09/10 5年目〜FMプレイ日記〜

2006年10月04日

Astonvilla end of story.....

・1月1日、Englandサッカーファンにとって突然のニュースが舞い込んだ。
’Hendrikse監督、理事会に辞任を申し出る。’

・1月3日 理事会はHendrikse監督の辞任を正式に発表。

てことで、なかなかFMをするモチベーションが上がらず辞任しました。
2010年でW杯イヤーということもあり、どっかの国を指揮したかったんですが、
それも叶わず。
また、レンヌやシャルケとかから速攻オファーがあったんですが、あまり魅力的じゃなかったんで断りました。
今後の予定は未定。
どっかの2部から、最新パッチ当ててやろうかなぁとも思ってます。

<通算成績>
Ryoan Hendrikse
監督就任期間 1658日 Astonvilla
監督賞受賞回数 9回
監督通算 234戦111勝55敗68引 400得点259失点
獲得タイトル:UEFA ChampionsLeague、Super Cup、ToyotaCup準優勝

<後述>
はじめてのBlog&プレイ日記挑戦でしたが、プレイ日記をつけることによって、
色々な発見があったり、FMをいままで以上に楽しむ事ができました。
中途半端な形で終わりを迎える事になりましたが、いままで読んでくださった方どうもありがとうございました。
また、FM日記をどこか別のチームで再開するかもしれません。しないかもしれません。
未定です。
Blogは、何かネタがある時には定期的に書いていく予定ですので、これからもよろしくお願いします。

Yuki Hendrikse



new_amsterdams at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月29日

Astonvilla December 09/10

只今、リーグ戦は暫定で2位。
かなり勝ってる気がするけど、やっぱりプレミアを制覇するのは一苦労必要な感じ。
また、Routlegeが1,3Bの移籍で話がまとまったので、右サイドハーフをお得意のブラジルより輸入予定。(・∀・)ニヤニヤ

<ChampionsLeagueGrpB 最終節>
vsValensia(Away)
●0−2
守備陣が控え組みだったため、安定感がなかった。
まあ勝ち抜けを決めていたので問題なし。
そして、1位でグループステージを突破した。

・ChampionsLeague1stKnockRoundの対戦相手がフェイエノールトに決定。
ん〜〜〜〜〜〜CLは、なぜかクジ運いいなあ(*´д`*)

<トヨタカップ semiFinal>
vsChivas
えっと。。。。。
予定に12月1日〜12月13日まで試合日程が空いてたので、1週間’Go on Holiday’して歯医者に向かったんですが、帰ってきてみてみるとトヨタカップ勝手に開催されてるし(゚Д゚ )アラヤダ!!
ってことでヴィラにとっての1戦目のChivasはアシマネが指揮してくれましたとさ。
○5−0 Vucinic2 カルストローム1 Kapo1 Huntelaar1

・RealMadridの監督が解任されたことを受け、Hendrikse監督が最有力候補と目される、コメントを求められたが’興味なし’とこの噂を一蹴した。

・一身上の都合により準決勝を指揮できず、遅れてチームに合流したHendrikse監督。母国日本への5年ぶりの帰国となり、少し日本でも話題になる。

------明日はブラジルの名門サンパウロとの対戦が控えてますが?
Hendrikse「そうだね。私が不在の間もチームが一丸となり、Chivasを下している。本当にチームの調子はいいよ。それと個人的にもサンパウロという南米の名門クラブとうちのクラブが対戦したら、どんなサッカーになるのか非常に楽しみだ。」
-----監督にとって5年振りの帰国となりますが?
Hendrikse「そうだね。自分の故郷であり、私のすべてにおける原点が日本だ。今は、初心に帰った気分だよ。昨日は、ひさびさに’すき家’に行って大好物だった、キムチ牛丼+おんたま+マヨネーズを食べたよ。いやーやっぱり日本の食べ物は最高だね」
-----・・・・・・・。ありがとうございました。

<トヨタカップ Final>
vsSao Paulo@横浜スタジアム
優勝賞金が100Mで、3日後にチェルシー戦が控えていることもあり、本気で挑むつもりはない。
しかし、ブラジルのサッカーがどんなものか非常に楽しみ。
開幕前の練習試合以来使っていなかった3バックの布陣で挑む。
2トップはFonsecaとRonaldo(!)。
Ronaldo今季公式戦初先発。
試合は前半からヴィラのペース。
しかし、シュートが枠に飛ぶものの未だ、正GKのロジェリオセーニの壁を破れずスコアレスで前半を終える。
後半もヴィラのペース。しかし、49分に一瞬のスキをつかれ失点。
そして、Vucinic、Routlege、Pedrettiを投入するも実らずこのままタイムアップ。
お祭りといえど、タイトル欲しかった・・・・と思いつつ、まあ仕方ないや。
Ronaldoが前半にハーフライン付近からDFを背負いながらゴール前まで迫りGKと1対1まで持っていってたのが、観てて嬉しかったですw
そして、唯一の枠内シュートを決められた。。。
●0−1

<プレミアシップ>
vsChelsea(Away)
調子が悪い時に迎えた首位攻防戦。
枠内シュート2本に抑えられるも、守備陣が踏ん張っていたが、72分にTevezにゴールを許し万事休す。
●0−1

vsBlackburn(Home)
△1−1 Huntelaar1
チームの雰囲気がかなり悪く、パフォーマンスも最悪。
特にFW陣とGKが悪すぎる。相手の倍以上のシュートを枠に飛ばすも得点できず。
悪い時のヴィラになってきた・・。

vsManCity(Home)
△2−2 Arouca1 Arshavin1
またまたホームで勝ち点を取りこぼす。。
不調のGK、Fabioに変えシュマイケルを先発で起用するも、相手にシュート2本中2本を決められる。(# ゚Д゚) ムッキー

vsFulham(Away)
●2−3
まさかの敗北。もう目も当てられない状態・・・・。
Villaというスペインの19歳の若造(あのVillaとは別人物でパラもそんなに高くない)にDF陣が翻弄され、ハットトリックを許す。
Huntelaarが1ヶ月の負傷Orz

vsBolton(Away)
○3−2 Kapo2 Vucinic
まさに、薄氷の勝利。
Kapoの1,5列目起用が大当たり。
とにかく勝利したということが大きい。

・Vucinicが1ヶ月Out。お前もかー(# ゚Д゚) ムッキー
てことでストライカーがFonsecaのみ(-_-;)Zigicも怪我中です。あ・・・・・踊る肉団子がいた(*´д`*)ハァハァ

<月末報告>
12月は悲惨でした(-_-;)
5位に転落。。

スクリーンショット獲り忘れました( ・∀・)



new_amsterdams at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Astonvilla September October November 09/10

絶好調で9月を迎える。この調子で狙えるタイトルは全部狙っていきたい。
そして、チームが好調になるにしたがってプレイ日記を書く意欲が↓w

すいません、手抜きでいきます・・・。
<ChampionsLeague GrpB>
vsSampdoria(Away)
○3−1 Arshavin2 Kallstrom1
試合は互角の展開だったが、決定力に差が出た試合だった。
フンテラールの負傷か41分に交代で入ったArshavinが2発でレギュラーに向け猛烈アピールをした。

<プレミアシップ>
vsManUtd(Home)
○2−0 Vucinic2

vsEverton(Away)
○2−0 Vucinic1 Huntelaar1
Kapoが1ヶ月の負傷(-_-;)

<ChamipionsLeague GrpB>
vsValencia(Home)
○4−0 Edilson1 Vucinic1 Huntelaar1 Fonseca1

<プレミアシップ>
vsBurnley(Home)
完全な控え組みで挑んだこの試合。
相手の選手がレッドカードで前半退場した事により、楽な試合となった。
○2−0

<ChampionsLeague GrpB>
vsMonaco(Home)
○3−0 Pedretti1 Huntelaar1 Fonseca1

<プレミアシップ>
vsLeeds(Home)
△1−1 Vucinic1
枠内シュート1本のうち1本をCKより決められ開幕以来カップ戦含め、
11連勝の記録がとまる。

<CarlingCup 3回戦>
vsCrystalPalace(Away)
○4−0 Arshavin1 Zigic3

<プレミアシップ>
vsWBA(Away)
●0−1
無敗記録もストップ

<ChamiponsLeagueGrpB>
vsMonaco(Away)
●1−2 Arshavin1

<プレミアシップ>
vsTottenham(Home)
○2−0 Huntelaar1 Arshavin1
失点が続く為、GKをFabioに変えリザーブで調整中であったシュマイケルを起用。
その起用に応え、無失点で抑える。

vsCrystalPalace(Away)
△1−1 Huntelaar1
シュマイケルがMOM

<ChamipionsLeagueGrpB>
vsSampdoria(Home)
○3−0
この勝利で1戦を残し、Grpリーグ突破が決定(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノ
そして、Canaがビラ初ゴールをあげた。

<プレミアシップ>
vsBirmingham(Home)
○4−0 Kapo1
 Huntelaar1 スキラッチ1 Diarra1
ミドル3本が決まる大味な試合でした。スキラッチのミドルが決まったのはビックリ^^;
Aroucaが1ヶ月の負傷。。。。

・GKのシュマイケルがFabioの活躍により控えにまわっていたが、一時調子を落としたFabioに変え起用すると意地のスーパーセーブ連発と安定したセービングでレギュラーの座を奪い返した。
そして、生え抜き選手BarryもBaines獲得以来バックアッパーに甘んじていたが、Bainesの負傷以来、起用すれば高パフォーマンスで応えレギュラーを奪い返した。チーム内のレギュラー争いは激しい。


・評価額600Mで3試合しか出ていないRoutlegeにEvertonが興味を持ってたので1,3Bでふっかけてみると、あっさり承諾キタ━━(゚∀゚)━━
この資金で、4−4−2時の右サイドハーフを獲得せねば。

<CarlingCup4回戦>
vsBlackBurn(Away)
どうも、この大会はクジ運がいつも悪い。
どうでもいいので全員控え&リザーブで挑む。
ベンチにはちゃっかり怪我から復帰した、Ronaldoが。
試合は前半からBlackburnのマッカーシー(いつもこいつにやられる)に、
ミドルを2発決められ体勢は決まってしまう。
後半からTV中継されていることもあり、
Ronaldoを投入。おそらく1年ぶりの公式戦。
といってもさほど効果はなく結局3−0で完敗。
Ronaldoを出場させることができるのがカップ戦くらいなので、
勝ちたかったが仕方ない。
●0−3
ロナウド引退まで、あと2ヶ月。。。。
どうにか公式戦1ゴールは決めさせたい。
この試合、45分間出場、パス10本中9本成功うち1本キーパス。と出来は上々でした。

<プレミアシップ>
vsSunderland(Away)
△2−2 Huntelaar2
相手のミスで2点先制するも、後半ロスタイム土壇場で追いつかれ痛いドロー。


<月末報告>
11月の月間最優秀選手にHuntelaarが選ばれたパチパチ
そして、監督賞3位でした。
09 november



new_amsterdams at 03:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月26日

Astonvilla August 09/10

・いよいよ五年目を迎え、集大成といきたい09/10シーズン開幕。

<09/10シーズン目標>
Stop the Chelsea!プレミアリーグ制覇
UEFAChampionsLeague連覇
当然、プレミア制覇がCLより優先事項です。
選手層も厚くなったし、戦力的にも充実してきたことだし、そろそろチェルシーを止めたい。
また、FACupかカーリング杯のどっちかも狙えたら狙っていきたいなぁ。

<選手獲得>
Leighton Baines(24) D/WBL 2B 今夏最後の補強になるであろう選手。Wiganのユース育ちのイングランド人。既にイングランド代表3キャップを刻み、Aコールの位置を奪うであろうと言われている選手。昨季にフルハムでその才能を開花させ、シーズンを通し7,46という高レートを記録。Barryと左SBの位置を争う事になる。
baines






<放出>
Ferrari 330M →サンダーランド


これにて無事、一応の移籍は完了♪かなり良い補強ができました。

・プレミアリーグ開幕

<プレミアシップ 開幕戦>
vsBolton(Home)
いよいよ迎えた開幕戦。
4−4−2でフンテラールとブチニッチの2トップ、そして、中盤の右にArouca、
中央にCanaとPedrettiという布陣。
試合開始から、波にのれずボルトンペースが続くが、Fabioのスーパーセーブ連発によりなんとか凌ぐ。やはりペドレッティが守備に参加しないので不安定。
前半31分にペドレッティとArshavinを交代し、Aroucaを中央に戻す。
すると、流れはじょじょにヴィラへ。
前半ロスタイム、高い位置で相手のパスミスをカットしたVuvinicが独走し、そのままゴールを決める!!1−0
54分 Vucinicが放ったシュートがDFにあたり、それを拾ったフンテラールがシュート!これが決まり追加点。2−0
60分 コーナーキックのクリアボールをエリア外からVucinicがミドルで突き刺し勝負あり。3−0
この後もPKからKapoがゴールをあげ結局4−0の快勝。
○4−0 フンテラール1 Vucinic2 Kapo1(PK)
Pedrettiますます使いにくい・・・・・。

vsArsenal(Away)
第二戦にして早速、アウェイでアーセナルとの試合。
今季優勝を目指すチーム同士の対決。得意の5バックの布陣で臨む。
試合開始
開始早々、7分に1トップのフンテラールが削られ軽症マーク点灯・・・・仕方ないのでVucinic投入。
アーセナルの猛攻が続くがFabioのスーパーセーブ連発でなんとかくいとめる。
27分 次はKapoが削られ重傷マーク。。。。Kallstromを投入する。
45分 カウンターからBonaniがVucinicに素晴らしいスルーパスを通し、GKとの1対1をVucinicが決め先制!!1−0
46分 Walcotの突破からHenriにヘッドで同点弾を許す。1−1
66分 Vucinicがまたまた相手に削られ負傷(-_-;)キンキンことFonseca投入。
67分 変わって入ったキンキンがフリーキックをヘッドで合わせ追加点!!交代1分でキンキンキタ━━(゚∀゚)━━2−1
69分 相手スローインをAroucaが拾いパス!これがDFにあたり、こぼれ玉に反応したキンキン抜け出し、シュート!これが決まる!キンキン祭だワショーイ!3−1
そして、その後も猛攻をFabioを中心に凌ぎ快勝♪
○3−1 Vucinic1 Fonseca(キンキン)2
相手シュート数26本(うち枠内14本)を1点で抑えたFabioがレート10でMOMに輝く。
さすがメキシコ版ゴンだけあって、途中出場からでも貪欲にゴール狙ってくれます。

vsCharlton(Away)
3日後にスーパーカップを控える為、控え組み中心で挑む。
試合は31分に相手のOGで先制し、その後、2点を追加し快勝。
リーグ戦開幕から3連勝♪
○3−0 OG1 Arshavin1 Bonnani1

・ChampionsLeagueGrpLeagueの組み合わせが決定。ヴァレンシア、モナコ、サンプドリアのいるグループBに・・・・・てこりゃ死のグループだわ。。。。草刈場がない。。゜(゚´Д`゚)゜。

<SuperCup>
vsRealMadrid(N)
CLの覇者とUEFACupの覇者が激突するこの一戦・・・。
昨季、グループリーグでレアルと2度対戦し、1勝1分と相性は良い。
5バックのフンテラールの1トップの布陣で挑む。
キックオフ
お互い攻めてを欠き、前半をスコアレスで終える。
後半、Vucinic、Barry、Boumaを投入するも両GKの踏ん張りもあり、
延長戦に突入。
さすがに、お互いの選手のスタミナも60台になりプレーが雑になり始める。
むかえた94分、エメルソンのパスミスを奪った途中出場のVucinicが抜け出し、
GKとの1対1をきっちり決め値千金の先制点。
そして、これを守りきり、勝利!スーパーカップ制覇!
お互い枠内シュート4本と味気のない試合であった。
○1−0(E) Vucinic1
一応、一冠目です♪

<プレミアリーグ>
vsMiddlousbrough(Away)
苦手とするボロとの対戦。
ブチニッチの1トップに1,5列目にキンキンという布陣。
前半早々にVucinicが2点奪い、突き放すと、
前半終了間際にキンキンがヘッドで押し込み3点目。前半で試合を決定付けた。
枠内シュート6本放たれるもののFabioの好セーブもあり、このまま勝利♪
○3−0 Vucinic2 Fonseca1

有名選手獲得
移籍市場も閉まろうかという8月某日。
アストンビラ・・・・・いや、世界のサッカーファンに衝撃のニュースが走った。
   ・
   ・
   ・
Astonvilla、元ブラジル代表102キャップ59ゴールを誇る、伝説的ストライカーRonaldoの獲得を発表。
今年で32歳を迎えるRonaldoは’もうサッカーは飽きた’という名言を残し、
昨季ローンで所属していたヘタフェを後にし無所属であった。(5試合出場1ゴール)
そこへ、Astonvillaが選手兼コーチとして打診したところ、あっさりOKがでた為獲得に至った。
・・・・・ネタで獲得しましたが( ゚Д゚)ナニカ?
ronaldo





ronaldo coach

 

 

 


てか給料、週給300Kでっせw
2010年の1月13日に引退する事を既に発表しているので、
どうにかカップ戦などで使ってやりたい。
ちなみにリザーブ2戦出て、いまだゴールなしです。


<月末報告>
開幕以来、スーパーカップも含め5連勝♪うち失点が1点です。
やっぱGKの力は偉大だなぁ(-∧-;)ナムナム
Edilsonが8月の月間最優秀選手に、そして、Hendrikse監督が月間最優秀監督に選ばれた。ヽ(´ー`)ノワーイ
09 august


 

 



new_amsterdams at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月22日

Astonvilla June July 09/10

CL制覇して、一旦辞めて他のチームでやろうかなと思いつつ、やっぱり6月7月の移籍市場が楽しすぎるんで、続ける事にw
プレミアシップ制覇もまだなので・・・・。

・ヨーロッパ各カップ戦への出場資格が発表され、昨シーズンのプレミアリーグ6位で終わったアストンヴィラがHolderとしてCLに参戦できることに。アーセナルが繰り下げでUEFACupへΨ(`∀´)Ψケケケ

・ヨーロッパクラブランキング発表。ヴィラは、CL制覇により74位→34位に急上昇(*´д`*)首位はミラン。

<移籍金発表>
今シーズンの移籍金予算が3,65Bと発表された。CLを制覇したことを考えて、
ちょっと少ないような気もするけど、まあこんなもんか。
そして、理事会から今シーズンは、プレミアシップのタイトルに挑戦せよとの指令が(゚з゚)

・ドルトムントがUEFACUPに向けビラのAroucaの獲得を画策中との噂が・・・。これに対し、触るな( ゚Д゚)ヴォケ!! と返答。

・移籍交渉は、まずまずの出来で進む。

・チリ代表40キャップを刻む、CBのAlvarezと交渉がまとまるも労働許可が下りず・・・・。なんで??

<放出〜out〜>
Ridgewell →CrystalPalace 230M ユース育ちのCBでしたが、出場機会得るのは無理そうなんで放出。

Milan Baros →ManCity 700M 2年連続で二桁ゴールを逃し、エースとしての存在感を見せ付けるには至らず。新加入FWとの玉突き放出。1年目は幾度となくチームを救った彼ですが、もはやHendrikse監督に温情という二文字はありません。お疲れ様でした。そして、これからは手ごわい敵に。 4年間在籍90試合出場48ゴール。

Paule Shane →Burnley 310M 買取オプションで昨季からレンタル出してたんで、そのまま買い取られる形に。

Bodou Kere →Genk 160M
StephanAppiah →Lazio 750M ボスマンで獲得した瞬間放出。。。

Balci Serkan →Espanyol 1B 昨季に1,65Bで獲得した選手。大損でした。。。通産25試合出場6,76

<獲得〜in〜>
Aaron Lennon(22) AM RC ボスマン契約 俊足サイドアタッカーをボスマンで獲得。もっとパラあるはずなんだけどなあ。おそらくスーパーサブの位置をRoutlegeと争う事に。

Benoit Pedretti(28) DM ボスマン契約 毎年、リヨンからローンでたらい回しにされている選手。守備ができない&ボランチの位置でしか使えないので使いにくい選手ではある。彼と供に心中する戦術もいいなぁと思案中( ・∀・)アヒャ

Bruno(26) D/WBR ボスマン契約 勢いで取ってしまった選手。でも、かなり優秀です。でも、Edilsonとかなりキャラかぶってます。今シーズンはEdilsonとのレギュラー争いに。

Massimo Bonani(27) AM LC ボスマン契約 イタリア代表16キャップを誇るプレイヤー。週給10Mは伊達じゃない!というところを見せてください。昨シーズンのドルトムント優勝の立役者。長身を生かした突破とキープ力が売り。ジェラード系と思う。(タブン)

Mahamadou Diarra(28) DM フリートランスファー またまた勢いで獲ってしまった選手。。マリ代表34キャップ5ゴール。誰もオファー出さなかったみたいで獲れました。Canaの控えです。

Kikin Fonseca(29) AM R,ST ボスマン契約 メキシコ46キャップ25ゴールを誇る、メキシコの英雄。4年間過ごしたギリシャの地を離れ、長年の夢であったプレミアシップの舞台に参戦。メンタル系がかなり優れている面白いタイプのFWです。こういう選手がどこまで通用するかかなり見もの。ボスマンで1月当初は’週給10Mくれ’と譲らなかったんで、とりあえず放置してたら、どのチームも同じ事を考えてたらしく、結局5月に週給4,2Mで折れました。個人的な印象ではメキシコの特攻隊長ことメキシコのゴン中山です!ちなみに、彼のあだ名は’キンキン’ですノ(´д`*)
kikin







Mirko Vucinic(25) FC 1,72B 彼の獲得により、Barosの放出に踏み切った。9年間過ごしたレッチェで、とうとう不満の虫になり移籍リストに載った瞬間に獲得しました。彼の能力でこの値段は良い買い物でした。
mirko vucinic






Joseph Yobo(28) DF 440M ManUtdで干されていたので獲得。今シーズンは貴重なバックアッパーとして期待してまっせ(゚∀゚ )

Gabriel Heinze(31) DF 800M ベテランが欲しかったので獲得。やや高い買い物でした。しかし、彼が我がヴィラのDF陣に豊富な経験で’落ち着き’をもたらしてくれるであろうことは言うまでも無い。

Fabio(28) GK 1,87B いやーかなり高かったです。ブラジル代表5キャップ。実は、アーセナルを指揮していた時も使ったことあるんで、彼の良さは折り紙つきです♪


<練習試合>
vsAbingdonTown(Away)
○4−0 毎年恒例の行事ですw

vsVVV(Away)
○1−0

vsFC Utrecht(Away)
○3−0
我がホームタウン、ユトレヒトとの一戦でした。オランダツアーで新しい戦術の中盤を厚くした4−5−1を試す。守備面は良いのですが、攻撃が今ひとつ。。。

vsSigmaOlomouc
○2−0 たしかスイスのチームでした。やっぱり攻撃が今ひとつ。。。。

vsAlfreton
○7−0 控え選手用の練習試合。相手がイングランドアマチュアリーグとあってか攻撃陣が猛アピールな試合でした。

vsBenfica(Away)
○2−0 仕上げとして選んだ相手は、昨シーズン苦戦を強いられたBenfica。ここで、3バックの布陣をテストする。シュート20本を放つも2ゴールしか決められず。しかし、なんとここまで無失点できています。練習試合ですがw

<今季のフォーメーション&陣容>
実際、まだ決めてません。。。
昨季の4−4−2とCLを制した5−4−1。
そして、新しく作った3−2−2−1−2と4−5−1。
相手のフォメ&選手の調子とかによって変えることになりそうです。
戦術は多すぎて困ることはないので♪
3back astonvilla







 

 


これは、作ったばかりなんで、まだ実用性のほどは疑わしいもんです。

・プレミアの優勝オッズ発表。1位はもちろんチェルシーでアーセナル、マンUと続き、我がヴィラが堂々の4位!やったるでー

・キンキンの顔がゴンと似てたらおもしろいなーと淡い期待を抱きつつググってみると・・・・・
kinkin








どちらかというと馬系。ストライカーとして頼もしい限りです。



new_amsterdams at 03:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!