Hendrikse監督の飽くなき挑戦’目(05/06) Zaragoza編

2006年10月13日

Zaragoza 05/06 November December January

Zaragozaとのお別れの日が刻一刻と近づいてきてます。
1つでも順位を上げてお別れしたいところ。

<リーガエスパニョーラ>
vsLevante(Home)
試合開始からLevanteにペースを握られるも、なんとか引き分けに持ち込む。
△2−2 Dagoberto1 Aimar1

vsBarcelona(Away)
聖地カンプノウでの試合。
相手はSaviolaとEto'oの2トップにガウショ、Deco、Xavi、マルケスの中盤。そして、右SBにPuyol、左SBにザンブロッタ、CBにチュラムとオレゲール・・・・・。最強じゃね?ヽ(゚д゚)ノ
試合開始早々から素晴らしいパス回しからガウショに決められ先制される。
その後も押されまくるが、GKのネ申セーブ連発でなんとか凌ぐ。
すると40分、この日ボランチで初先発のCeladesが追い越す動きでボールを受け見事にネットに突き刺し、同点に追いつく!
この後も押されまくるもGKを中心に踏ん張る。。。。。
しかし、76分、変わって入ったエスケーロにヘッドでゴールを許し万事休す。
そんなに甘くはなかった。
●1−2 Celades1

vsRacing(Home)
○2−0 Ewerton1 Zapter1

vsGetafe(Home)
○3−1 Dagoberto2 D'Alessandro1
アレッサンドロの素晴らしいドリブル突破→ループ。
ホームでは強いサラゴサです。

・理事会が移籍金予算1,5Bの追加を発表。っておせぇーよ(-∀ー#)
この資金は次の監督さんのために残しておきましょう。
これって、やっぱり理事会から信頼されてないと予算を出してもらえないのかな?
だから初めのうちは小出しなのかもw

vsDeportivo(Away)
現在下位に沈むDeportivoとの試合。
試合は開始早々に先制点を許し、その後攻めるもゴールをこじあけることはできず惜敗。
●0−1

vsMallorca(Home)
○2−1 Dagoberto1 Zapter1

vsBetis(Away)
△1−1 DMilito1

前半戦、Atletic戦の1試合を残し現在7位。まあまあ良い出来だと思います。あと1試合残してますが、モチベーションも低いんで公約通り’辞任’することに。Zaragoza就任した時点である程度、名声貰える(?)みたいで既に名声は’National’です。

・Zaragozaの理事会はHendrikse監督の’辞任’の申し入れを受理。後任は現在未定との声明を発表した。現在7位と好調なZaragozaの突然の解任劇。Hendrikse監督と理事会との不仲が原因とのもっぱらの噂。後任にはMane,Del Bosque、Laudrupが有力とされている。

----------------------------------------------------------------------------------------------以下、無職。


・現在Managerがいないクラブは、フランクフルト(ドイツ1部)Udinese(伊1部)Rennes(仏1部)Heerenven(蘭1部)Freiburg(独2部)Lleida(スペイン2部)Fulham(英1部)。なので、とりあえずUdeneseにオファーwかなり戦力揃ってるんですが、現在セリエAで最下位です(゚Д゚ )
とりあえずプレミアは飽きたので、セリエかフランスが魅力的だなあ。

・Udeneseへのオファーは失敗に終わる。。。。その間に、Rennes、フランクフルト、Heerenvenの監督が決定。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

・スペイン2部のLleidaに試しにオファーしてみるも、こちらも失敗に終わる(((( ;゚д゚)))アワワワワスペイン2部ですら無理ってことは・・・・・・。Orz
甘く見すぎてましたOrz

・無職のまま新年を迎える事に。

・現在、Coca-Cola Championship14位のNorwichからオファーが・・・・。うーん・・・・プレミアはもう飽きたからな・・・・・。決断の1週間延期を申し出る。

・2週間返事をしぶった挙句、結局、Norwichに就任する事に。

Norwich編へ続く



new_amsterdams at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Zaragoza 05/06 November December January

Zaragozaとのお別れの日が刻一刻と近づいてきてます。
1つでも順位を上げてお別れしたいところ。

<リーガエスパニョーラ>
vsLevante(Home)
試合開始からLevanteにペースを握られるも、なんとか引き分けに持ち込む。
△2−2 Dagoberto1 Aimar1

vsBarcelona(Away)
聖地カンプノウでの試合。
相手はSaviolaとEto'oの2トップにガウショ、Deco、Xavi、マルケスの中盤。そして、右SBにPuyol、左SBにザンブロッタ、CBにチュラムとオレゲール・・・・・。最強じゃね?ヽ(゚д゚)ノ
試合開始早々から素晴らしいパス回しからガウショに決められ先制される。
その後も押されまくるが、GKのネ申セーブ連発でなんとか凌ぐ。
すると40分、この日ボランチで初先発のCeladesが追い越す動きでボールを受け見事にネットに突き刺し、同点に追いつく!
この後も押されまくるもGKを中心に踏ん張る。。。。。
しかし、76分、変わって入ったエスケーロにヘッドでゴールを許し万事休す。
そんなに甘くはなかった。
●1−2 Celades1

vsRacing(Home)
○2−0 Ewerton1 Zapter1

vsGetafe(Home)
○3−1 Dagoberto2 D'Alessandro1
アレッサンドロの素晴らしいドリブル突破→ループ。
ホームでは強いサラゴサです。

・理事会が移籍金予算1,5Bの追加を発表。っておせぇーよ(-∀ー#)
この資金は次の監督さんのために残しておきましょう。
これって、やっぱり理事会から信頼されてないと予算を出してもらえないのかな?
だから初めのうちは小出しなのかもw

vsDeportivo(Away)
現在下位に沈むDeportivoとの試合。
試合は開始早々に先制点を許し、その後攻めるもゴールをこじあけることはできず惜敗。
●0−1

vsMallorca(Home)
○2−1 Dagoberto1 Zapter1

vsBetis(Away)
△1−1 DMilito1

前半戦、Atletic戦の1試合を残し現在7位。まあまあ良い出来だと思います。あと1試合残してますが、モチベーションも低いんで公約通り’辞任’することに。Zaragoza就任した時点である程度、名声貰える(?)みたいで既に名声は’National’です。

・Zaragozaの理事会はHendrikse監督の’辞任’の申し入れを受理。後任は現在未定との声明を発表した。現在7位と好調なZaragozaの突然の解任劇。Hendrikse監督と理事会との不仲が原因とのもっぱらの噂。後任にはMane,Del Bosque、Laudrupが有力とされている。

----------------------------------------------------------------------------------------------以下、無職。


・現在Managerがいないクラブは、フランクフルト(ドイツ1部)Udinese(伊1部)Rennes(仏1部)Heerenven(蘭1部)Freiburg(独2部)Lleida(スペイン2部)Fulham(英1部)。なので、とりあえずUdeneseにオファーwかなり戦力揃ってるんですが、現在セリエAで最下位です(゚Д゚ )
とりあえずプレミアは飽きたので、セリエかフランスが魅力的だなあ。

・Udeneseへのオファーは失敗に終わる。。。。その間に、Rennes、フランクフルト、Heerenvenの監督が決定。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

・スペイン2部のLleidaに試しにオファーしてみるも、こちらも失敗に終わる(((( ;゚д゚)))アワワワワスペイン2部ですら無理ってことは・・・・・・。Orz
甘く見すぎてましたOrz

・無職のまま新年を迎える事に。

・現在、Coca-Cola Championship14位のNorwichからオファーが・・・・。うーん・・・・プレミアはもう飽きたからな・・・・・。決断の1週間延期を申し出る。

・2週間返事をしぶった挙句、結局、Norwichに就任する事に。
詳細は次に。



new_amsterdams at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月12日

Zaragoza 05/06 September October

9月に入り、早速数名が代表の為一旦国を離れる。
アルゼンチン代表が4人もいるのね(;´Д`)
そして、新戦力のDagobertoが次節、国際試合の為参加不可。ドゥンガめ(-_-;)

<リーガエスパニョーラ>
vsEspanyol(Away)
Awayで強豪(?)が相手となり真価が問われる試合。
試合開始からEspanyolがデラペーニャを中心に攻めるが、7分に運良くPKをゲットし、
Aimarがこれを沈め先制に成功する。
しかし、この後、デラペーニャにミドルを許し同点とされると、さらにパンディアーニにも得点を許し逆転される。とどめは相手のカウンターからPA内で相手を倒しGミリートが退場+PK決められる。
惨敗でした。。。攻撃陣はまったく機能せず、守備陣も崩壊。特にサイドから崩される場面が目立った。戦術を再考せねば。
●1−3 Aimar1(PK)

vsRecreativo(Home)
今シーズン初のホームゲーム。国際試合から帰国したばかりのDagobertoを先発で起用。試合開始からゴール前まではいくものの決め手に欠き得点できず前半が終了。
後半に入りDミリートを投入も実らずスコアレスドロー。。。まじでやばくなってきた。
△0−0

ここ3戦で2敗1分・・・・・しかも昇格組と2試合。中でも攻撃陣の得点力不足が深刻。やはりAimarとダレサンドロを同じ列で起用するのはバランス的に悪いのかも。全然機能してないし。
そこで、戦術を大幅に修正。ダレサンドロをAimarより1列下げ守備と繋ぎでも貢献してもらう事に。
また中盤を3人にすることでサイドの守備へのアプローチも早くなるはず。また、前線からのプレッシングもより頻繁にした。
zaragoza new 4-2-2-2

 

 

 

 

 

 

<リーガエスパニョーラ>
vsCelta(Home)
Dagobertoはコンディションが悪い為、ベンチスタート。代わりにD・
Militoではなく若手FWのSergioGarciaを先発で起用。
試合開始から、新しい戦術がなかなか機能している感じ。
そして迎えた37分、中盤の下がり目で受けたダレサンドロがEwertonがに素晴らしいパス。そして、EweronがDFを一人交わしクロス、これにGarciaが飛び込みヘッド!これが決まり先制!
47分 後半開始早々、それまで抑えていた右サイドからドリブル突破され、フリーでクロスを上げられる。これをBaianoにそのままシュートで同点においつかれるOrz 1−1
51分 右45度あたりからのFK。ダレサンドロがこれを蹴り、速いボールはAimarへ!これを素晴らしいワントラップでそのままシュート!これが決まり追加点!2−1
89分 相手DFのミスからダレサンドロ→途中出場のDagobertoが無人のゴールへねじ込み試合を決定付ける。そして、これがZaragozaでの初ゴール。
○3−1 SergioGarcia1 Aimar1 Dagoberto1
新しい戦術は、機能していたと言っていいだろう。ダレサンドロとAimarが縦の関係になることにより、お互いの持ち味を活かしきる事ができていた。また、課題のサイドの守備もボランチとSBが素早くはさみこみボールを奪うシーンが目立った。


vsOsasuna(Away)
昨シーズンは台風の目となったOsasunaをAwayの地で迎え撃つことになった。
試合開始から、チャンスを作るもなかなか得点に結びつけることができない。
29分 元、高原と大久保のライバルであるRomeoに先制点を許す。
この後もなかなかチャンスを作れず試合は終盤へ。ダレサンドロを下げ、Militoを入れ3トップの攻撃的な布陣に。
84分 相手DFのクリアミスを拾ったSergioGarciaがMilitoにパス!これを豪快に決めなんとか同点に追いつく!1−1
そしてこのままタイムアップ。
△1−1

vsVillareal(Home)
○3−1 Dagoberto2 Aimar1
Dagobertoが爆発!強豪Villarealをホームで沈め、大きい勝ち点3をゲットした。カウンターからDagobertoとEwertonが再三サイドを突破したのが印象的な試合だった。MOMは、いぶし銀の30歳ボランチのMovilla。彼の名を聞くとなぜかMobbyを思いだしますw

vsRealSociedad(Home)
○2−1 D'Alessandro1 Ewerton1
ダレサンドロの直接FKとEwertonのゴールでなんとか勝利。これで2連勝♪

<Copa del rey 3回戦>
vsUniversidad LP(Away)
相手は3部リーグ所属。全員控え組みで挑む。
試合は前半25分にまさかの先制を許すも、DMilitoが同点ゴールをあげる。しかし、それからなかなか相手ゴールを割れず、延長戦へ。ここでアイマールを投入。すると後半にAimarとDMilitoが供にゴールを上げなんとか勝利。
○e3−1 DiegoMilito2 Aimar1
この試合で正GKのSancezが1週間の負傷(~o~)次節のマドリー戦は控えGKで挑むことに(;´Д`)

<リーガエスパニョーラ>
vsRealMadrid(Away)
白い巨人ことレアルの本拠地サンチャゴベルナベウに乗り込んでの一戦。
試合は、戦前の予想通りレアルがペースを握るも、GKの踏ん張りもあり、なんとか凌ぐ。
逆にZaragozaはカウンターからEwertonとDagobrtoの快速2トップがチャンスを作るも、シュートの寸前でカンナバロにカットされるシーンが目立つ。
そして、迎えた後半79分、この日が今季初先発ながらこれまで好パフォーマンスを披露していた、GKのLuisGarciaがバックパスをトラップミスし、馬に奪われシュートが無人のゴールに吸い込まれる・・・。Orz
●0−1

<Copa del rey 4回戦>
vsAlaves(Away)
お次は2部リーグ2位につけるAlavezとの対戦。戦力的にGimnasticとかより全然強いぞ( - _ - )
試合は開始早々、リーガ顔負けの素晴らしいパス回しからRubenNavaroに先制される。
しかし、43分にCKから相手OGにより同点とする。
しかし、またまたRubenNavaroに追加点を許す。そして、またDiegoMilitoのゴールで追いつく。
すると、Alavezは4トップの陣形に(;´Д`)そして、カウンター狙いが功を奏し途中出場のAimarのパスに反応したSergioGarciaがゴールを上げ、なんとか勝利した。
○3−2 OG1 DiegoMilito1 SergioGarcia1

<リーガエスパニョーラ>
vsSevilla(Away)
●0−3
つええヽ(゚д゚)ノ
カヌーテに2得点される。粒が揃ってるチームでした。

<月末報告>
05 zaragoza november

 

 



new_amsterdams at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月07日

Zaragoza 05/06 July August

<Real Zaragoza、就任>
Zaragozaのチェアマンである、Alfonso Solansは空きポストであった監督のポストの後任が見つからない為、若手見習い監督であるHendrikse監督を暫定的に監督として認め、チームの指揮を任せる事を発表した。
経験の浅い監督の就任に関し、反発するサポーターの意図を酌んでか’暫定’の2文字を強調した会見であった。

Hendrikse監督「このような大役を任され、正直自分でも驚いている。やれる事から精一杯やっていきたい。」

<移籍金発表>
チェアマンから移籍予算は140Mとの御達しが。
ビラに比べてやっぱり少ないけど、駒は揃ってるんで半年間後、1位でも上の順位で終えて名声を確保したい。

戦力を確認したところ、核となりそうなのが、やはりD'Alessandro、Pablo Aimar、Milito兄弟、Ewerton。
ボランチに小粒がゾロゾロ。左SBのファンフランは使えそう( ・∀・)
CBがミリート以外カスなので一人優秀なCBを獲りたい。
それと最低、ストライカーをローンで獲得予定。
GKも補強したいが、資金がないので我慢。
ダレサンドロとアイマールが共に適正ポジがAMCですが、もちろん彼らは共存させます。

<発見>
新パッチの楽しみの一つ・・・・というか最大の楽しみであるW杯で活躍した選手や、日本人選手に修正が加わってないかチェックする・・・・・・。
えっと・・・・Languageを日本語でフィルターかけて・・・・・ふむふむ
俊輔変わんなあ
松井も普通だあ
稲本がガラタサライに!しかし、能力は変化なし。
ナカタコも変化なし。
大久保!フリー選手&能力めっちゃ下がってる。゜(゚´Д`゚)゜。
はぁ・・・・・・
Yoshikats・・・・・・Kawa・・・・・
ヨシカツ・・・・カワグチ・・・・・
キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
川口がW杯の活躍が認められ?作成されてますw
kawaguti





フィードが20なヨシカツキタ━━(゚∀゚)━━
かなり素敵♪
しかも、パルマが狙ってます(*´д`*)ハァハァ

大黒も作成されてます、しかもかなり快速選手に。しかし、早速トリノの移籍リストにw
ってことでローン契約のオファーを出しておきました。

あと、気づいたところでリベリーが活躍できそうな能力になってました。評価額2Bなり。

・とりあえず手当たり次第ローンオファー&不要な選手を他クラブに売り込みオファーを出す。

<放出〜Out〜>
Miguel 300M →G.Mirligi 若手GKですが数は足りてるので。
Carmelo 100M →Gimnastic

<獲得〜In~>
Stjepan Tomas(29) 60M SW,DC クロアチア代表37キャップの万能型DF。ガラタサライの移籍リストになっていたので、数クラブと競合の末、獲得。ミリートとかなり良いコンビになりそう♪
tomas

 


 

Yoshito Okubo(23) フリートランスファー FW 未所属だったのでオファーを出したらOKされた(*´д`*)ハァハァ 能力がかなり落ちてます。。移籍リスト入り
Okubo

 

 


Kewually Conteh(27) ローン DR パレルモよりローンで獲得。かなりフィジカル系の俊足SB。脳みそが筋肉でできています。集中力6は痛い(-_-;)

Masashi Oguro(25) ローン ST トリノよりローンで獲得。なかなか使えそうな能力♪ラオウも既にスペイン入り。
oguro

 

 

<親善試合>
vsLleida(N)
○2−0 Segundaのチーム。初戦なのでコンディション調整の意味合いが強く、アシマネに任せた。

vsGladbach(N)
●1−1(PK3−4)
どうやらトーナメントのようです。ドイツの一部所属のGladbachとの対戦。1トップにDミリート、トップ下にダレサンドロ、Aimar、Ewertonと並べ、DFラインを高く保つ戦術をとるが、機能したとは言い難い出来。

vsChivas(N)
●0−2
3位決定戦。Gladbach戦の翌日に試合だったので、全員控えで挑むも完敗。仕方ねえ。

vsMurcia(Away)
こちたもSegundaのムルシアとの対戦。EwertonをFWで起用し、4−2−2−2にするが、これも全く機能せず。チャンスすら作れず。
●0−1

vsPeralta(Away)
Segundaのチーム。前の試合と中盤の構成を変えて挑む。すると結構、良い感じでフィット。23本シュートを放ち13本を枠に飛ばす。得点差こそつかなかったが、戦術的に満足できる試合であった。これで開幕に向け準備ができた。
○2−1

vsReal Ovieda(Away)
△0−0
南米組が国際試合の為にごっそり抜けた為、控え組みで挑む。大黒の動きは秀逸ですが、決定力がOrz

<外国人枠>
そういえば外国人枠の存在をあまり意識していなかった(;´Д`)しかもクロアチアてEUじゃなかったのか(-_-;)ローン獲得のConteh、Oguro、Okuboは出れない事に。゜(゚´Д`゚)゜最悪。。。。OguroとContehはかなり構想内だったのに;;;;;;

・PrimeraDivisionの優勝予想オッズ発表。我がZaragozaは50−1で’優勝できる可能性は皆無’らしいです。監督がだいぶ評価落としてます。

<フォーメーション>
基本的に4−2−2−2になる。これが考えられる中で、ダレサンドロ、Aimar、Ewertonの攻撃力を活かせる陣形。控えの質がかなり劣るのが心配。1月の時点で6位以内だったら御の字かなぁ。
4-2-2-2 zaragoza



 

<主力選手紹介>
Cesar Sanchez(33) GK 経験に裏打ちされた守りでサラゴサゴールに鍵をかける。平均的な能力のGK。スペイン代表1試合経験あり。

Gabriel Milito(24) DC リーガ屈指のディフェンダー。空中戦以外はほぼ完璧なDF。サラゴサの象徴に。

Juanfran(29) DL スペイン代表11キャップを誇るベテラン快速DF。持ち前の俊足を活かした攻撃参加が持ち味。高性能クロスも完備。

PabloAimar(25) AMC 言わずと知れたアルゼンチン産ファンタジスタ。マラドーナ2世の異名はロマンに譲ったものの底知れぬポテンシャルを併せ持つ。

Andres D'Alessandro(24) AMC 足裏の技術は超一級品。アイマールとのファンタジスタの競演で観衆を沸かせてほしい。

Ewerton(24) AMRLC FC とにかく速い。カウンターから彼が一人でぶっちぎる。

Diego Milito(26) FC Genoaからレンタル中のFW。今季は前半戦で10得点期待。一応、うちのエースです。

<リーガエスパニョーラ開幕戦>
vsGimnastic(Away)
リーガ開幕戦。Awayながらも話題のダレサンドロ、アイマールのWファンタジスタの宣伝も手伝ってか、多くのZaragozaサポーターがアウェイの地に駆けつけた。
やはり戦力的にも相手が格下。
試合開始から戦前の予想通り、Zaragozaがペースを握るがなかなか決定的な場面を作れず、前半が終了する。
後半57分に相手DFのトラップミスをカットしたEwertonが独走しGKとの1対1をループで決め先制!
67分にPKを獲得し、キッカーはAimar・・・・・しかしGK正面に蹴ってしまい追加点を奪えず。
すると流れは、Gimnasticへ・・・・。後半71分、ゴールキックから左サイドを突破され、クロスにMokoena(FM2005ではお世話になりました!)にヘッドで決められ同点に追いつかれる。
そして、このままタイムアップ。
流れの中からチャンスを作れず。勝ち点3をとりこぼす。Aimarが決めていれば・・・。
△1−1 Ewerton1

・リザーブのベテランGK、Raul ValbuenaをGAKに400Mで売却。これにより得た資金で、前節でMilitoでは頼りない事に気づいたのでストライカー探しに奔走する。EU外選手は規定の3名に達しているので、EU圏内の選手になる。

<獲得>
移籍市場が閉まるギリギリの8月31日23:00にZaragozaは選手獲得を発表。
Dagoberto(22) 1,2B AtleticoParanaenseよりブラジル代表経験もある、若手FWのDagobertoを獲得。Ewrtonと似たアタッカー。Franceの第二国籍を有する事が大きな獲得の要因となった。快速2トップに大いに期待♪
Dagoberto

 

 



new_amsterdams at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月06日

Hendrikse監督の飽くなき挑戦〜Prologue〜

Astonvillaを辞任したのも束の間、またHendrikse監督の挑戦が始まろうとしている・・・・・。

<ゲーム設定紹介>
バージョン6,03
英、独、仏、伊の各2部リーグ、スペインの3部まで。
sortitoutsi.netで拾ってきた最新データパッチ(06年9月までの最新移籍データ&能力修正らしい)

<Hendrikseルール>
初めは、どこかの3部とかからやってみようかなって思ったんですが、
せっかく最新パッチも当てたことだし、やっぱ最新データを謳歌しないとなってことで思いついたのが、06年の1月1日まで(つまり約半年)は好きなクラブで指揮できる。
しかし、1月1日の時点で強制的に辞任しなくてはならない。
そこからは無職プレイです。その時点までに、ある程度名声稼げるんで、難しすぎず、簡単すぎず、良い具合の難易度になればいいなぁ。ただ、どこまで名声稼げるか未知数ですが。

そこで、肝心の指揮するクラブですが・・・・・・・・。
Real・・・・・・Zaragoza(≧∇≦)b
今、話題(?)のあのチームです。
アイマールにダレサンドロ、そして、ミリート兄弟。
そして、自分が好きだったアランサバルまでいるじゃないですか(*´д`*)ハァハァ

こうして、Hendrikse監督の生ぬるい挑戦は再び、幕を上げるのでした・・・・・。

ちなみに、スローペースで更新するつもりです。。。。(゚з゚)



new_amsterdams at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!