Hendrikse監督の飽くなき挑戦年目(06/07) Norwich編

2006年11月15日

Heroes Of Canaries  漸色の戦士たち〜

注意:フィクションが多分に含まれています。

Alberto Ruiz Largo

『小さな爆撃機』・・・・・人は親しみを込めて彼をこう呼ぶ。

スペインの首都であり、言わずと知れた、あの’白い巨人’ことRealMadridの本拠地である都市、
Madridで彼は生を受けた。
地元のアマチュアクラブではキャプテンを務める父の背中を見て育った彼にとって、
サッカーとは一番身近な物であり、サッカーを始めるのは当然の成り行きだったのかもしれない。

10歳の頃から地元のクラブで本格的にサッカーを始めた彼は’生まれながらのストライカー’と彼の幼少時代を知る人々は口を揃えてそう語る。
しかし、成長するにつれ元々小さかった彼の身長と周りの身長差は如実に出始め、
’小さいから’という理由で、トップ下、さらには中盤やサイドハーフをたらい回しにされる日々が続いた。
14歳の頃には、Madrid選抜にも選ばれるが目立った活躍もできず、
伸び悩む日々が続いた。

そして、18歳の時、セミプロリーグのColmenarに入団。
当時の監督はこう語る。
’彼は本当に良い才能を持っていた。背は小さいが体の芯が強い。おまけに空中戦となると、チームじゃ一番だったからね’
セミプロながらリーグ優勝に貢献し、リーグの最優秀新人賞に選ばれた。
すると翌年、当時3部所属のSporting Gijonに移籍を果たす。

しかし、順風満帆に見えた彼のサッカー人生に大きな壁が立ちはだかっていた。
Gijonのリザーブに所属していた彼を監督はトップ下で使い続け思うような結果を残すことができず、
何度もサッカーを辞めようと思ったという。
’何回直訴してもダメなんだ。特にスピードもなく、背が小さい僕にはフォワードは向かないってね’

それでも腐らずに続けた彼は、21歳の時にGijonのAチームデビューを果たすと、
すぐさまチームに欠かせない存在となる。
その活躍を見初められ、当時SegundaA所属でMadridに本拠をおく第3のチームGetafeに移籍することになる。
移籍するとすぐ様、チームの核になると、トップ下からの攻撃参加で貢献し活躍を見せる。
そして、26歳の2年目にGetafeで念願のPremeira昇格を果たし、SegundaAで優勝を遂げる。
そのチームの中心にいたのは紛れもなく、彼であった。

しかし、再び大きな壁が彼に立ちはだかる。
いざ、Premeiraに昇格を果たすとチームは別のチームになったかのように補強をはじめ、
いつしか彼はベンチを温める日々が続いた。
ついに彼は移籍を志願し、当時の2部所属であったElcheに昇格請負人として入団した。
しかし、彼を待ち受けていたのは’助っ人’としてではなく’ベンチウォーマー’としてであった。
飛びぬけた技術がある訳でもなく、飛びぬけたスピードがある訳でもない。
彼が監督の信頼を勝ち取るには至らなかった。いつしか彼はElcheBでの生活を余儀なくされていた。
28歳になったある日、彼はいつものようにElcheBの選手として、リザーブリーグの試合に出場していた。
たまたま対戦相手の若手の視察に来ていたNorwichスカウトの目に留まったのだ。
’上背はないが、空中戦に抜群に強い。その上、スピードもあり、技術もしっかりしている。うちのチームにぴったりと思ったね。’
早速、Elcheの首脳陣にオファーを送ったNorwich。交渉はとんとん拍子で成立し、移籍金は発生せず、いかに彼がElche首脳陣に評価されていなかったが窺える。
’正直、もう諦めていた。まさかイングランドの2部のクラブからオファーが来るなんてね。本当に信じられなかったよ。しかも、NorwichのHendrikse監督は僕をストライカーとして評価してくれていると聞いた時は、もう言葉では表せなかったよ’

しかし、彼が入団した当時のNorwichは一部昇格に向け、NoltonよりDavies、そしてPortsmouthよりLuaLuaと一流のストライカーを獲得していた為、ベンチを温める日々が続いた。
’もうこれがラストチャンスと思ってたね。とにかく出たら点を取る。それしか考えていなかった。毎試合我武者羅でやったよ’
すると途中出場で出場する度に得点をマークする彼をHendrikse監督は先発で起用し始め、
ついに彼はLuaLuaをベンチに追いやったのだ。
それから後の彼の活躍を言うまでもない。
168cmの小柄な体が宙に浮いた時、190cmの巨漢でさえ制空権を掌握され、
裏へ一度抜け出すと屈強な肉体でタックルを跳ね除け、ゴールまでせまるのであった。
また、絶妙なスルーパスとポストプレーでゴールをお膳立てすることも付け加えておきたい。
そのシーズンはDaviesと合計38得点を量産し、自身チームトップの20得点をマーク、
NorwichのPremier昇格&優勝に貢献した。
そして、Premierリーグでもその才能を十分に見せつけ、Hendrikse監督の信頼を欲しいままにしている。
『小さな爆撃機』・・・・・そのコックピットには遅桜が満開に咲いている。


Alberto Ruiz  Lago
27.12,1977
Madrid(Spain)生まれ
169cm 70kg
AM/F C
Alberto2








alberto3








---------------------------------------------------------------------------------------------------------

と一度書いてみたかった空想的な選手もの。
FMNorwichの方は現在プレミアで奮闘中ですので、
近いうちにもUPする予定。
飽きずにみてくださいね。m(_ _)m



new_amsterdams at 01:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年11月09日

06/07 Norwich March April

リーグ戦、カップ戦ともに絶好調。
昇格さらには優勝を早い段階で決めたいところ。

<チャンピオンシップ>
vsLuton(Away)
前半の早い段階でDaviesが怪我し、Francismarを代わって投入。
代わって入ったFrancismarが早々に先制点を叩き込む。
すると5分後に2枚目のイエローで退場(-_-;)大久保か!
この後、HoutecourがPKを決め勝利。
○2−0 Francismar1 Hautecour1(PK1)

これでリーグ戦8連勝。

vsIpswich(Home)
開始早々、Elliottのミドルで先制。獲得当初はあさっての方向にミドル打ってた彼ですが、
最近は枠に飛ぶようになってきた。
後半に入り、カウンターから抜け出したLuaLuaを相手が倒し一発レッド。
そして、Delvecchioがこの後追加点を決め勝利。
○2−0 Elliott1 Delvecchio1

とここで・・・・・・昇格ケテーイヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノワショーイ
らしいですwつまり2位以内が確定らしい。

理事会 「本当に今季のパフォーマンスには驚いている。当初は勢いがいつまで続くかと気をもんでいたもんだが・・・・・。本当にHendrikse監督には頭があがらないよ。」

そして、Norwichの一大事には必ずつっこんでくるAstonvillaのサットンも
「よくNorwichのサッカーを見ているが、本当にHendrikse監督は素晴らしいチームを作ったね。来シーズンは敵として対戦することになるが、オニール(監督)には警戒するように口をすっぱくして言っておかないとね。」


記者が近づいてきた。
--------昇格おめでとうございます。来シーズンはさらにレベルの高い舞台での挑戦となりますが?
Hendrikse 「ありがとう。おそらくベースはいまのメンバーになるだろう。なにも恐れる事はない。我々は今シーズンとかわらず勇敢に挑戦するのみだ。」

vsCoventry(Away)
少し手を抜き、全員サブで挑んだこの試合。
昇格決定に気がゆるんだか、後半に得点を許し今季三度目の敗戦。
●0−1

しかし、2位のPlymouthが敗れた為、6試合を残しチャンピオンシップでの優勝決定!
(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

理事会、ファン、サットン(いつもでてくる)が優勝を祝うコメントを寄せ、’unexpected champion’の文字が翌日の見出しを飾った。
その日の祝杯会は夜遅くまで続いたという・・・・・。

<FA Cup 6回戦>
vsWestham(Away)
Westham9−4 Draw9−4 Norwich1−1 と何故かプレミアのチーム相手に評価が上なわけで、期待の高さが窺える。

試合開始からWesthamのペース。Norwichはカウンターから様子を窺う。
14分 HautecourがPA内で相手を倒してしまいPKを与える。そしてこれを決められ先制を許す・・・。
34分 そのHautecourが強烈なミドルを放つ!これをGKが弾いたところをDaviesがつめ同点!
しかし、その直後の35分味方のバックパスをGKのRiouが痛恨のトラップミス・・・・・。
それを奪われボールは無人のゴールへ蹴りこまれる。。。。。。
いままで無難に怪我のGallacherの代役をこなしていた19歳のRiouだが、ここでボロがでるとは・・・。
そして、この後も猛攻を仕掛けるがゴールが遠くこのままタイムアップ。
6回戦敗退Orz
●1−2 Davies1

4月31日 Hendrikse監督、Norwich理事会より3年契約のオファーを打診される。
3年→2年 で40Mp/w+移籍金180M+スタジアムの拡張を条件に返答。
しかし、スタジアム拡張はダメみたい。。。。なのでそれを除いた条件で承諾された。
契約2年延長の報を聞いたFrancismarが’本当に嬉しい’と泣かせるコメントをつД`)・゚・。・゚゚・*

以下残りの6試合を戦い6戦1勝4敗1分・・・・・ってちょwやる気なさすぎwいきなり負けすぎww

そして、シーズン閉幕。
昇格の切符を手にしたのはNorwich、PlymouthとCardiff。一緒に頑張っていきまっしょい。

年間ベスト11が発表され、Nunovalente、Alberto、Elliott、Daviesがスタメンで選出され、サブにHautecourが選出された。
そして、Hendrikse監督が見事、年間最優秀監督賞に(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノワショーイ

<シーズン末報告>
finalposition 07






優勝を決めてから大量失点を喫したものの、失点数27は素晴らしい出来。
やはり守備が良いチームが優勝する。
もともと守備陣に粒が揃っていたのが大きい。
そして、今季加入したNunoValenteとMettomoが予想以上にフィットし、強固なDF陣を築けた。
また、得点数でもリーグ1位であったことも書き加えておきたい。

<選手短評>
名前        コメント          出場数、ゴール数、平均レート等
GK
Paul Gallacher 終盤に大事なところで怪我をしたが、強固な守備には欠かせない存在であった。35試合出場 6,97

DF
Jurgen Collin 英国屈指の右サイドバックに成長。蘭代表にそろそろ呼ばれてもおかしくない。 40試合出場 7,25

NunoValente CL優勝経験者の底力を見せた。彼のいる間にCL優勝をもう1度・・・。 36試合出場 
3ゴール6アシスト 7,47

Craig Fleming 35歳のベテランDFでキャプテンの彼はDFラインを見事に統率した。35歳で初のプレミア挑戦・・・・・。まだまだお願いします。35試合出場7,29

Lucien Mettomo 今シーズン初めに130Mで獲得した逸材。完全にNorwichの砦になった。43試合出場7,16

MF
Simon Elliott Fulhamより0Mで獲得した選手。いわば戦力外通告だったが、見事にNorwichで復活。32歳にして現役生活で一番の輝きを放つ黒子役。35試合7,37

Yohann Hautecour 予想以上にチームに貢献した。また、シーズン当初はミドルも枠に飛ばなかったが、終盤になると強烈なミドルで貴重な得点を挙げた。またPK成功率はいまだ100%のPK職人。35試合7ゴール4アシスト7,26

Anouar Diba 右サイドの仕掛け人。数多くのアシストを決め、得点も決めた。Diba→DaviesのDDラインは健在。33試合4ゴール11アシスト7,18

Francismar 今冬に加入した期待のアルゼンチン人MF。右サイドとフォワードを高次元でこなす。まだ若い為、大事に起用している為数は出なかったが出場すればなにかをしてくれる選手。11試合5ゴール2アシスト 7,09

Ricardo Paez ベネズエラ代表の左サイドハーフ。シーズン開始からChiumientoからレギュラーポジションを奪う。全てを卒なくこなすプレイヤー。30試合3ゴール9アシスト 7,13

FW
Alberto 今シーズン一番の掘り出し物の選手。スペイン2部のElcheのリザーブより獲得し、シーズン当初はLuaLuaの控えであったが出場すれば得点を奪いついにレギュラーに。そして、終了時にはチーム内得点王であった。29歳の輝きはいまから増すばかりである。39試合20ゴール11アシスト7,28

Kevin Davies 今季ボルトンより160Mで獲得した選手。本来バリバリのプレミアの選手だがNorwichというちっぽけなクラブに加入し、攻撃の全てを司った。32試合18ゴール15アシスト7,53

<シーズン末感想>
安くで獲得した、選手が活躍し、見事優勝+昇格を決めた。
やはりDaviesの獲得と、もともと守備陣に粒が揃っていたのが大きい。
来シーズンはプレミア挑戦になるが、おそらくベースはこのメンバーになるはず。

プレミア挑戦の際も、よろしくお願いします( ・∀・)



new_amsterdams at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月08日

06/07 Norwich February

FA Cup五回戦の抽選が行われ、対戦相手はチャンピオンシップ2位のPlymouthとAwayでの対戦に決定。FACupで首位攻防戦かぁ、プレミアのチームより全然( - _ - )イイ!

vsPreston(Home)
どこかいつものNorwichではなく攻められる訳ではないが、攻めあぐねる時間が続き、スコアレスで前半終了。
52分途中出場のFrancismarがゴール前でボールを受けた瞬間にトップスピードへ。相手DFを振り切り、GKの位置を見てのループ!これが決まり先制。
そして、Paezの追加点が生まれ結局は快勝♪
○2−0 Francismar1 Paez1

・スペイン2部のAlavesの監督が解任され、最有力候補に挙がりコメントを求められる。
’興味ないね。’とこれを一蹴。

vsHull(Home)
この日は攻撃陣が爆発。大量5得点を奪っての勝利に監督もホクホク顔。(*^。^*)
○5−0 Alberto2 Davies2 Paez1

vsRotherham(Away)
現在、最下位のRotherhamとの一戦。次節にFACupを控える為、メンバーを落として挑む。
34分 Delvecchioが頭で落としたボールをLuaLuaが突き刺し、教科書通りの流れで先制する。
この後、ChiumientoのFKからDelvecchioが頭で押し込み勝負を決定付けた。
○2−0 Delvecchio1 LuaLua1

<FACup5回戦>
vsPlymouth(Away)
密かに結構いいとこまでいけるんじゃないかと思い始めたFACup。
チャンピオンシップ同士の対戦ということで負けられない。
開始早々の2分 Daviesが頭で落としAlbertoが早くも先制点を奪う。この二人はコンビネーションが抜群です!!
43分 AlbertoのシュートがDFに当たり、それをDaviesが拾って再びシュート!これが決まり2点目!
71分 Dibaが負傷で退場(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?
結局このままタイムアップ!FACup5回戦を制する。
○2−0 Alberto1 Davies1

<チャンピオンシップ>
vsQPR(Away)
○3−1 Francismar2 Alberto1
Francismarが華麗なバイシュクルシュートを含む2得点と大暴れ。

vsSheffUtd(Home)
29分 Chiumientoが直接FKを突き刺す。
そして、Camaraが追加点を加え1点返されるもなんとか勝利♪
○2−1 Camara1 Chiumiento1

・2月の月間最優秀監督賞に選ばれる(ΦДΦ)祝まーす 今季3度目の受賞。
そして、Francismarのバイシュクルシュートがゴールオブマンスに。

・FACup6回戦の相手がWestHamに決定。Tevez、マスチェラーノ(((( ;゚д゚)))アワワワワ

・10ポイント差くらいwで首位独走中

3月で優勝が決まりそうなハイペース。そして、リーグ戦現在7連勝。
リーグ戦2位のPlymourhをFACupで下し、もはやチャンピオンシップにNorwichと互角に渡り合えるチームはない。



new_amsterdams at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月04日

06/07 Norwich January

冬の移籍市場解禁♪

<放出〜Out〜>
Corrado Colombo 75M →Genoa 今シーズンにボスで獲得した選手。

<獲得〜In〜>
※数ヵ月後にSS獲っている為、評価額が獲得当初より飛躍的に上がっています。
名前               獲得額    コメント
Zoran Zeljkovic(26) WB L 50M  まさにスピードドリブラー。またの名を攻撃的WB。WBしかポジションないんでAMLを覚えさせる予定。後半からの彼の投入は、相手にとってかなり辛いスパイスになるはず。
Zeljkovic

 

 



Remy Riou(19) GK 80M  第二GKがもう衰えてきているので、Gallacher負傷の万一に備えLyonより獲得。フランスU-19代表経験あり。
Riou






Jonas Olsson(24) D C,DM 27,5M エールディビジのNECより獲得のスウェーデン代表DF。ボランチも可能な長身プレイヤー。DFのくせにTeamworkが1ケタなのが気がかり・・・・・。
Olsson

 


Francismar(22)AM RC FC 420M クルゼイロより獲得。密かにシーズン前から狙っていた逸材。こんな低価格で・・・しかも代表歴なし(アンダーもなし)で労働許可下りるとは・・・。かなり期待の選手♪Off the ballとTeamWorkが低いのが気になるところ。(Skinがでか過ぎ)
Fransismar






・イラン代表のNekounamと契約が合意に至ったが、イラン代表72キャップにもかかわらず労働許可が下りず。基準がわからん(?_?)

<チャンピオンシップ>
vsLeicester(Home)
開始から相手ペースも31分にDibaのクロスにAlbertoで先制。
45分にはNunoValenteのFKからDaviesが角度の無いところからのヘディングで追加点。
54分にもDaviesが決め。78分には加入したばかりのドリブル野郎(うちのチームにはドリブル野郎が多いんですが^^;)ZeljkovicのクロスからDaviesが三度頭で決め、ハット達成!
○4−0 Davies3 Alberto1
これで6連勝らしい。負ける気がしない。

vsBurnley(Away)
控え組み中心で挑んだこの試合。先制されるが、
相手に退場者が出たこともあり、Camaraの2ゴールで勝利。
7連勝♪
○2−1 Camara2

<FACup 第3回戦>
vsChesterfield(Away)
格下相手の対戦。
控え組み中心で、16歳フランス人MFのGuyonを先発に起用。
DelvecchioがPKを外すも3得点の快勝。
○3−0

・FACUP4回戦の相手がAresenalに決定。Orz しかもアウェー。(・ー・)オワタ お疲れ様でした。

<チャンピオンシップ>
vsWBA(Away)
万全の布陣で挑むが相手GKの好セーブもあり、得点を奪えず。
そして、ハートソンに決められ今季2敗目。
●0−1

vsStoke(Home)
PKの2つを含む4得点で快勝。
前節の敗戦を払拭した。
○4−1 OG1 Hautecour2(PK2) Alberto1

・練習中に正GKのGallacherがでん部(つまり(゚*゚)アナルー)を負傷。尻餅ついたらしい(噂)
2−3ヶ月の離脱で今季絶望とのことOrz 一番恐れていた事態が・・・・。
19歳のGKじゃ心許無いんで、ローンオファーを出しまくる。

・ことごとく断られるOrz

<FA Cup4回戦>
vsArsenal(Away)
TV中継されるこの試合。せめてホームでやって収入欲しかった(-_-;)
Lyonから獲得したばかりの19歳GKRiouが先発。。。。。
この日、エミレーツスタジアムに集まったのは約3万人。
彼らはラッキーだったのかもしれない。
強い風が吹き付ける中、大方の予想を覆し、試合開始からペースを握ったのはNorwichだった。
統率されたバックラインからこ気味良くパスを繋ぎゴールに迫るNorwich。
中盤以外が控えの若手主体の為、浮き足だったアーセナルにはこれを修正する術を持ち合わせていなかった。
20分にHautecourがミドルシュートを突き刺すと、前半終了間際には抜け出したCamaraをアーセナルDFのGilbertoが堪らずファールで止め一発レッド。
これで体勢は喫した。
75分にもChiumientoが直接FKを突き刺し、Norwichの18番大物食いを完遂した。
○2−0 Hautercour1 Chiumiento1

またこの日がデビュー戦で、素晴らしい突破でチャンスを作ったFransismarについて、質問を受けたHendrikse監督は、’彼は非常に良かった、しかしこれ以上個人へのコメントは士気に影響するので避けさしてもらうよ’と軽く報道陣をあしらい、今日の試合に話題を移した。

翌日、各紙はアーセナルが若手主体だった事もあり、特別に扱うところは少なかったが、’Norwichはとても面白いサッカーを目の肥えたEmiratesStadiumの人々にフルコースで提供した。来シーズンが楽しみだ’とNorwichのフットボールを賞賛するコメントが相次いだ。


<ローン獲得>
Stephen Kelly(23) D R Birminghamよりシーズン終了までレンタルで獲得。Collinの負担を減らす為。

<プレミアシップ>
vsHuddersfield(Home)
アーセナルを倒したメンバーは少し休ませ、中盤にはスウェーデン人の新加入Olsonが先発。
試合開始早々からDaviesがヘッドで落としLuaLuaが決め先制。
そして、Daviesが追加点を挙げ、最後はNunoValenteの直接FKで首位独走態勢に入った。
○3−0 LuaLua1 Davies1 NValente1


<月末報告(1月)>
1月の監督賞受賞。7月についで2度目の受賞ノ(´д`*)
1位を10ポイント差で独走中
SS獲り忘れましたOrz



new_amsterdams at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月01日

06/07 Norwich September - December

長い長いチャンピオンシップが幕を開けて1ヶ月。現在1位と好調なので、この調子で昇格に向けて邁進したいところ。

<チャンピオンシップ>
vsHuddersfield(Home)
前半に先制し、後半から相手がレッドで退場した後、
この日、先発のAlbertoが追加点を奪い勝利。
○2−0 Alberto1 LuaLua1

vsWBA(Home)
試合前にWBA監督から’Norwichの勢いを止めてやる’と挑発されて臨んだ試合。
試合はこちらのペースだったが、相手GKの好セーブ連発により得点できずスコアレスドロー。
枠内シュート7本Orz
△0−0

<Carling Cup 4回戦>
vsCharlton(Home)
まだまだアマチュアチームが残ってるというのに、
いつもながら運悪くCharltonと当たってしまった。
来シーズンの為に実力を試す良い機会と思って試合に臨む。
Colombo,Pahor、Dumot、Hugesといった控え組みが先発。
前半3分 相手のバックミスを奪ったAlbertoが先制ゴールを叩き込む!
その後、Charltonペースで試合は進む。
そして、45分に痛恨の同点弾を許しハーフタイム。
チームトークはスリルを選択。
後半、攻撃的に仕掛けるも得点を奪えず、延長へ・・・・・。
102分 ブラジル人プレイヤーFelipeのミドルシュートがFlemingに当たりそのままゴールに吸い込まれる。万事休すと思い4トップにする。
114分 DelvecchioのクロスにPaezが根性の同点ヘッドを叩き込み、劇的同点弾!
そして、試合の決着はPK戦へ。
ここで、やはりGKの’経験’の差が出たか、1−4で敗北する。
よく頑張ったヽ(゚д゚)ノ
●2−2(PK1−4) Alberto1 Paez1

<チャンピオンシップ>
vsHull(Away)
○0−2 Davies1 Houtecour1(PK)
前節の負けを引きずることなく、相手GKのスーパーセーブに苦しむがなんとか得点を挙げ勝利。首位をがっちりキープ。

・この試合で35歳のFlemingが怪我で2週間Out

vsRotherham(Home)
△1−1 Delvecchio1
選手の疲労を考慮して、全員控えで挑むが、
先制するものの後半間際に同点弾を許し痛いホームでのドロー。

vsPreston(Away)
△0−0
最後まで相手GKの牙城を崩せず、またしてもドロー。
得点力不足かも・・・・・。
この日、先発した20歳CBのPahorは合格点とは言い難い出来。

vsStoke(Away)
前半早々に相手が退場する。
するとLuaLuaの先制ゴールでリードを奪い、
Daviesの芸術的なループとAlbertoの追加点で久々の勝利。
○3−0 LuaLua1 Davies1 Alberto

vsQPR(Home)
前節の勢いはどこえやら・・・・。
開始早々から攻めまくるが、またまたゴールが遠くスコアレスドロー。
△0−0

vsSheffUtd(Away)
試合開始から相手のペースで試合は進むが、
14分 ヌーノバレンテのクロスにDaviesがヘッドで合わせ先制点を奪う!
33分LuaLuaが怪我で退場。
そして、この後もSheffUtdのペースだが、
カウンターからAlberto→Dibaとつないで追加点を奪う。
そしてこのままタイムアップ。
○0−2
なぜかアウェイでは滅法強いNorwich。
守られると弱い。
この試合で負傷交代したLuaLuaが全治2週間。

・Leedsの監督が解雇され、メディアに第一候補と名が挙がるが、Hendrikse監督この噂を一蹴。

vsLuton(Home)
○4−0 Alberto1 Chiumiento2 NunoValente1
相手のGKがショボかったのかFKから2得点と、Chiumientoのクロスがそのままゴールに吸い込まれ、楽な試合でした。やっぱGKって大事だなぁ。

vsIpswich(Away)
14分 相手に直接FKを決められ苦しい立ち上がり。
55分 ChiumientoのFKにDibaがヘッドで合わせ、同点!
57分カウンターからDibaが抜け出したところをファールで止められ相手が一発レッド。
そして、そこで得たFKをChiumientoが直接決め逆転!この後、Dibaがもう1点奪い、1点返されるもなんとか勝利。
○3−2 Diba2 Chiumiento1

vsCoventry(Home)
△0−0
計16本のシュートを放つもゴールを割れず。

vsFulham(Away)
△0−0
2連続ドロー

2位との勝ち点差が3まで縮まる( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )

vsCardiff
○1−0 Alberto1
11本の枠内シュートを放つが相手GKの好セーブにあいなかなか得点できずにいたが、
Albertoがなんとか得点し、2戦ぶりの勝利。

vsCrewe(Away)
この試合はほぼサブのメンバーで挑む。
Astonvillaよりレンタル中のPaulが先制するが、同点弾を許しドロー。
△1−1 Paul1

vsCrystalPalace
シーズン前にMills、Butt等獲得したいと思っていた選手を次々と強奪していったクラブ。
また英国屈指の若手Watsonがリザーブ(*´д`*)ハァハァ
試合は開始5分 Daviesのへなちょこミドルが決まり先制。もし自分があんなシュート決められたら激怒するだろうw
そして、9分にLuaLuaが目の覚めるようなミドルを突き刺し早くも試合を決定付ける。
○2−0 LuaLua1 Davies1

vsPlymouth(Away)
△1−1 LuaLua1

vsBurnley(Home)
前半に先制され、追いかける展開もなかなか得点できず、
後半からDelvecchio,AlbertoとFW4人を前線に並べ、2バックで攻勢にでる。
すると、78分にWBのNunoValenteがエリア内から強烈なシュートを突き刺しなんとか同点に追いつく。
すると86分にDelvecchioのクロスにDaviesがヘッドで合わせ逆転!!
しかし、87分にCollinのミスから同点になる。
△2−2 Davies1 NunoValente1

vsSouthampton(Home)
勝ち点差3で2位につけるSouthamptonとの試合。
AlbertoとDaviesの2トップで挑む。(LuaLua控え)
15分 Dibaがドリブルから素晴らしいミドルを突き刺し先制!
16分 AlbertoのスルーパスからDaviesだ1対1を決め追加点。
この後、Albertoが2点を追加し試合を決める。
見事首位決戦を制する。
DaviesとAlbertoの2トップが理想かもw
LuaLua控え(*´д`*)ハァハァ
○4−0 Alberto2 Davies1 Diba1
 
・Dibaが連戦のため疲労蓄積している模様。仕方ないので2週間のHolidayへ。

Dibaの穴を埋めるべく、ローンオファーをだしまくる。

<ローン獲得>
Henri Camara(29) Wiganよりリザーブ生活中の自己中ドリブル野郎を3ヶ月レンタルで獲得。こういう選手大好きです(´∀`*)ウフフ 活躍次第では完全移籍も視野に。

vsWatford(Away)
○2−0 Davies1 Hautecoeur1(PK)

vsLeeds(Away)
Dibaの代わりにLuaLuaを右サイドハーフで起用。
4分 PaezのクロスにDaviesの強引なダイビングヘッドで先制!
11分 Albertoがカウンターから20Mドリブルから1対1を決め追加点!
32分 Daviesが怪我った為、獲得したばかりのCamaraを投入。
40分 またまたPaezのクロスからAlbertoのヘッドで追加点。
53分 Camaraがドリブルからループを決めデビュー戦でゴール!
○4−0 Alberto2 Davies1 Camara1

vsSheffUtd(Home)
○1−0 Alberto1

・Albertoがここ4試合で5得点の荒稼ぎで、チーム内得点ランクトップに。評価額も一気に200Mに。獲得当初は確か40Mくらいでした。29歳遅咲きのストライカー( - _ - )イイ!

<年末報告>
1試合未消化で2位と勝ち点差7と首位を独走中。
そろそろ来期を見据えた補強もせねば・・・・。
失点がいまだ1桁なのが素晴らしい。
35歳のFlemingが来期もできるのか心配。。。
YanagisawaとOguroと契約がまとまるも労働許可が下りず・・・・。ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
06 norwich december





 



new_amsterdams at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月28日

06/07 Norwich August

ゲーム上は既に11月まで進んでいるので、うる覚えの記憶ですが、
早く日記も追いつかなければ。

・Astonvillaの監督時代にお世話になった、Huntelaar(たしか評価額が3Bくらいでした)が移籍リストに載っていて安かったんで、獲得しようと思ったんですが、それはダメだろうと自分につぶやきなんとか、阻止。随分と能力が低くなってますが、
下げられたのだろうか??それとも、ここから伸びるのかな?

<ローン>
Shane Paul ST AMR アストンビラよりシーズン終了までレンタル。出場機会は・・・たぶんあまりないでしょう。俊足アッタカー。
Stephan Dumont DM  層が薄いので中盤の選手をローン獲得。リールよりシーズン終了までレンタル。

Ricard Huges DM MLC 昨季もお世話になった選手。左サイドもできるのが大きい。こちらもシーズン終了まで。




・Astonvillaより親善試合を打診される。よりによって監督の、ある意味古巣からのオファー(*´д`*)ハァハァやっぱりなにか縁があるのかも。もちろん承諾しました。

<Friendly Match>
vsAFC Telford(Away)
○4−0
初戦はコンディション調整の意味合いが強い為、アシマネに一任。

vsAbingdonTown(Away)
○2−0
こちらもコンディション調整。

vsAB(Away)
自分の住んでみたい国No,1のデンマークでの試合。仮想旅行しました。
戦術もそこそこ機能した。1失点したが、DFラインに経験を積ませる事に意味がある。
○3−1

vsAaB(Away)
デンマーク遠征第二戦目。
○2−0

vsBrondly(Away)
デンマーク遠征第三戦目。
コペンハーゲンに次ぐ強敵を選んだつもり。
試合内容もよく、合流したばかりのLuaLuaが得点した。
チームは万全の仕上がりといえるだろう。
○3−1

vsAstonvilla(Home)
プレミアのチームと最後の親善試合。
開始から、Norwichが格上相手にペースを握り、4分にDaviesがPA外から素晴らしいミドルを突き刺し先制。
しかし、すぐ後にBarosの個人技にFlemingがついていけず同点弾を許す。
この後、一点ずつ分け合いドロー。
内容は完全に勝っていたので、これは開幕を控えるNorwichにとって大きな自信になりました。
△2−2 Davies1 NunoValente1

<今季のフォーメーション>
基本は昨季と同じ4−4−2。(中盤はフラット)
FW        LuaLua Davies

MF Chiumiento Hautecouer Elliott Diba

DF N,Valente  Mettomo Fleming  Collin

GK           Gallacher



トップはLuaLuaが上がり目で、Daviesを少し下げ、ポストプレーやプレッシングで攻撃以外の面でも貢献してもらうことに。
中盤は右サイドハーフのDibaに攻撃参加Oftenにし、左サイドハーフのChiumientoを中盤の組み立てに参加してもらい少し下がり目の位置をとってもらう。中盤の二人は守備を第一優先に。
DFはかなりの粒が揃った感じ。
GKは昨季も強豪相手にスーパーセーブを連発した、Gallacherを。

<チャンピオンシップ開幕戦>
vsSheffWed(Away)
SheffUtdとSheffWedがあってややこしいなあ(-_-;)
開幕戦はAwayでの一戦。
開始からお互いハイなペースの試合。
26分 カウンターから抜け出したLuaLuaが先制ゴールをあげる。
46分 ヘッドでDaviesが追加点。
終了間際に途中出場のスペイン人FWのAlbertoが追加点を挙げ、開幕戦をFW3人の活躍で白星で飾る。
○3−0 LuaLua1 Davies1 Alberto1

vsSouthampton(Away)
互角の展開だったが、FWの決定力の差が現れ、なんとか勝利。
2連勝。
○2−0 LuaLua1 Davies1

vsLeeds(Home)
今季最初のホームでの一戦。
サポーターに新しいNorwichを見て欲しい。
監督の期待とは裏腹に前半早々に先制されると、
エースのDaviesが怪我で負傷。(後に2〜3週間の怪我と判明)
46分に変わって入ったAlbertoが同点とするも、
終了間際にミスから失点し敗北。
連勝は2でストップし、今季初の黒星&失点を喫した。
●1−2 Alberto1

vsWatford(Home)
○3−0 LuaLua2 Alberto1

<CarlingCup
 1回戦>
vsYevoil(Home)
CarlingCupの初戦は、アマチュアのチームとの対戦。
オール控えで挑むが、なかなか得点できず、
終了間際にDelevicchioのゴールでなんとか勝利。
○1−0 Delvecchio1

<チャンピオンシップ>
vsBurnsley(Home)
完全にペースを握り、枠内シュートを許さない完璧な内容での勝利。
Daviesの不在を感じさせない出来。控えFWであったAlbertoが大活躍。
○4−0 Alberto2 LuaLua1 Paul1


vsLeicester(Away)
序盤は互角でしたが、終盤にターゲットになれる、Delvecchio投入により流れはNorwichに。
Delvecchioが起点になりLuaLuaが2点奪い勝利。
○2−0 LuaLua2

・8月の最優秀監督賞にHendrikse監督が1位でノミネートノ(´д`*)

・ベテランDFでキャプテンであるFleming(35歳)がチームで一番の高平均レートを記録中。彼がDFラインを統率。Leeds戦以外はいまだ得点を許していません。

・このデータパッチはアジア人全体の平均能力が上がってる気がする。
日本代表の灰色選手でさえスピード、加速18とかいます。



new_amsterdams at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月25日

06/07 Norwich June July

昨シーズンは、16位と不本意な成績でしたが、今シーズンは昇格!いや、優勝を狙っていきます!

理事会が、移籍金を’360M。後は移籍させて増やしてちょ’と発表。

昨シーズンの冬の移籍市場で選手を獲得しなかった為、2月からチマチマと選手検索やスカウト等を駆使して、安くえ使えそうな若手や古井戸を掘っていました(・∀・)ニヤニヤ

<日本人選手の近況報告>
私の箱庭で日本人選手が活躍しても興味ないという声が聞こえてきそうですが、
結構、活躍しているのでご報告。
名前      評価額
小野 伸二  900M 今季浦和レッズからドルトムントに550Mで移籍。活躍次第では評価額10億超えも・・・・。
稲本 潤一  525M 昨シーズンはガラタサライのレギュラーとしてプレーし、33試合出場で2ゴール2アシストを記録。チャンピオンシップなら十分通用しそうな能力。
中村 俊輔  460M こちらもCelticのレギュラーです。テクニック系がほぼ17以上。プレミアに昇格の暁には、獲得も考慮にいれようかな。
松井 大輔  370M テクニック19にドリブル17加速、Agility17です。ルマンのレギュラーとして活躍中。
大久保 嘉人 370M 昨シーズンのサラゴサ監督時代にフリーで獲得しましたが、その時と比べてかなり能力上がっています。普通にかなり使えそうな感じ。スピード17 加速19 決定力18 ファーストタッチ17と結構ゴール決めてくれそう。
川口 能活  340M レッチェのレギュラーです。
とまあ後は割愛しますが、中田英がまだ現役です(*´д`*)ハァハァ
高原以外はレギュラーで頑張ってるようです。
平山獲りたいんですが、WorkPermissionがどうしても下りない。

と・・・・見逃していた選手を一人発見・・・・・。
Morimoto





作成されてるし(*´д`*)ハァハァ
密かにトライアル申し込んだんですが、こちらも労働許可が下りずOrz


<放出〜Out〜>
Earnshaw 975M →Wigan 我がチームの大エースですが、シーズン終了後に売却と約束していたので、渋々売却。Wiganでの活躍をお祈りしています。次はプレミアで会おう!昨シーズン44試合20ゴール

Lee Croft 170M →Nottm Forest 期待の若手でしたが、前線の駒が飽和状態だったので売却。これに対し、ファンが不満。

他8名を売却 総額1,62Bなり♪

<獲得〜In〜>
名前(年齢)     ポジション
Corrado Colombo(27) ST   ボスマン 元イタリアU-21代表の長身ストライカー。サンプドリアよりボスマンで獲得。決定力はないが、足元が起用で、ポストプレーが上手い。控えのFW候補。

Jan Pahor(20)  SW/DC 15M  既にスロベニア代表7キャップを刻む期待の将来性豊かな若手DC。Flemingの後継者候補。将来はNorwichのDFを統率するような存在に。
Pahor





Gaby Mudingayi(25) WB RL,DM,M RLC ボスマン ラツィオより獲得したユーティリティープレイヤー。しかし能力が低い。タックルが得意。

Quetin Guyon(16) DM 25M Racing92というクラブから青田買い。
16歳にしてテクニック17、パス16、ひらめき18という選手。他の能力はまだまだですが、将来性を感じるフランス人選手。

Nuno Valente(32) D L 40M 古井戸作戦第一弾♪ご存知のポルガル人フルバック。Evertonのリザーブだったんですが、まさか来てくれるとは (((( ;゚Д゚))) まだまだ第一線でやっていける能力。CL優勝経験者。彼がこのチームにもたらすものは計り知れないであろう。
Nuno valente






Marco Delvecchio(33) AM LC ST Free 古井戸作戦第二弾♪かつては、中田がローマに在籍していた時代にローマがスクデットを獲得した時のメンバーです。ヘディングでゴールを陥れます。終盤のパワープレーで期待。
Deleveccio






Kevin Gohiri(19) AM C Free ル・マンより青田買いした若手の攻撃的MF。U-19のフランス代表。パスセンスが光る。まだまだ使える能力ではないのでリザーブへ。

Ricard Paez(27) AM LC 7,5M かなり格安で獲得した、ベネズエラ代表37キャップを誇る選手。能力も安定しています。Chiumientoと左サイドハーフの位置を争う事になる。お金がないクラブにオススメの選手。
David Paez





Tomaez Poznaski(16) MC 4,5M ポーランドU-19代表。青田買い。今後伸びるかは微妙。

Alberto(28) AM/F C Free スペイン2部リーグのElcheより無料で獲得。ヘタフェで活躍していてた選手。能力の割りにかなり評価が低い。169cmでJumping18 Strengh17とかなり味のある選手。また足元も上手く、3拍子揃った選手です。
Alberto





Simon Elliott(32) DM Free 昨シーズン、ローンでお世話になった選手。フルハムに無料で打診したところ承諾されたので獲得♪休日には近くの商店街でピエロの格好でパントマイムしています。
Elliott





Yohann Hautecoeur(25) DM MRC 250M St.Einneより獲得。守備もできて、ボールを繋ぐ事もできる選手。一応、彼がNorwichの攻撃のタクトを振るいます。
Hautcouer





Lucien Mettomo(29) D C/DM 130M こちらもSt,Einneより獲得、カメルーン代表のCB。昨シーズンも獲得を試みたんですが振られて、1シーズン越しの想いが届きました。Flemingと強固な砦となるはず。
Mettomo





Anouar Diba(23) AM R 35M NAC Bredaより獲得のオランダ国籍所有のモロッコ人アッタカー。格安でした。俊足を活かした攻めと、得点能力も魅力。
Diba





Kevin Davies(29) ST 130M 元イングランドU-21代表のストライカー。古典的なタイプの選手ですが、制空権争いはピカイチ。そして、足元も上手い為、そのポストプレーにも定評がある。来シーズンに古巣のボルトンに恩返しすることが目標。
Davies





Lomano LuaLua(25) AM R/F C 600M コンゴ代表の俊足ストライカー。Norwichの最後の補強は大型選手であった。今季、移籍したEarnshawとよく似たタイプの選手。Daviesと良いコンビになるはず。1シーズン20ゴールは固い?また、Astonvilla時代に彼に痛い目にあわされた経験ありw
Lua Lua






計1,27Bなり♪

満点の補強でした。数、質ともに最高!これは昇格できて当たり前!?

・日本人も含め、このデータパッチはアジア人の平均能力が上がってるかも。。。。日本代表の灰色選手でもスピードや加速が17以上がざらにいる。

・今シーズンの優勝オッズ発表。Norwichは20−1と随分下に見られたもんだ。



new_amsterdams at 01:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!