2011年03月16日

北の被災地から2011

もに@被災地です。

無事です。
気にかけてくれた方々、ありがとうございます!

本震の時、僕は研究室のトイレでうんこしてました。こんなことあるんだ〜。
不謹慎なので、ブログ上でネタはこの程度にしときます。個人的に会ったら詳細に話せそうです。

ガッツが無事でなにより良かったです。
関西にいたとは…

震災後、研究室の知り合いが着々と仙台脱出準備を進めている中、
僕は早い内からライフラインが復活していたので、チャリで困ってそうな友人宅まわりしてた。結構な距離を回りまわってた。車のガソリン切れちゃってたので。

その結果、予約できる高速バスはなくなり仙台に取り残される。
そのかわり、ライフラインで困っていた友人を二人ほどかくまうことに成功。あとわりと余裕なはずの友人二人もかくまう。誘ったのは僕だが、やはり、何故きたと思った。




今後の方針が決定しました。
仙台に留まります。留まって地域のボランティアに参加していこうと思います。

それは食料調達の際立ち寄ったお店でおっちゃんの話に触発されたから。まわりの地域より余裕がある若い男になにができるか。まわりの県、国から物資の供給があっても、輸送手段のない今、被災地の復旧を具体化、具現化できるのは地域の人間にかかっています。その人間というのがまわりの地域より余裕がある若い男ですという話。
避難所にはいろんな人がいました。手を繋いでいた息子を目の前で津波にさらわれてしまった人、家をなくしてしまった人、故郷の風景をなくした人。直接に聞く話はキツいものがありました。そんな人たちに何ができるか。
被災していない方々も考えてみて欲しいです。

そんな悲惨な状況のなか
ここ数日は地域の暖かさに触れっぱなしでした。
コンビ二のおばちゃんにおまけもらったり、炊き出しもらったり、励ましあったり。
被害者面しない強さに憧れるとともに、もらってばかりではいけないと思いました。


つーわけで愛知には戻らん!


先のことを考えるのは苦手ってのもあるけど、今なにができるかがわかったし。
偽善だとかかっこつけてるだとか思う自分はいるけれどそんなんは瑣末なことです。
かっこつけるために生きてるようなもんだし。


明日から活動開始です。風邪をひかないようにせねば。

new_house at 17:14|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年12月27日

まったく

12月はほんとに忙しかった。結構ぎりぎりな感じでしたわ。
もうちょい仕事が早ければ睡眠時間が確保できたんだろうなぁ。
全てに対し愚直に全力投球するのは間違いなんだろうなぁ。
しかし、したたかにはもうなれないわ。性格だからなぁ。

あ、そうそう、クリスマスは東京で研究会がありました。
教授先生と二人で行きました。

初日の夜には懇親会(立食)があったのですが、

先生帰っちゃったんだな。

野に放たれた子羊な私。

知ってる人いないので仕方なく一人黙々と飯を食う。

食っていたら、(研究会では口頭発表していたので)話しかけてくれるひとがちょくちょくいました。

もし、発表もせず懇親会に参加していたらと思うとゾッとする。

話しかけてくれた皆さんはだいたい助教とかそのあたりでした。

なんだかんだで4,5人ぐらいの輪になって盛り上がった。
いろんな与太話が聞けた。

先生ともなると学校近くの店、回れないとか。
学生がバイトしてるから。
レンタルビデオ屋で見られるだけで
翌日学生に「先生、いいの入ってますよ」と言われてみたり、
「昨日、何してたんですか」とか言われてみたり
ツイッターで噂を広げられてみたり

するらしいです。わろた。楽しそうですやん。




ドクター行くの?と聞かれ
行きたいですと答えました。

結構やめとけやめとけ言われました。
就職口がないらしいです。
萎え

看護婦の彼女捕まえとけ言われました。
とりあえずヒモ大作戦もありだからと。
わろた。

そんな感じで結構楽しかった!






夜はホテルに泊まり、

朝はチェックアウト時刻のお知らせで目が覚める。
仕方ないのでシャワー浴びずにフロントへ行く。

「おはようございます。鍵をお預かりします。」当たり前だけれど、敬語で対応される。

シャワー浴びたかったので
「このへんでシャワー浴びられる場所ってありますかね〜w」
って言ったら

「…浴びてこなかったの…?」
言われました。

いきなり敬語やめんなwww素が出てるってwww



研究会後は
KENTに突然のメールを送る。
クマーと一緒にいるらしかった。
仲良すぎw

突然のメールにも寛大に答えていただき感謝。
クマーの実家にお邪魔した。
クマーは夢のような環境に住んでました。うらやま。

コーヒーつったら、アメリカンですよね。うん。そう。…いや、ブレンドで。

加えてKentから面白い話を聞けた。
KENTは少なくとも講師以上の教職に就くべき。



そんな感じで東京滞在は楽しかった!

new_house at 00:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月27日

約束は守らない

前回の記事の続きはなんとなく、かかないぜ!


雑用が多すぎて自分の仕事ができないといううんこな状況だが
うんこな中にも得られるものがあるのさ!


そんなうんこな一週間だった!

自分の仕事はこの土日にでも片付けるぜ!
それが漢ってもんだぜ!



大学入学時から8kgぐらい体重増えた。
そろそろ動き出してもいいころだな…

そろそろ処置しないと手遅れになる。手術しかなくなる。

カロリーコントロールだ!

具体的にどうするかは考えてない。

とりあえず腹が減ったらたくあん食べよう。ダイエットの為に。

たくあんならカロリー少ないだろ。おいしいだろう。

たくあんに合うのは白飯だね。

ってか白飯ないとたくあん食えないといっても過言ではないね。




ダイエットのために、お腹が空いた時にはたくあんを食べる。
Weightcontrol needs to eat a Takuan.

たくあんは白飯がないと食べられない。
To eat Takuan needs to eat rice.

ダイエットのためには白飯を食べることが必要。
Weight control needs to eat rice.




不思議なことにダイエットには白飯を食うことが必要らしい。


それでは白飯ダイエット開始!

new_house at 03:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年10月27日

リアリストとみせたロマンチスト

9月15くらいから禁煙を初めて今日は10月27日

一ヶ月強経ちました。順調です。



そんなことより攻殻の話がしたい。

攻殻機動隊SAC12話「タチコマの家出 映画監督の夢-escape from-」
の後半映画監督の夢の部分。

素子の心境について話したい。




〜世界観知ってる人しかわからないうらすじ〜

バトー専用機のタチコマが市場より持ち帰った箱に入った脳殻から物語が始まる話。
脳殻を身元を分析するために、公安9課の鑑識が脳殻へ潜った。
ところが一向に鑑識は戻ってこない。
鑑識が戻って来ない原因はハッキングか?はたまた防壁迷路か?
ただごとではないと感じた素子はその脳殻へダイブする。

脳殻内の世界は映画館。何人もの人々が映画館の待合室で上映を待ちわびていた。
素子は彼らになにをしているのかと問いかけるも返事はない。彼らはただひたすらになにか1つのことを議論しており、異様な雰囲気に包まれていた。

そんな中ひとりの老人が素子に話しかける。
待合室の人々に話かけるのは無駄だという。なぜなら彼らは映画に取り憑かれてしまった人々だからという。

映画の上映が始まり会場へ入る素子。
会場へ入ると鑑識がいた。素子に気づくこともなく、生気もなくただスクリーンを見つめる鑑識。素子は彼の肩をつかむ。ようやく素子に気づく鑑識。

「あ、少佐…奇遇ですね…こいつは素晴らしいですよ…」

鑑識は再びスクリーンへと目を向けてしまう。あたりを見回す素子。
観客はみなスクリーンに心を奪われていた。
そして素子はスクリーンへ目を向けた。

一筋の涙が素子の頬を伝う。
素子はそのことに気づかない程映画に心を奪われてしまっていた。

映画が終わり、待合室へ戻ると先程の老人がいた。

どうだった?

…確かに、いい映画と言えなくもないわね。でも、どんな娯楽でも基本的には一過性のものだし、また、そうあるべきだ。
始まりも終わりもなく、ただ観客を魅了したまま手放そうとしない映画なんて、それがどんなに素晴らしく思えたとしても害にしかならない。

ほぉ手厳しいな。我々観客には戻るべき現実があるとでもいいたいのかね?

…そうよ。

…ここの観客の中には、現実に戻った途端に不幸がまちうけているものもいる。そういう連中の夢を取り上げ、あんたは責任を負えるのかね?

負えないわ。でも夢は現実の中で戦ってこそ意味がある。他人の夢に自分を投影しているだけでは、死んだも同然だ。

…リアリストだな。

現実逃避をロマンチストと呼ぶならね。

強い娘よのう。いつかあんたの信じる現実が作れたら呼んでくれその時ワシらは映画館をでていこう。

素子に向かい握手を求める老人。
素子はそれに対して…
(このシーンで、素子が握手に応じたか、応じないかわからない描写になっている。)



脳潜入から帰還した素子。
なかなか戻ってこない素子に冷や冷やしたというイシカワに対して素子は、
「ゴーストラインを突破するのにてこずって声をかけてる場合ではなかった」と嘘をつく。

イシカワの調査の結果、脳殻の持ち主は無名の映画監督と判明した。
彼は特異な作家性に固執するあまり資金や人材の確保ができず、まともな作品を残すことができず、せめて脳内で理想とする映画を作り上げ残そうとした。
その結果自身の脳殻に生命維持装置を取り付た。

イシカワは素子に映画監督の写真を見せる。
素子はハッとする。

その写真は素子が映画館で出会った老人であった。彼もまた、観客と同じように現実に打ちひしがれたもののひとりであった。
ハッキングでも防壁迷路でもなく、映画の魅力で観客を脳殻から返さない。
そんな凄まじい才能は現実の前に儚くも散ってしまっていた。






問1
素子は映画監督の握手に応じただろうか。


問2
何故、素子はイシカワに嘘をついたのか。

問3
老人の正体が判明した時、素子はどんな気持ちだっただろうか。

問4
もし、素子が老人の正体を知っていた場合、素子は映画監督の握手に応じただろうか。問1と同じ対応であると考えるならば、その時の心境の違いはあるだろうか。



ぼくの感じたことは次の記事に書きますが、

この問を考えると、素子のツンデレっぷりが最高。

new_house at 07:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

リアリストとみせたロマンチスト

9月15くらいから禁煙を初めて今日は10月27日

一ヶ月強経ちました。順調です。



そんなことより攻殻の話がしたい。

攻殻機動隊SAC12話「タチコマの家出 映画監督の夢-escape from-」
の後半映画監督の夢の部分。

素子の心境について話したい。




〜世界観知ってる人しかわからないうらすじ〜

バトー専用機のタチコマが市場より持ち帰った箱に入った脳殻から物語が始まる話。
脳殻を身元を分析するために、公安9課の鑑識が脳殻へ潜った。
ところが一向に鑑識は戻ってこない。
鑑識が戻って来ない原因はハッキングか?はたまた防壁迷路か?
ただごとではないと感じた素子はその脳殻へダイブする。

脳殻内の世界は映画館。何人もの人々が映画館の待合室で上映を待ちわびていた。
素子は彼らになにをしているのかと問いかけるも返事はない。彼らはただひたすらになにか1つのことを議論しており、異様な雰囲気に包まれていた。

そんな中ひとりの老人が素子に話しかける。
待合室の人々に話かけるのは無駄だという。なぜなら彼らは映画に取り憑かれてしまった人々だからという。

映画の上映が始まり会場へ入る素子。
会場へ入ると鑑識がいた。素子に気づくこともなく、生気もなくただスクリーンを見つめる鑑識。素子は彼の肩をつかむ。ようやく素子に気づく鑑識。

「あ、少佐…奇遇ですね…こいつは素晴らしいですよ…」

鑑識は再びスクリーンへと目を向けてしまう。あたりを見回す素子。
観客はみなスクリーンに心を奪われていた。
そして素子はスクリーンへ目を向けた。

一筋の涙が素子の頬を伝う。
素子はそのことに気づかない程映画に心を奪われてしまっていた。

映画が終わり、待合室へ戻ると先程の老人がいた。

どうだった?

…確かに、いい映画と言えなくもないわね。でも、どんな娯楽でも基本的には一過性のものだし、また、そうあるべきだ。
始まりも終わりもなく、ただ観客を魅了したまま手放そうとしない映画なんて、それがどんなに素晴らしく思えたとしても害にしかならない。

ほぉ手厳しいな。我々観客には戻るべき現実があるとでもいいたいのかね?

…そうよ。

…ここの観客の中には、現実に戻った途端に不幸がまちうけているものもいる。そういう連中の夢を取り上げ、あんたは責任を負えるのかね?

負えないわ。でも夢は現実の中で戦ってこそ意味がある。他人の夢に自分を投影しているだけでは、死んだも同然だ。

…リアリストだな。

現実逃避をロマンチストと呼ぶならね。

強い娘よのう。いつかあんたの信じる現実が作れたら呼んでくれその時ワシらは映画館をでていこう。

素子に向かい握手を求める老人。
素子はそれに対して…
(このシーンで、素子が握手に応じたか、応じないかわからない描写になっている。)



脳潜入から帰還した素子。
なかなか戻ってこない素子に冷や冷やしたというイシカワに対して素子は、
「ゴーストラインを突破するのにてこずって声をかけてる場合ではなかった」と嘘をつく。

イシカワの調査の結果、脳殻の持ち主は無名の映画監督と判明した。
彼は特異な作家性に固執するあまり資金や人材の確保ができず、まともな作品を残すことができず、せめて脳内で理想とする映画を作り上げ残そうとした。
その結果自身の脳殻に生命維持装置を取り付た。

イシカワは素子に映画監督の写真を見せる。
素子はハッとする。

その写真は素子が映画館で出会った老人であった。彼もまた、観客と同じように現実に打ちひしがれたもののひとりであった。
ハッキングでも防壁迷路でもなく、映画の魅力で観客を脳殻から返さない。
そんな凄まじい才能は現実の前に儚くも散ってしまっていた。






問1
素子は映画監督の握手に応じただろうか。


問2
何故、素子はイシカワに嘘をついたのか。

問3
老人の正体が判明した時、素子はどんな気持ちだっただろうか。

問4
もし、素子が老人の正体を知っていた場合、素子は映画監督の握手に応じただろうか。問1と同じ対応であると考えるならば、その時の心境の違いはあるだろうか。



ぼくの感じたことは次の記事に書きますが、

この問を考えると、素子のツンデレっぷりが最高。

new_house at 07:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月25日

オッケーブラザー、ノリノリじゃ〜んッ!


・うれしい近況報告

微小重力関係の学会に行ってきました。
ポスターセッションに参加して一番いい賞もらいました!

宇宙飛行士の毛利さんが主催するポスターセッションでしたので、
受賞式の時に握手してもらいました!
賞品で毛利さんの宛名付サインの入った本もらいました!

すげーうれしい!

毛利さんはサイエンティストとして厳しそうな人でした。ズバズバ質問されていました。やはりプロでした。
でも優しい人でした。かっこよかった。

写真いっしょに撮らせてくださいと言った瞬間の営業スマイルへの切り替わりの速さは有名人ならではなのだろうか、そもそも営業スマイルではないのだろうか。。。うーん。

もう一つ
僕が書いた中国での学会の参加報告記事が学会誌に掲載されます。
五人選ばれてそのうちの一人です。

これもすげーうれしい!


これからも頑張るZE!


・日常の近況報告

禁煙始めました。
今のところ9日目?かな
今はそんな辛くないです。

最初の3日間が今のところで一番キツかったか。

さて第二波がいつ来るだろうか。
2週間目に来るという噂をちらほらと聞きます。覚悟します。


しかし緊張とストレスのかかる学会の週を無煙で過ごしたのはでかいんじゃないだろうか。

とりあえず2週間頑張ります。

やっぱ禁煙すると体調いいです。

new_house at 08:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年08月30日

眠い

携帯電話中国で落としました!

で、機種変更しました。番号、アドレスは変わってないです。

アドレス帳白紙です。よかったら連絡先送って!


お盆は地元には帰ってました。
携帯落とす前から連絡取り合っていた友人と遊んでました。
そんでお肌チェックしました。
水分が足りてないらしいです、知らんわ。
そんで太った老けた言われました、あんま褒めるなって。


あー…キャップ見てるかい?
会いに行く予定だったんだけど…悔しいッ KUSOッ うんこッ


今は落ち着いて実験も勉強もできています。一年に2、3回くる勉強欲がキてます。
なんだかんだで「寝そべって」勉強するのがかなり好きみたいです。
不思議なことに机で勉強すると全然面白くない。
寝そべった途端に楽しくなります。多分一日中やってても飽きないんじゃないかな。なので人のいない深夜の実験室は最高。実験進めながら寝そべって勉強できる。超効率的。


中国のことはまた今度書こうかな。

先日先輩に連れられ初パチンコ打ちました。
エヴァ打ちました。なんか空から降ってくる使途倒して、マリが出てきて、
1万円勝ちました。うれしかったです。
しかしやっぱり大金(もにの言う大金は5000円から!)使うのは完全に不向きなようで、4パチはもういいなって思いました。勝ってもアドレナリンでにくい体質なんでッ。
でも玉の動きとか見てると意外と癒されるのでやるなら1パチでしょうね。


あ、攻殻の台もでそうだとかでなそうだとか…



寝ます。健康的な生活がまた崩れました。

new_house at 03:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年07月25日

そして時は動き出す。かつ止まり出す。

趣味の欄
_____________________________
サイトォォォォォォッ!!
ソイツをよこせェェェェェエェッ!!


私の趣味は攻殻機動隊で止まってる。
とまりまくってる。


ギターもすでに覚えた曲の繰り返し。
つかギター弾いてねぇ??

暇をぬってイノセンスをちゃんと見た。
二回通りみた。


家族の前で


パット見イカれた趣味にしか見えないので、奥深さを語っておいた。
理解して欲しいなんざ思ってません。
あわよくば面白いと思ってくれればそれでいいです。

______________________________






仕事の欄
__________________________
一週間後に2週間ほど中国行ってきます。


中国は行きたくねぇ〜


なんか怖いイメージしかないんですけど







早いとこポスター作らんと…
GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA


そして




就職か博士か、日本に帰ってくるまでに決定しないとッ

どっちもやってける気がしねぇぜ!!


new_house at 02:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月05日

リレー小説その12



個人的な理解による前回のあらすじ
・ブロノートの効果によってMarataの人格へ変化しきってしまった主人公は、元の人格を取り戻す決意をした。

・約束の地の杉原ミサコが「何か」を知っている。擬似Mara、shion,emeraldが会いに行く。

・敵キャラっぽいの二名出現。そのうち一名はブロノートによってチート人格化している、もう一名は自身のブロノートを前者によって奪われておりそのため主導権がない。果たしてブロノートの機能とは…?






続きを読む

new_house at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月04日

放課後逆玉クルセイダー

どこから書くかなぁ



 春休みには航空機実験で人生初の無重力を体験してきました。
放物線を描いて飛行することにより、無重力を20秒間強作り出す方式です。
機体が急上昇する際には機内に2Gがかかりその後急降下する際にμGが発生するという仕組みです。

 機体は小さい、セレブが個人的に持っていそうな機体でしたが、積んでいるエンジンはジェット機用のエンジンでした。旅客機用のエンジンでは放物線飛行なんか無理なんでしょう。まずエンジンの音がかっこよすぎで燃える燃える。
エンジンの音がでかいのでオペレーション中はインカムを使用して意志伝達を図るわけです。かっこよすぎる。さらに作業はツナギを着て行うため、ツナギ+インカムってこれは宇宙飛行士のソレでかっこよすぎ。

 なかには普段からかっこいい女性がいたんですが、ツナギ+インカムで最強なカンジになっていた。

 生まれ変わったらかっこいい女性になるよ。決めたから。そんで宇宙飛行士になる。

 機体の乗り込み、離陸。実験空域に到着後20回ほど断続的に放物線飛行します。弱いヒトは本当に酔ってダウンするらしいです。だから搭乗前のブリーフィングでは実験担当者全員の机に強力な酔い止め液が置いてある。はっきりいって脅しとしか見えないです。いままでいた最も壮絶な酔いの例は縦も横も規格外にでかい外国人で、酔って吐きそうになっている状態で急に痙攣を起こしてぶっ倒れたらしいです。機内の床に吐きながらぶっ倒れてその後も口からなんかで続けてたらしいです。ただぶっ倒れて寝ゲロしてる分にはなにも問題はないんですが、その間にも無重力ななったり2Gになったりして規格外のデカブツがゲロと共に宙に浮くわ沈むわして、インストラクターのヒトはそのあまりに壮絶な光景を見て逆に笑ってしまったそうです。そりゃうちも笑うわ。…書いていいのだろうかこういうこと。

 放物線飛行の恐怖は酔いだけではないです。
それは無重力になる前の2Gの時に起こる。いわゆるブラックアウトです。
機内に2Gがかかると言うことは体が重くなるわけです。通常の筋肉の使い方では体を支えきれないほどです。全てが重くなるということはもちろん血液も重くなる。血流を主にコントロールしてるのは心臓ですが、心臓の運動は手や足の筋肉と違って意識して"キバる”ことができません。なので心臓が脳へ血液を送り出すちからが血液の重さに負けてしまう。そして脳に血液が届かなくなり、気を失ってしまう。座って作業する分には2Gでブラックアウトすることは滅多にないですが。
 インストラクターのヒトはコクピットではなく実験担当者とともに客席側にいて、通常、席に座らず立ったままで指示を出します。僕が実験していたときには僕の横にいらっしゃいました。そして放物線飛行が始まり、2Gになりました。その時インストラクターはヤンキー座りでなんかしてました。そして勢い良く立ち上がったのを僕は見ました。そして機内は無重力になり作業台の方つまり正面を僕はみて作業を開始しました。そして横目でインストラクターのヒトをふと見ると。…なんか不自然に浮かんでる。頭を垂れ、肩肘は上がり、足に力がない。ちょうど吊るされたマリオネットのような姿勢で、僕の頭の斜め上の方でふわふわとしている…。

…なんだこれ……人形…?。

と思ったら、急に動きだして「アカン、ブラックアウトしそうやったっ」だそうです。
かなりシュールでした。

インストラクターの方が2G中立ち上がったとき、血液に下方向の加速度が発生して血液を脳へ送る力と重力の均衡が破れたらしいです。大丈夫ですか。


以上に挙げた放物線飛行の恐怖、酔いとブラックアウトですが、僕は無事両方とも経験せずに済み、思う存分2Gと無重力を楽しみました。

 2Gは単純に燃えます。体を押さえつけられつぶされそうになるのを力んで耐えます。負けるかよって。地味に頬の肉が下がってくるんですがその感覚は初めてでした。2Gから無重力になる瞬間はフリーフォールの感覚です。乗ったことないですが。また、無重力については、滑車の上に寝そべって壁を蹴ると少しの力で遠くまでいけますよね、その感覚です。地面に立とうとすると上に吹っ飛びます。2Gの時に体を支える力が座席に加わっているため無重力になると体は浮きます。どうしていいのかわからないので大抵の人はだいたい空中で足をバタバタさせます。

実験も成功したしよかった。

 



機内に乗せる実験装置の組み立てはとある工場内で行いました。
工場内には自衛隊の戦闘機やヘリが作られていてまー心躍りました。


疲れた終わり。

new_house at 11:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)