミアリーグ:4位
UEFA Cup:1stKnockRound敗退
FA Cup;3回戦敗退
CarlingCup:3回戦敗退


目標であったCL圏内でフィニッシュ!また、4強の牙城を崩すにいたり、結構満足です。
また、UEFACupも一応グループリーグ突破できたし。欲を言うとなにかタイトルが欲しかった。

シーズン開始時は3トップの布陣で安定しなかったが、
4−4−2、4−5−1(トップ下を置く)を使いだしてからは安定したパフォーマンスになった。
学んだ事が多いシーズンであった。

やはり、もう1つ上を目指すには失点をもっと抑えなければいけない。
失点の多さは首位アーセナルと一緒だが、彼らは93得点してる(*´д`*)
アンリとズラタン二人で65得点奪ってます。
てかズラタンは42得点で得点王Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
プレミア史上最多得点では??よく知りませんが。。
それと、確実に点が獲れるストライカー。From Nothingで点を奪えるストライカー。
来期はCLもあり、さらにリーグ戦でも困難を極めると予想される。
まずは右サイドを固めることが先決か。
あと、英国人も獲らないとなぁ。

<チーム得点ランク(カップ戦含む)>
1位 Baros 16(16)試合11得点
2位 Kapo 36(2)試合10得点
   Beausejour17(11)試合10得点
4位 Zigic 27(11)8得点
5位 Arouca 32(1)試合7得点
   Arshavin21(11)試合7得点
せめて一人は20得点してほしい。。。特にFW陣は・・・・。

<07/08選手短評>
GK
セーレンセン:ほぼ全試合に出場。今シーズンは何度も彼に救われた。
DF
Ferrari&スキラッチ:失点は多かったが、合格点の出来。

Barry:シーズン中盤からBoumaからSBの位置を奪う。安定した守備と高精度クロスでチャンスを演出。ビラの象徴。

Gretar Steisson:右SB。怪我なくやってくれたので、まあ良し。

MF
McCann:ビラのマケレレ的存在。今年もシーズン通し安定したパフォーマンスでチームを統率。

Arouca:今年から加入したブラジルの若き天才。中盤からゲームを組み立て、決定的なミドルも持つ。加入時から評価額が2倍に。アストンビラの心臓とは彼のこと。

Lionel Messi:FWど使えどMFで使えど、なかなか彼のクオリティーの高さを見ることは難しかった。時節見せるプレーにその片鱗を窺わせるものの、やはり若さ故か安定しなかった。Composure8が原因か。今後の成長に期待。ちなみに一番の高給取り。

Alex:後半戦はチームのレギュラーとして定着。特にFセットプレーで彼の左足は、相手にとって脅威となった。

Olivier Kapo:説明不要のクラッキー。’ビラの攻撃は彼がいる時といない時では別のチームのようだ’byベナブルズ       ・・・・・・www

KimKallstrom:シーズンを通し安定したパフォーマンスを見せた。しかし、Aroucaの台頭によりベンチを温める試合が続いた。

Arshavin:前半戦は3トップの一角で起用。後半戦は右サイドハーフとFWで起用。特に終盤ではFWとしての才能を開花させた。

FW
Milan Baros:終盤に彼らしさを取り戻すものの、やはりかつてのキレはない。また、怪我が多い。

Beausejour:FW陣唯一の平均レート7のFW。ゴールまでのプロセスはアドリアーノの彷彿とさせるも、決定力のなさは致命的。既にミドルズブラへの移籍が決まっている。

Farias:アルゼンチンのスピードスターもここ2年、輝きを失っている。今シーズンもチャンスは幾多とあったが、モノにすることができなかった。これが限界か・・・。移籍リスト入り。

Nikola Zigic:一番のガッカリ選手。ポストプレーや空中戦でチームに貢献するも肝心のゴールが奪えない選手。またヘディングからのシュートも下手くそ。来シーズンはパワープレー要員に。

<勝手に考察&学んだ事>
決定力について・・・・。
ファーストタッチやFinnishingや冷静さが必要なのは有名ですが、
個人的にDeterminationやDisicionsがかなり関係しているような気がしてならない。
ていってもこれが低いのに点獲ってるプレイヤーもいるんだよなぁ。
あと、強靭さが低いプレイヤーが活躍するのは難しいですね。。。。

当たり前ですが、やはり試合は相手のフォメや状況によって微調整すると勝率がグンッと上がるということ。要はめんどくさがってたらダメってことですね。
特に1トップ2列目に司令塔を二人とか配置するフォメには注意。(リバプールがそうでした)



new_amsterdams at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月09日

Astonvilla February 07/08

個人的に好きな月・・・・それはFebruary。。。
リーグ戦も好調でただいま4位。
さらに上に目指すのは難しそうなんで、最低現状維持で。

<プレミアシップ>
vsTottenham(Home)
ただいま低迷中のスパーズとの対戦。
低迷といえどキーン、デフォーの快速2トップには警戒せねば。
こちらはArshavinのストライカーとしての才覚を確かめるべく彼を2トップの一角に置く。
試合開始からビラのペース。
すると開始早々、一瞬のスキをつきKapoがArshavinにスルーパス。これを決め先制!1−0
前半終了間際、AroucaがJenasをドロップキック(嘘です。。。普通の蹴り)!
これで一発退場。゜(゚´Д`゚)゜。
しかしたまにカウンターを食らうも途中出場のMessiが追加点を挙げ勝利!
○2−0 Arshavin1 Kapo1
Arshavinがストライカーとしての才能を示したが、試合中の怪我により全治一ヶ月。。。。。

<UEFA Cup 1stKnockRound 1stLeg>
vsLens(Home)
怪我人が多いため、なかなか思うようなメンバーが揃わず。。
●0−1
まったく互角の展開もホームで痛い痛い黒星。。
アウェーで2−1で勝利する予定・・・いや、する!

<プレミアシップ>
vsLeeds(Away)
苦しい台所事情なときに嬉しい?リーズ戦。
○1−0 Bouma1
試合はBoumaのクロスがそのままゴールに入り、これが決勝点となった。
Beausejourはいつもながら1対1外しまくり。。強引に1対1まで持っていくパワーは素晴らしいんですが。。外してるうちの半分決めてくれれば年間20得点は硬いんだけどなあ。

・Milanのリザーブで干されているSahaが半額でセール中とのこと。もちろん狙いにいきます。

・ManU、ファーガソンを解雇。ついにですか。

<UEFA Cup1stKnockRound 2ndLeg>
vsLens(Away)
運命の一戦。。。。。
前半にBeausejourのゴールで先制するものの、
後半に2点入れられ万事急す・・・。
すいません、フランスリーグなめてましたorz
●1−2
UEFACUP敗退。

<プレミアシップ>
vsWestHam(Home)
○2−1 Messi1 Beausejour1
相手にシュート枠1本のうちの1本を決められるが辛うじて勝利^^;

<月末報告

祝!!2月の月間監督賞受賞ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノ
award of month 08



08 february






事実上は4位かな。3位もがんばれば狙えそう!


new_amsterdams at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月07日

Astonvilla December January 07/08

ただいま5位でしょっぱな首位のArsenalをホームに迎える。
ArsenalはなんといってもズラタンとHenriの怪物2トップ。
守備は結構ザルだったりする。しかし、抑えようがないなあの二人は(-_-;)
それと12月末はボスマンのシーズン♪しかし、今季は小物ばっかっぽい。

<プレミアシップ>
vsArsenal(Home)
相手はズラタンとReyesの2トップ。いずれも快速。。。
キックオフ
19分 Aroucaの素晴らしいスルーパスにぬけだしたZigicがGKと1対1でシュート!これを弾かれるがBarosが詰めて先制!!1−0
そこからArsenalの猛攻が続くがあと一歩寄せ付けず守りきる。
後半途中からMessiに変え守備能力が優れているCiurrizaとAlexを投入。
78分 カウンターからZigicがゴール前で倒される!蹴るのはAlex・・・・・ゴール!!ファーポストに突き刺す!!!!!!2−0
81分 中央でのパスミスからつながれLupoliにゴールを許す!1点差!2−1
そしてなんとかこれを守りきり勝利!!
首位相手に大きい勝ち点3をてにいれた!!!
○2−1 Baros1 Alex1
みんな素晴らしかったです。゜(゚´Д`゚)゜。CBのスキラッチとフェッラーリのコンビも最高!^−^

<プレミアシップ>
vsCharlton(Away)
相手のフォメが本当に純粋(古風?)な3−4−3でビックリ。
そして試合開始からかなりの打ち合いになるも点が入らず。
相手のミスから先制するも終盤90分に入れられ同点に・・・・。
△1−1 Beausejour1
枠内シュート12本放っておきながらの1得点。
あー誰か本当のエースストライカーが欲しい。Beausejourここにきて好調をアピール。
シュート外すけど・・・・。ゴール前までのプロセスはいつもながら素晴らしいです。

<UEFA Cup GrpLeague最終節>
vsPanasinaikos(Away)
え〜Hendrikse監督・・・・・実はギリシャ料理大好きなんです・・・・。
ってことでむしゃむしゃ( ´)Д(`)
すると試合は負けるようで・・・・。
●2−3
ひっくり返してはひっくり返される展開。まあ仕方ないかぁ。
負けたものの3位でグループリーグ突破。

そして、抽選の結果1stKnockRoundの相手は才能の宝庫はフランス、Lensです。
SecondeKnockRoundの抽選も続けてあり、
AtMadridとNewcastleの勝者との対戦。ビラ的にはNewcastleが勝ってくれたほうがいいかなぁ。

<プレミアシップ>
vsBlackburn(Home)
△2−2 Beausejour1 Kapo1
こちらは、シュート枠内12本で相手は3本(-_-;)

vsBolton(Away)
○3−1 Arouca1 Ferrari1 Beausejour1

vsNewcastle
●1−2
痛い痛い敗戦でした。。。。終了間際にオーウェンにスーパーゴール決められる。。。
あーーーーーーーきっちり決めるストライカーが欲しい!!!

vsSouthampton
○2−1 Kapo1 Alex1
こちらもシュート数21でこれ・・・。

1月になり市場解禁色々狙ってます(☆∀☆)キラリン

<プレミアシップ>
vsManUtd(Away)
●0−1
ールドトラフォードに取り込んでの一戦でしたが、
内容的には断然勝ってました。こちらは数あるチャンスを外し、相手はルーニーがワンチャンスを決める。。。。これが差ですかね。。。

<FA Cup>
vsBolton(Away)
●1−2 Alex1
完全に控えで挑んだ試合。AlexのFKからの得点のみ。
しかし、AlexのFKは精度抜群。これで残すはUEFA Cupとリーグ戦のみ!!

<プレミアシップ>
vsMiddlesbrough(Away)
○3−2 Zigic1 Farias1 Baros1
手違いでBolton戦と同じメンバー・・・つまり控え組で挑んでしまったこの一戦。
前半から攻められまくるもののセーレンセンのスーパーセーブ連発と、
Zigic、Fariasがカウンターからワンチャンスをものにし2得点。
しかし、後半に2点返されるがBarosが追加点を挙げ勝負あり。
久々にFWが仕事してくれました(≧∇≦)b

vFulham(Home)
△2−2 Kapo1 Ciurizza1
シュート数2の相手に二点入れられ、18本のビラと同点・・・・・。
あと2歳若ければマウス破壊してました。ヽ(`Д´)ノ

vsEverton(Away)
○2−1 Arshavin2
Arshavinにストライカーの才覚を見た。
他のFWより断然決定力あるかも!

<放出>
Turaci Onder 360M →WBA
06−07シーズンにフェネルバフチェより160Mで移籍 ビラでの通算成績 06−07 24試合出場 6,92
  07−08 7試合出場 6,86
自分が思ってた割によく使いました。センターバックも右サイドバックも、無難にこなしてくれるので(ポカは多いですが)結構、重宝してたんですが、売れる時に売っておこうってことで売ってしまいました。

<月末報告>
結局、誰も獲得せず・・・・。
かなり良い右サイドのブラジル人がいたんですが、移籍金が足らず断念。。。。
来シーズン獲るぞー。
早いものでもう08年かぁ。
結構良い感じできてます。このまま行けばCLに出れそう・・・・。予断は許されない状況ですが。
08 january






ArshavinのFWの才覚に夢をみつつ・・・・・・



new_amsterdams at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Astonvilla November 07/08

早くも11月突入。ペース速いなぁ(-_-;)
チーム状態は、けっこう良い感じ。
ManCity戦で使用した4−4−2のフラットが一番フィットしてる感じ。
正直、いままで(アストンビラ以前でのチーム)フラットばっか使ってたんで、
違う戦術を使いたかったですが、結局フラットに落ち着くのかなぁ。
あと、超期待だったマラドーナ2世ことメッシがなかなか活躍できないのが心配。
昨シーズン、ローマでもレートが約6,50だったんで、FMでは活躍できないのかな・・・・(;´Д`)
といって使わないわけにもいかないし。ちなみに現在のメッシのAvRateは6,71です。

<UEFA Cupグループリーグ>
vsBesiktas(Away)
アウェーの地イスタンブールへ乗り込んでの試合。
実はHendrikse監督は大のTurkishFood好き。。。。オランダ風にケバブにマヨネーズつけて食べるの、たまりません(´ρ`)いっぱい食うどー
とほぼ1軍の布陣で挑み、Barosのゴールで先制するものの逆転され敗戦。。
●1−2 Baros1

<プレミアシップ>
vsBirmingham(Away)
ダービーマッチ。
前半からゲームを支配するものの中々得点を奪えない。
時節、カウンターを食らうもののセーレンセン中心になんとか守りきる。
53分 McCannがPA内で倒されPK獲得!これをKapoが落ち着いて決め先制!1−0
69分 FariasのクロスにBeausejourが飛び込み追加点!2−0
この後Kapoがもう1つPKを決め勝負あり。アウェーで大きい勝ち点3をゲットした。
○3−0 Kapo2(PK2) Beajour1

<プレミアシップ>
vsPortsmouth(Home)
○2−0 Kapo1 Beajour
攻めあぐねるも終盤に2点入れ勝ち点3をものにする。良い感じ♪
Beajourが2試合連続得点!

<プレミアシップ>
vsChelsea(Home)
ここ2試合完封と波にのるアストンビラ。ここでChelseaをビラパークに迎えての一戦。ちなみに監督はまだ、ジョゼさんです。チェルシーはワントップでHuthをボランチに据えるという布陣、、、、マケレれ放出したからね(((;-д- )
試合開始からもちろんチェルシーペースで試合が進む。
18分 バラックの強烈なミドルをSorensenが弾くが、これをランパードが詰めて先制される。
35分 OnderのドリブルをRobbenにカットされ、そのまま独走(-_-;)そして折り返しをカッサーノが決める。0−2
40分 CKから一度弾かれるがこれをAoucaが強烈なミドル!!これが決まり1点返す!1−2
この後、試合は完全にビラペースもなかなかゴールを上げることができない。
90分 KallstromがPA内で倒されPK!!これを決め土壇場で追いつく!2−2
そしてタイムアップ。チェルシー相手に堂々と渡り合え満足です。やっぱりOnderの右サイドは鬼門。。。。最低計3点は献上してます
△2−2 Aouca1 Barry1

<UEFA CUPGrpLeague>
vsPasching(Home)
相手は格下だけど一応、結構な布陣で挑む。ちなみにオーストリアのチーム。Hendrikse監督が住みたい国No2のとこです(トリビア)ちなみに1位はデンマーク・・・・って誰も聞いてない?w
○3−0
無難に勝利。これで次の試合、最低引き分け以上でグループリーグ突破に。

<プレミアシップ>
vsLiverpool(Away)
●1−2 Arouca1
こちらはシュート18打たれ枠内13本だったんですがSorensenがスーパーセーブ連発。こちらも5本枠内あったんですが。。相手にバイタルエリア内でもたれることが多く、それを戦術的にもゲーム中解消できず・・・・やっぱまだまだ未熟です。

<月末報告>
監督賞3位。Aroucaのゴールが月間1位に^^
来月もこの調子でお願いします!!
07 november



new_amsterdams at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月06日

Astonvilla September October 07/08

<プレミアシップ>
vsEverton(Home)
○2−0 かなり苦戦した試合^^;
枠内シュート数は同数だったんですが、こっちのほうが決定力あったようです。
特に前半は押されたんですが、セーレンセンを中心に凌ぐ。
そして後半にZigic、Barosがそれぞれ一点ずづ入れ勝利。

<UEFA CUP 1stラウンド1stLeg>
vsWisla Plock(Away) マルタのチーム
△1−1
全員控え選手で挑むが引き分け。まあこんなもんでしょう。

<プレミアシップ>
vsTettenham(Away)
●0−2
相手退場するも2点入れられる。
こちらも得点力のなさに泣く。

vsMiddlousbrough(Home)
22分 メッシが中盤から技ありミドルを決め先制!!
56分 Zigicが追加点
○2−0 Messi1 Zigic

vsLeeds(Home)
昇格組みLeedsと対戦。
意外に押し込まれる展開。セーレンセンのナイスセーブで凌ぐ。
そして相手のGKのふんばりもあり後半までスコアレスな展開。
このままタイムアップかと思った、
87分 CKからスキラッチが値千金のヘッド!これが見事に決まり待望の先制点!1−0
90分 Zannetiが駄目押しミドル!2−0
○2−0 スキラッチ1 Zanneti1

<UEFA CUP 1stラウンド2ndLeg>
vsWisla Plock(Home)
○2−0 これでグループステージ進出決定!!

・UEFA CUPのグループステージの組み合わせ決まる。
同組にBetis、Panasinaikos、Besiktas、Pascing。
どれも粒ぞろいなチーム。やはりBetisが有利か。死のグループかな?
3位目指してがんばります。

<プレミアシップ>
vsWestham(Away)
前半早々2点入れられる。どちらも仕方ない・・・・。
後半から3トップで挑む。
すると57分CKからカルストロームがヘッドで追撃の狼煙を上げる!
64分Kapoのミドルが決まり同点!
しかし、この後両者チャンスを作るも結局ドロー。
△2−2 カルストロム1 Kapo1
Zigicが3戦連続不発。1トップにBarosも考え中。FWの決定力がなあ。

<UEFA Cup グループリーグ第一戦>
vsBetis(Home)
Betis戦をHomeで戦えるのはでかい。
ほぼベストの布陣で勝ち点3を狙いにいく。
序盤からビラのペース。
33分 Barosが先制点をあげる!1−0
71分 ホアキンがKapoをPA内で押しPKゲット。これをBarosが決め勝負を決める。
○2−0 Baros2(1PK)

<プレミアリーグ>
vsWestBrom(Away)
●1−2 Farias
序盤から一方的に攻められ、Sorensenのスーパーセーブ連発で耐えていたが、
Kamaraに2発個人技でやられ万事休す。
終盤盛り返すも追いつけず。

<カーリングカップ3回戦>
vsチェルシー(Home)
3回戦でいきなりチェルシー・・・・Allサブで挑んだ試合、なんと先制!するもひっくり返される。
まあ仕方ない。
●1−3 Arshavin1

<プレミアリーグ>
vsManCity(Home)
ここは確実に勝っておきたいところ。この試合、新しいフォーメーションを試す。(フラットの4−4−2)
48分 FerrariのクリアボールをMcCann、メッシと繋ぎZigicが一人交わして流し込み先制!1−0
51分 Makeleleにパスカットされ素晴らしいスルーパスを通される。これをVasselに決められる。1−1
61分 メッシのシュートがMakeleleに当りZigicの前へ、これを流し込み逆転!2−1
この後、ひやひやなシーンがあるもSorensenが守りきりなんとか勝利!
○2−1 Zigic2

<月末報告>
決して、悪くない数字なはず。ただ、WestBrom戦を落としたのが大きい。。。
今シーズンは大混戦の予感・・・・・。
07 october



new_amsterdams at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月05日

Astonvilla August 07/08

<プレミアシップ オッズ発表>
1番人気はチェルシーの6−4そしてリバプール、マンU、アーセナルと続き、
トッテナムが40−1・・・・そして我がヴィラが40−1Σ(・Д・ノ)ノ
これは戦力値は十分ってことですよね。。。。
絶対トップ4・・・・いや、優勝だ!

<UEFA Cup2回戦 1stLeg>
vsInter(Z) Away
どうやらクロアチアのInterらしい^^;
○2−1

<プレミアシップ開幕戦>
vsSouthampton(Away)
開幕戦、スタメンは慎重に1トップにBaros。そしてトップ下にKapo。中盤にはMcCann、Kallstrom、Arouca、Ciurrlizaと比較的守備的な布陣で挑む。
キックオフ
前半からカウンターからチャンスを作るものの決めきれない。
38分 一番心配してたことが起こる。。右SBのSteiisonがゴール前の相手にかなり絶妙なスルーパス(-_-;)これを決められ先制される(# ゚Д゚) ムッカー  0−1
Kallstromを一枚上げ攻撃を試みるがことごとく弾かれ、得点には至らない。
57分にZigicをカルストロムに変え投入。
70分にメッシ、78分にArshavinを投入し3トップで勝負をかける。押せ押せだったので得点の問題だと思われた。
84分 相手CKのこぼれ玉を拾いAroucaがかけ上がる。前線にはFWが二人。相手DFラインはそれに合わせ背走。そして、Aroucaが我慢ならんとばかりに30メートルの位置から強烈なバナナシュート!!これが直接決まり待望の同点弾!!1−1
89分 GKからのフィードがZigicがDFラインの裏へ落としメッシがこれを受け、すかさずフリーのKapoへ。KapoがGKが出ているのを見計らいループ!!これが決まり逆転!!!!!2−1
そしてこのままホイッスル!劇的な逆転劇。やっぱりExtendで見た甲斐がありました。
終わってみればシュート20本。もっとゴール入れましょう。
○2−1 Arouca1 Kapo1

<プレミアシップ>
vsManUtd(Home)
●1−4
前半に4点入れられKapo退場で万事休す。
枠内シュート5本中4本入れる・・・これが上位チームの実力なんですかね。
やはり守備的に入ってもまったく意味ありませんでした。
いずれも右サイドからくずされてます。。。。右SBをOnderに変えるしかないかな。

<UEFACup2回戦2ndLeg>
vsInter(Z) Home
○5−0

<プレミアシップ>
vsFulham(Away)
△0−0
お互い決定力を欠く試合に。

<今季の陣容>
もう8月も終わりですが、ここで今季の陣容紹介。
attackers

 

 

 

粒ぞろいの攻撃陣。
07 formation

 

 

 

 

 

 

これをManUtdで使用したんですが、修正の余地ありありでした。
やっぱ基本は3トップになりそう。



new_amsterdams at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Astonvilla June July 07/08

・各欧州カップへの出場権の発表が行われた。よくわからないが、UEFA CUPの1回戦からの参加資格が与えられたようだ。おそらくフェアプレー賞?

・世界クラブランキング発表。1位上げて101位。微妙。

<補強ポイント>
・優秀なDF(主にCB)の獲得
・優秀なボランチ(バランサー)の獲得
・お買い得選手の獲得
・あわよくば優秀なGK

・移籍金発表2,6BΣ(・Д・ノ)ノ
そして理事会は立派な順位を期待。

<今季の目標>
早速ですが今季の目標
FACup、CarlingCupいずれか制覇
▲廛譽潺▲轡奪廝完粍米
UEFA CUP決勝トーナメント進出
昨シーズンの成績からすれば、かなり背伸びした目標ですが、戦力的に可能だと思うので。

<放出Out>
Angel →Bochum 400M お疲れ様でした。ご活躍を陰ながらお祈りしています。
Jesuli →YoungBoys 260M 安いなぁ〜

<獲得In(7月時点)>
Alex(29) ボスマン ブラジル代表47キャップを誇る攻撃的なMFの選手。中央と左ができます。Kapoの控えになるだろう・・・。

Nikola Zigic(26) ボスマン セルビアの巨人。202cmの長身ながら足元も意外に柔らかい。今季はゴール量産期待してまっせ!!!
zigic

 

Zigic「アストンビラに入団できてとても光栄だよ。とても野心的なクラブと聞いている。このプレミアリーグでゴールを量産する自信はあるよ。20ゴール獲りたいね。」

Arouca(20) 850M ブラジルの若き天才!?中盤でボールを操り守備もできる選手。スカウトがエクセレント!と紹介してきたので獲得。かなり期待の選手。
arouca



Bodou Kere(25) 110M 使う気はなし・・・・。安くてパラがよかったんで売る予定。早速、評価額が400Mに。

<UEFA Cup 1回戦>
vsBirkirkara(Away)(マルタのチーム) 1stLeg
○3−1 練習試合みたいな感じでした。

<スター獲得>
Lionel Messi(20) フリー 
まさか獲れるとは夢にも思いませんでした(^^;所属のローマと契約切れるまでもめてたようで、他のクラブも何故か興味を示さず、週給16Mを提示されたんですがだめもとで10Mでオファーしたんですが、妥協してくれました。いやぁ〜ほんとに獲れるとは思わなかった。。。。
messi


 

メッシの加入を受け、Kapoがインタビューで声明を発表。
Kapo「本当に彼とプレーできるなんて夢のようだよ。そのニュースを聴いた時、実は来期のミーティングに参加してたんだ。本当に信じられなかったよ。いま俺の頭の中は彼とピッチでプレーする事でいっぱいなんだ。一日でも早く一緒にプレイしたいね。」

Messi「実は昨日までサインするか迷ってたんだけど、Fariasや以前ビラに所属した人にビラの事を聞いたら良い言葉しか返ってこなかったんだ。また、Kapoがとても歓迎してくれてるようだけど、僕も彼のような優れたプレイヤーとプレーするのがとても楽しみだよ。とにかく、今季は全てのタイトルに挑戦したいね。」

とまあ勝手に妄想しましたが・・・・。前線が完全に飽和状態。
BigClubより戦力揃ってるかも^^;本当に使いどころ悩みます。

<UEFA CUP 1回戦>2ND Leg
vsBirkirkara(Home)
○8−0
攻撃陣が爆発。Zigic、Alexが自身初ゴールなどなど。。。。

・Sebastien Squillati(26) 1,6B フランス代表のセンターバック。なんか値段張ったなぁ。。それでもまだ800M残ってます。。。

<Friendly>
vsSampdoria(Away)
○2−1 Zigic1 Arshavin1
最終調整。いずれもDFラインを修正。スキラッチとメッシはいまだ本調子から程遠い。

 



new_amsterdams at 03:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!