2011年04月26日

北海道で住み込みのアルバイト開始【前編】

今年4月からの約半年間、北海道の美瑛で

住み込みのアルバイトを始めた。


2月頃、ふと思った。


このまま、ただ時間が

流れていくのはもったいない。


このまま今と同じ生活が続く半年間と、

日常とは少し異なる半年間。


そのふたつの道を考えた結果、軽い気持ちで

住み込みのアルバイトに応募したのだった。


住み込みのバイトといってもたくさんあるが、

今回はたまたまピンと来るものを感じる

バイト先を見つけることが出来た。


なんというか、雰囲気というか感覚というか、

自分がそこで楽しく働けるイメージが湧いたのだ。


まあ、
があれば採用されるだろう。


逆に縁がなければ、

どんなに行きたくても採用されないだろう。


人生ってそんな感じっしょ。

そんな軽いノリで応募した。


すると、

採用されてしまった。


じゃあ、縁があるんだろう、たぶん。


バイト先は、

手作りのハム・ソーセージレストラン。

働きだして、今日でちょうど一週間になる。


京都府の舞鶴港から新日本海フェリーに乗って

海上をゆらゆらしながら、北海道の小樽港まで

20時間ちょいかかった。


出港は4月17日の午前0時30分だった。
新日本海フェリー
こちらは船室の様子。
S寝台
多少奮発してS寝台(¥14,800-)を予約したものの

個室と名前が付いているだけで、ただカーテンで

仕切られているだけの部屋だった。
S寝台の一画
完全なプライベート空間をお望みの方は、

多少値段は張るが、1等かスイートを

予約した方がいいと思う。


原付はフェリーに積んでいった(¥6,200-)。
原付
到着は少し遅れて21時。

そんな時間から美瑛に向けて出発するのもあれなので

小樽のカプセルホテル(¥2,500-)に宿泊。
ラーメン
このラーメンは無料で食べることが出来るサービス

だった。非常に美味。


翌日、小樽から美瑛までの道程190キロを

法定速度30キロの原付で爆走した。


実際にはスピード違反覚悟で飛ばしたのだが、

結局6時間以上かかった。


地図を見る以外は、ほとんど休憩しなかった。


しかし、寒い……。

小樽は

旭川は積雪だった。


気温は4度。


路面が濡れていたり凍っていないかを心配して、

レストランのオーナーさんから電話があった。


「こちら(美瑛)は大雪警報です」


マジっすか。


19日に到着する予定だったのだが、

多少遅れても構わないとのことだった。


「安全第一で来てください!」


そう念を押された。


小樽から富良野を経由して美瑛に行くつもりだったが

その事をオーナーさんに伝えると、積雪で危険なので

旭川経由で来た方が良いと言われ、急遽、道を変更。


原付にまたがり、

冷たい雨風に晒されながら6時間。


行けるところまで行ってみよう、と頑張った結果、

予定より1日早くバイト先に着いてしまった。


ついに、“丘のまち”美瑛に辿り着いたのだ。
美瑛


つづく


北海道で住み込みのアルバイト開始【後編】へ



new_beginnings at 22:51│Comments(4)TrackBack(0) 北海道で住み込みアルバイト | 日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by こばやし   2012年03月22日 13:43
今年、長年勤めさせていただいた会社を退職いたしました。まだ、若いので冒険をして県外へ行き住み込みの仕事をしようか考えています。

行動に移せたのはなぜですか?
2. Posted by ゆっきー   2012年03月22日 15:34
> こばやしさん

コメントありがとうございます。
冒険っていいですよね。

僕の動機は、“未知の体験”をして、自分を成長させたいからです。

“未知”というのは“驚き”です。
「ええっ!?」というような経験・体験が、僕の人生の糧になっていくと思っています。

だから僕は、“アルバイトをする”という経験よりも、見知らぬ人と一つ屋根の下で、同じご飯を食べて生活する“住み込み”という経験がしてみたかったんです。
だから、なるべくアットホームそうな“ピンとくる”住み込み先を探しました。
仕事内容は何でもよかったです。

僕は以前にもレストランで働いたことがあり、正直に言って、自分にはおもいっきり向いてない職種だと思っていましたが、応募した住み込み先の「歩人」には、なぜか妙に魅かれました。
縁があったんでしょうね。

住み込み先の人たちと、家族のような関係になれるものなら“なってみたい”と思っていましたし、実際に住み込み先の方にも「いつ逃げだすかと思ったけど、最後までよく頑張ったね。お前はもう、うちの家族だから、いつでもここに帰って来なさい」と言っていただけました。泣けます。

僕は勇気はいらないと思っています。
勇気は揺らいでしまうからです。
でも“覚悟”したら、どんなことがあっても揺らぎません。

“勇気なき想い”で終わらせたくなかったので、「一度経験してみるのもいいかな~」という、ある意味軽いノリで応募しました。
すると採用されてしまったので、僕はもう覚悟するしかなかったですw

軽いノリで決めて、あとは流れに身をまかせ、どんなことがあっても“最高に人生を楽しむんや!”という覚悟さえできれば、万事OKじゃないでしょうか。
そんな人生を送れれば、死に際に「俺の人生、最高におもろかったな~」と思って死ねると思いますww

答えになってないかもしれませんが、こんな感じでいかがでしょうか。
3. Posted by 萌音   2014年02月07日 16:00
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
4. Posted by クラ   2015年01月27日 20:11
ブログみました。北海道まで船で行き、リゾートアルバイト 羨ましいです。北海道ではないですが自分も以前 リゾート地で住み込みアルバイトをしたことがあります。規則正しい生活も送れるし、何よりも自然の中の仕事 いい思い出です。すばらしいブログ ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

冒険者ゆっきー

色んな人との出会いによって
重大な選択を迫られる。
幸せな人生を求めるべきか…
安定、安全をとるべきか…。

苦渋の決断を経て、
本当の幸せを手に入れるべく
険しい冒険の世界へと
旅立った主人公ゆっきー。

そんなゆっきーが目指す旅の
終着点とは!?
本当の幸せとは一体どういう
意味なのか!?

壮大なスケールでお届けする
スペクタクルロマン!
真実の冒険物語が今……
全世界待望のブログ化!!

おすすめ
ベストセラー
Amazon検索