Hendrikse監督の飽くなき挑戦’目(05/06) Norwich編

2006年10月17日

05/06 Norwich April May

既に来シーズン、そのまた先を見据えて複数の選手と契約が合意に至っています。
新しい井戸はもちろんのこと、古い井戸も掘ればまだ使えるのがありましたΨ(`∀´)Ψケケケ

<FACup 6回戦>
vsManCity(Away)
Awayの地、ManCityに乗り込んでの一戦。
Awayの地、プレミアとはいえ、もちろんリーグ戦での昇格が絶望的なので勝ちに行きます!
怪我明けのHugesも加え、久々にベストの布陣。そして相手も、おそらくほぼベストの布陣(*´д`*)ハァハァ
試合は、戦前の大方の予想を反して、AwayのNorwichがペースを握る。
16分 混戦から中盤でボールを受けたElliotが、Ernshawに浮き玉のスルーパス!これを受け、ErnshawがGKとの1対1を決め、まさかの先制!!1−0 AstonvillaでのCL決勝のミラン戦のよう (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
すると一転、ペースはCityへ。シュートを多く放たれるものの、GKのGallacher、そしてベテランDFのCraig Fleming、Chiristanvalがなんとか防ぐ。
Callacherが神降臨状態の模様。おそらく1点入れられれば崩れそう。
そして、前半終了。チームトークは’Thrill’を選択。
後半もCityペース。ゴール前でVassel等が個人技で打開しようとするが、なんとか防ぐ。
51分 Earnshawが中盤でボールを受け、Rodicへ・・・Rodicは背にDFを背負いながら素晴らしいトラップで相手を交わすと、ゴール前で迫るGKとDFをあざ笑うかのようなドリブルで交わし押し込んで追加点!!
この後もCityが猛攻をしかけるがGKが神セーブ連発で、なんとなんとの勝利!!
○2−0 Earnshaw1 Rodic1
枠内シュート2本が二つとも入りました( - _ - )イイ!
MOMはレート10で34歳のベテランCBのCraigFleming。
また、Flemingが1週間の負傷。

翌日の新聞には、’Surprise’という字が躍った。
次の対戦相手は、現在プレミアでChelseaを差し置いて首位を走る、ManUtd。
もちろん勝ちにいきますが・・・・・・・・。

<チャンピオンシップ>
vsLuton(Away)
主力を数名休ませ、試合に挑む。
試合は、この日FWに入ったHukerbyが素晴らしいスーパーミドルを決め先制!
その後、お互いチャンスを作るも決めきれない。
後半、またまたHukerbyのクロスにRodicが押し込み追加点。
結局、これを守りきり大きい勝利。首がなんとか繋がった。
○2−0 Huckerby1 Rodic1
HuckerbyはFWのほうが活きる模様。

vsLeeds(Away)
現在3位と昇格に向け負けられない戦いを続けているLeedsとの対戦。
開始早々、エースのEarnshawが負傷退場。(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?
変わりにHuckerbyをFWで投入。
40分そのHuckerbyが素晴らしいミドルを突き刺し先制!
後半からLeedsが猛攻をみせるがなんとか凌ぐ。
しかし、83分、90分に得点を許し、まさかの逆転負け。
追加点のチャンスが何回も訪れたが、決めなければこうなる。
●1−2 Huckerby

vsBurnley(Home)
●1−2 Earnshaw1
開始からアウェイのBurnleyにペースを握られ2点のリードうを許す。
後半、猛攻を見せるも1点返したところでホイッスル。
やっぱりこのチームは敗戦を長く引きずる習性が・・・。

vsQPR(Home)
コーラー+カルピスなチームとの対戦。
試合は開始早々に先制点を許す。
しかし、27分にAndyHuges(レンタルじゃない方。弱い方)がミドルを突き刺し同点にすると、
終了間際に意地のOwnGoal誘発でなんとか勝利。
次節のFACupに向け、なんとか弾みをつけた。
○2−1 OG1 A・Huges1

・FA CupSemiFinalのマンU戦を前に、Astonvilla所属のSuttonがメディアに向けて、’Cロナウドに注意したほうがいい’とコメント。どうやら世間でも少し、盛り上がっているようだ。
それに対し、’確かに彼は素晴らしい選手だ。しかし、だからこそ彼にプレーするスペースを与えるつもりはない。’とCロナウドの実力を認めつつもHendrikse監督は前向きなコメント。

<FA Cup SemiFinal>
vsManUtd(N)
Awayの地で対戦と思いきや、SemiFinalでも中立地での試合らしいです。
相手は中盤にJonesという19歳以外はガチメンバー。
特にDFラインがやばいです。
こちらは、奇跡の勝利シナリオに向けてFWにHuckerbyを起用。
Huckerbyはたまに、すごいゴールを決めるので。
試合開始
1分 Norwichが苦し紛れながらファーストシュートを放つ。
この後、大方の予想通りManUが圧倒的に支配するも、ゴール前でなんとか凌ぎきる。
一方カウンターからでさえチャンスを作れず、ゴール前にすらボールを運べない展開が続く。
21分 EvraのクロスをSahaに合わせられるがGKのGallacherがセーブ!しかし弾いたところを詰められ先制点を許す。
前半は、この後も猛攻を受けるがGKの神セーブ連発で1点差で凌ぎきる。
チームトークは’スリル’を選択。
後半に入っても圧倒的なManUペースもゴールは許さない。
しかし、Norwichはチャンスすら作れない状態。
試合は終盤へ。Dohertyを投入し、パワープレーにでる。
しかし、BrownとFerdinandの高さを最後まで崩せず、そのままタイムアップ。
ManU相手に1−0。選手たちはよく頑張りました。
よく頑張った。ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡感動した
●0−1
来シーズンはリベンジ目指します!

・リーグ戦残り2試合。

<チャンピオンシップ>
vsColchester(Away)
●0−1
圧倒的に支配しPKを得るも失敗。
そして、終了間際に失点(# ゚Д゚) ムッキー

vsSunderland(Home)
△1−1 Earnshaw(PK)1
1位で昇格を決めているSunderlandと消化試合。
これにて今シーズン終了!

・インテルが2冠達成

・プレミアは荒れに荒れ、結局、アーセナルが優勝。2位にリバプール3位にマンU。チェルシーは5位でした。

・プレーオフの結果、Birminghamの昇格が決定。1位はSunderland 2位Wolvesは自動昇格。
逆に降格してくるのが、Fulham、Watford、SheffUtd。強敵ぞろいだなぁ。

<05/06シーズン総括>
Coca-cola Chamipionship 16位(1月より就任) 
final position 06







FACup SemiFinal敗退
CarlingCup 4回戦敗退(就任時には既に敗退してました)

就任前は昇格目指すぞ!と意気込んでましたが、実際はそんなに甘くなく、就任時とあまり変わらない位置を漂ってました。
やはり、チームにあった戦術にするのに時間がかかること。
まあ、最初から4−4−2にしとけばよかったんですが・・・(~o~)

今シーズンはなんといっても、FACupでの大奮闘でした。Newcastle、ManCityを倒し、ManUtd相手に大健闘。これでファンが増えてくれるといいんですが・・・。
前回のAstonvillaといいこういうカップ戦には強いのかな?
なんか味があるチームでいいですよね?w
きっと現実なら東○さんのコラムでとりあえげられてるはずww

来シーズンは昇格が絶対条件!できればCarlingCupとかも狙っていく予定。

<選手総括&短評>
GK
Paul Gallacher(26) 就任時は控えGKにする予定だったのですが、後半戦は欠かせぬ存在に。特に大舞台に強く、一度のってしまうと誰もゴールをこじあけることができなかった。逆に攻勢の試合だと簡単に得点を許してしまう。

DF
Jurgen Collin(24) 不動の右サイドバック。文句なしの出来でした。期待通り。ただ移籍希望をしてるのが気がかり・・・・。

Craig Fleming(34) 9年間Norwichに在籍の34歳いぶし銀CB。経験を武器にチームを牽引。City戦ではVasselを完全にシャットアウトした。

Adam Drury(27) 左SB。以外に攻撃でも守備でも安定した活躍を見せた。

Philippe Crystanval(27) ローンで3ヶ月と短い期間だったが、元フランス代表の貫禄をみせた。たまに低調なパフォーマンスになるが、それでもチームの核であった。

MF
Simon Elliot(31) こちらも3ヶ月ローンだった選手。かなりお世話になりました。11試合出場1ゴール 7,18 City戦のEarnshawへの絶妙なスルーパスが印象的。

Davide Chiumiento(21) もはやNorwichになくてはならない存在に。左サイドのプレーメーカー。

Darren Huckerby(29) まあまあのパフォーマンスを見せた。FW起用もできるので重宝する選手。

FW
Robert Earnshaw(24) リーグ戦43試合20ゴールを記録したエース。大事な場面で決めてくれる選手。そしてチャンスメイクも秀逸。しかし、彼とはシーズン終了後に移籍を許可するという約束が。



new_amsterdams at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月15日

Norwich 05/06 February

書き忘れていましたが、Norwichではアシマネに非現実的なターゲットを排除してもらっても、
レンタルで来てくれる確立は20人に1人くらいです。(TransferListedの人にもオファー出してるんで)

<チャンピオンシップ>
vsDerby(Home)
最下位Derbyとの一戦。
序盤からなかなかチャンスを作れない。
相手のストライカーLupoliに決定機を迎えられヒヤッとするものの、
お互い決めきれずスコアレスドロー。
△0−0

vsStoke
前半に先制点を決めれら追う展開に。
決定機を2度迎えるも決めれず敗北。。。。
●0−1

vsPreston(Home)
得点力不足解消の為、4−4−2にする。
それでも先制点を決められ、同点とするもOGで敗戦Orz
●1−2
泥沼です。Blackburnの次期監督候補に挙がってたんで応募しちゃいました(´∀`*)ウフフ
忠誠0目指しますw

やっぱりDohertyと心中作戦はダメなのかな。それととりあえず放り込めってのもダメぽい。
戦術の再考が必要。
負けすぎでチームのほとんどが、コンディション↓はぁ・・・・。
ちなみに、ブラックバーンはやっぱり断られました。

<ローン>
Philipe Christanval(27) DC 元有望選手。フルハムより3ヶ月のレンタルです。予測力、ポジショニング17が売り。

<FA Cup 五回戦>
vsBurnley(Home)
密かに狙ってるFACup。同じリーグのBrnleyとの一戦。
この試合より4−4−2の布陣に切り替え、2トップにEarnshawとRodicを据える。
右サイドハーフにHuckerby、左にChiumientoという布陣。
試合は互角のペースで進み、チャンスをお互い作るも決めきれず、
試合は終盤に突入。59分にRodicと交代で入ったDF兼FWのDohertyが
値千金のヘッドで突き刺し先制点をあげる。
すると5分後にChiumientoが試合を決定付けるFKを突き刺し勝利♪
うぉぉぉぉ密かに勝ち進んでますw

<ローン>
Ricard Huges(26) DM MLC スコットランド代表4キャップ。手薄だった中盤に救世主参上です。ほとんどの能力が14付近とNorwichにとって、かなり優秀な中盤です。Elliotと供に中盤をまとめてくれぃ。ポーツマスより3ヶ月ローン。

<チャンピオンシップ>
vsBirminghamCity(Away)
レンタル獲得したばかりのHugesを中盤に据え、プレミアのチームという印象の強いBirminghamとの試合。カップ戦の勢いをそのままに挑みたい。
試合は開始から、やはりバーミンガムのペース。
10分にミスをつかれ、Finland人ストライカーForsselに先制を許す。
しかし、17分にEarnshawのクロスからRodicが得意のヘッドで同点弾を叩き込む!
前半は、その後決定機を欠き後半に入る。
46分 Dunnに直接FKを決められ再び突き放される・・・。
しかし、50分そのDunnがカウンターで抜け出したErnshawを倒し一発レッド!Norwichは攻撃的なフォメに変更。
そして、55分ChiumientoのCKからDFの34歳Flemingがヘッドで合わせるもGKに弾かれるが、こぼれ玉をRodicが角度のない所から合わせ同点に追いつく!
68分 カウンターからHugesの素晴らしいパスからEarnshawがクロス!これをRodicが再びヘッドで押し込み追加点!!Rodicハット!
この後、Rodicがさらに1点を追加し快勝♪
○4−2 Rodic4
Rodicは良い時と悪い時の差が激しすぎる・・・・。ただ、足元でもポストプレーできるので、やはり先発からは外せません。

・レンタルで加入したばかりのHuges様が1ヶ月の怪我に・・・・・。ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

vsSouthend(Home)
試合は開始から波に乗るNorwichがペースを握る。
30分にChiumientoが走りこんでのヘッドで先制する。
しかし、幾度とチャンスを迎えるも決めきれず終盤へ・・・。
そして、ここで悪夢がNorwichを待っていた。
89分 CKのクリアボールをヘッドで繋がれDFの裏に抜けられGKとの1対1を決められ同点とされる・・・・・。なんか、何回も観た事あるシーンですねつД`)
△1−1 Chiumiento1

vsLeicester(Away)
●0−3
前節の悪い流れをいまだ引きずったまま試合に入る。
互角のペースだが調子の良いチームとそうでないチームの差が如実に現れた試合であった。
またFW陣がAntonFirdinand(なんでチャンピオンシップにいるんだよ!!!よりによって敵に!)に完全に押さえ込まれた。

vsSheffUtd(Home)
30分 ChiumientoがFKを直接決め先制すると、66分にはElliotが自身Norwichでの初ゴール♪そして、終了間際にRodicが追加点を挙げ快勝。
○3−0 Rodic1 Chiumiento1 Elliot1

vsIpswich(Away)
○3−0 Earnshaw2(PK1) Rodic
試合は互角だったが、FW陣がきっちり決め快勝。これで2連勝で、15位に浮上。6位は諦めてませんぜ!


・エースのEarnshawがゆくゆくはもっと大きなクラブに移籍したいとの報道が。それに対して、’シーズン終了後なら移籍してもいいよ’と返答。これに納得してくれた模様。しかし、評価額が600Mなんですが最低譲渡金が750M・・・・。

<FACup 6回戦>
vsManCity(Home)
我々はNewcastleを葬ってここまできている。なにも恐れることはない!試合前から監督の檄が飛ぶ。
試合は、そんな監督の檄が効いてか、序盤からNoewichがチャンスを作る。しかし、あと一歩が決まらない。
結局、このままドロー。次はCityの本拠地での試合。うーんそれでも勝ちに行くべきかどうか。
控えを入れるとチーム力がガタッと下がるので。。。
△0−0

・一足先にFACupセミファイナルの抽選がありました。もし勝った場合の次の相手は・・・・・・・・・・Liverpool vs ManUtdの勝者。しかも、Away。お疲れ様でした。

<チャンピオンシップ>
vsWolves(Home)
FACup後の為、前線の主力を休ませ、控え組みで挑んだこの一戦。
序盤からNorwichペースもカウンターから先制点を許す。
この後、後半から主力を投入するも相手GKがネ申降臨で得点できず、
痛い痛い痛すぎる敗戦。もう昇格は完全にダメポ。
相手はシュート1で枠内1で1ゴール。
こっちは12本放って6本枠内でノーゴール。
なんかリアルで昨日あった草サッカーの練習試合みたいです。Orz
●0−1


・この敗戦を受け、’Hendrikse監督、就任以来Norwichは全力を出し切れていない。彼はそれを認めなければいけないし、もっとできるはずだ’とのコメントが紙上を踊る。やばい・・・。

<月末報告>
理事会も’監督の能力を疑いはじめている’になってしまったOrz
やはり勝てる試合をきっちり勝たないと・・・・・。
あと、FACupの出来をもっと評価してくれよ(-∀ー#)
06 march No








new_amsterdams at 02:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年10月13日

Norwich 05/06 January

・初めに、軽くNorwichについてご紹介。
名称:Norwich City Football Club

愛称:Canaries
カナリヤ(Canary)がチームロゴです。

本拠地:Norwich

創立:1902

歴史:Premiership 3位(1993)
   CarlingCup 優勝 1962、1985

スタジアム:CarrowRoad 26034人収容
norwich stadium











と歴史あるクラブのようです。目指すは、Astonvillaで成し遂げられなかったプレミアリーグ制覇!!

<Norwich就任>
この日、Norwichは30歳の若手の元Zaragoza監督のHendrikse監督を指揮官と迎える事を発表した。
これを受けHendrikse監督は、就任会見にて’このような歴史あるクラブに就任できて光栄だ。’’あくまで今シーズンも昇格を目指す’と強気なコメントをした。
初戦は、就任日のBristolRovers戦になる見込み。

・理事会から移籍金は400M、賃金総額14Mとのお達しが。(既に2,5M予算オーバーらしい)

・Coca-Cola Championshipは上位2チームが自動昇格で、3−6位がプレイオフで残りの1つの昇格枠を争う事になる。
現在15位のNorwich6位との勝ち点差は9点なので、今季の昇格も夢ではない!

・少し時間があったのでフェイスパックの導入に今更ながら初挑戦!が全く表示されずOrz

<戦力確認>
Championshipのレベルがどのくらいかまだよくわかりませんが、とりあえずDFの駒は揃ってる様子。
問題は中盤!いや、こりゃ大問題だ。そもそもボランチがいねえw
てことで手当たり次第に中盤の選手にローンオファー。
移籍金の400Mは・・・・・若手で良い選手いたら使おうかな。

<選手紹介>
GK
Paul Gallacher(26) スコットランド代表8キャップ。キックが17と反応20が売り。しかし他の能力が軒並み12辺り。一応、いままでは正GK

Johan van der Werff(31) 今季新加入のベテランGK。Handling14と反応14以外は結構良い感じ・・・しかし肝心の二つが14じゃなあ。集中力18が◎。一応、彼を正GKにしようかと思ってます。

DF
Jurgen Collin(24) プレミアでも十分通用しそうな右SB、中央も可。かなり重宝しそうな選手です。
jurgen colin






Craig Fleming(34) 長老的存在のセンターバック。9年在籍してますΣr(‘Д‘n)
能力はイマイチ。

Gary Doherty(25) かなり老けた感じの25歳アイルランド代表ディフェンダー・・・・ディフェンダー?おそらく本職はDFながらSTの適正も持ってます(*´д`*)ハァハァパワープレー要員になりそう。集中力がないのでCBで使いづらい。
gary doherty

 

 


Adam Drury(27) 平均的な能力の左SB。Leedsが彼に興味を示しています。

MF
Andy Huges(28) MRC うちのMFの中ではマシなほうな選手。それでもほとんどの能力が12以下Orz

Dickson Euthu(23) アフリカ特有の瞬発力に優れたセントラルミッドフィルダー。イングランド国籍保有のナイジェリアン。

Darren Huckerby(29) AM RL、FC 中盤できる中で一番優秀であろう選手。Leeds時代に観た記憶があるようなないような。ひらめき19と少しなにをしでかすかわからない系。
daren huckerby






FW
Ryan Jarvis(19) 19歳の新生FW。まだまだコンスタントに使えるレベルではないが今後に期待。

Robert Earnshaw(24) 間違いなく大エース。チャンピオンシップのアンリと呼ばれています(ぇ ウェールズ代表23キャップ13ゴールを誇る。攻撃は全て彼の出来にかかっている。プレミアでも十分、通用しそう。Strengthがもう少しあればなあ・・・・・。
robert






<フォーメーション>
とりあえず作ってみたフォメ。
中盤がヘボすぎなので、とりあえずロングボールをDohertyに放り込んでこぼれ玉を両翼の二人が狙いましょうというフォメ。ここはどこですか?イングランドです。
とりあえず次のカップ戦で様子みましょう。
4-3-3 norwich








それにしてもこのカナリヤ色好きだな( ・∀・)

<FA Cup 3回戦>
vsBristolRovers(Home)
1stlegにアウェイで引き分けているので、比較的楽な試合になりそう。
戦術の確認をする為にもいい機会かも。
エースのEarnshawがRestマーク点灯してるので休ませておく。
前半早々に狙い通り、DruryのクロスにDohertyが飛び込んでヘッドで先制!
この後もアマチュア相手に攻めまくるも相手GKがネ申セーブ連発で得点を奪えず。
1stLegが2−2なのでこれでいいやと思い、後半から主力を下げ控えを3人投入。
そして、後半40分クリアボールがDFの背後に抜けまさかの失点。。。。。
だが、アウェイゴールで勝利できる!と思いホイッスルを待つ。
そして、ようやくホイッスル。・・・・しかし、表示されたのは延長の文字。
(;゚д゚)ァ.... そういやFACupは普通に1発勝負だった( ・∀・)アヒャ
前回のが引き分けだから今回も対戦してるのか(  ゚,_ゝ゚)オレバカジャネーノ
てことで延長戦突入。
攻めまくるNorwichもなかなか得点を奪えないでいるが、延長後半CKからDruryが待望の追加点を奪う。前がかりになる相手からDohertyが足でさらに追加点を上げ勝利!
なんとか初陣を飾った。
○3−1e Doherty2 Drury1

・中盤の要であったEuthuが負傷。ただでさえ薄い層なのに。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

・FACupの次の相手は・・・・・NewCastleキタ━━(゚∀゚)━━
早くもFACup敗退決定!まあリーグ戦に集中しなさいということでしょうか。

<チャンピオンシップ>
vsSouthamptom(Home)
TV中継される試合。ホームなのですが、向こうが本命です。
この試合でこのチームの真価が問われる。
試合は戦前の予想通りSouthamptonのペースで進む。
しかし、お互い得点できない。
エースのEarnshawが疲労からか、すぐにコンディションが下がるので交代。
この後もお互い決定力を欠きスコアレスドロー。
△1−1

<レンタル獲得>
Simon Elliot(31) DM 3ヶ月 ニュージーランド代表(!)のベテランボランチ。中盤が少なすぎるんで3ヶ月のレンタルでFulhamより獲得。能力は・・・・Norwichの中盤から上質な方です。

Gary Liddle(19) DM こちらもボロより3ヶ月レンタル。能力は・・・・・ほとんどが10以下(*´д`*)ハァハァ しかしスピードが20ですw



<FA Cup 4回戦>
vsNewCatsle(Home)
中盤にDuff Parker Emre Dyerそしてトップにルケと結構本気な布陣ジャマイカ( ・∀・)
密かに2軍で来てくれることを期待してたんですが。。。。
こちらもベストな布陣で挑む。そして、ボランチに獲得したてのElliotを起用。
やはり前半から圧倒的な個人技でNewCastleがボールを支配。肝心のDohertyもTaylorに競り負けなかなかチャンスを作れない。
迎えた35分、ダフに一人抜かれクロスをフリーでDyerに合わせられ先制を許す。
後半、疲れのみえるHuckerbyに変え、Jarvisを投入。
これが功を奏したかわからないが、52分 左サイドでボールを受けたDruryがアーリークロス、それをフリーでDohertyが待ち構えていたが、後ろからCarrが突進・・・・ボールがCarrに当たりゴールに吸い込まれるラッキーなゴールで同点に追いつく!
そして、57分 23MほどのFKをEarnshawが直接決め逆転!!!!!!
Newcastleはアメオビ、Solano、Nzogbiaを投入し反撃を試みるが、
決定機をアメオビがことごとく外し、ホイッスル!劇的な勝利で4回戦を突破した!
○2−1 OG1 Earnshaw1


・今後の為にスカウトを2名追加。それぞれ中欧の21歳以下に偵察に行かせ、青田買いを推進させる。

・前回、フェイスパック導入しても表示されてなかったんですが、やっと表示されたワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ



<選手獲得>
David Chiumiento(21) 0M ウイイレユーザーならご存知wwユーベより数クラブとの競合の末、無料で獲得!キープレイヤー+希望より週給上乗せで獲得しました。うちのエースになれる実力。ただ、カウンターには向いてないかも。暁さんのグルノーブルも獲得してたようなw昇格請負人ってことで頑張ってほしい。
chiumient





Aleksandar Rodic(26) ローン スロベニア代表の長身ストライカー。決定力10て本当にストライカー?wDohertyの控えとして起用予定。
Rodic

 

 

<チャンピオンシップ>
vsCardiff(Away)
稲本がレンタル移籍していたところ。
開始から互角のペースで進むが前半にセットプレーから2点献上する。
後半に入ってもチャンスを作るがシュートが全てGKの正面に飛んでしまいゴールできず・・・。
痛い痛い敗戦。。。。
●0−2

<月末報告>
就任以来1勝1負1分か・・・・。
来月は全勝!!
06 january norwich



new_amsterdams at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!