長島の自然小
 上関町長島の環境保全に取り組む市民団体「長島の自然を守る会」は、上関原発予定地の長島の田ノ浦湾周辺に生息する希少生物を紹介したガイドブック『危機に瀕する長島の自然 〜上関原発予定地および周辺の生きものたち〜』(B5判カラー・15ページ・頒価500円)を発行し、1月に各新聞の地方面で紹介されました。購入申し込みは同会の事務局がメールや電話で受け付けているほか、県内の書店などにも置いてもらう予定のようです。
 ガイドブックでは、中国電力による埋め立てが予定されている田ノ浦湾の重要性を解説した上で、瀬戸内海で30年ぶりに発見された海藻のスギモクや、世界的にも希少なカクメイ科ヤシマイシンなどの貝類、開発による減少が危惧される原始的な脊椎動物のナメクジウオ、世界最小のクジラといわれるスナメリ、国際自然保護連合(IUCN)の危惧種にしてされているカンムリウミスズメ、幻の生物といわれる腕足動物のカサシャミセンなど、田ノ浦周辺に生息する動植物がカラー写真入りで解説されています。

長島の自然見開き小

 1999年に設立された長島の自然を守る会は、高木仁三郎市民科学基金からの助成金などを得て、各分野の専門家を招いて150回以上の現地調査を実施、上関原発計画の環境アセスメントの問題点を指摘し続けており、今回のガイドブックは(財)日本自然保護協会の助成「PRO NATURA FUND」を受けて制作したようです。同会は、「上関自然の権利訴訟」の原告団の中心団体として、山口県の公有水面埋立免許取り消しを求める裁判も係争中です。

 埋立予定地周辺での生息が発見された国天然記念物のカンムリウミスズメをめぐっては、中国電力は調査報告書などで、「計画地での営巣はなく、原発建設が生息に著しい影響を与えることはない」「温排水の生態系への影響も少ないだろう」などと結論づけているのに対し、鳥類の専門家でつくる日本鳥学会は、中国電力の調査報告書に対する評価(09年12月28日付)を発表し、「報告書は不適切かな箇所が多く客観性が疑われるものであり、また調査自体も全く不十分である」との結論を示しています。同学会は、1月10日の広島市内で開かれた3学会合同シンポジウムで今回の評価を発表したほか、中電や環境省、経産省などに評価文書を発送しているらしく、“開発ありき”と批判が多い事業者による環境アセスメントの客観性が問われています。

●長島の自然を守る会 スナメリ通信(10.01.07)ガイドブック「危機に瀕する長島の自然〜上関原発予定地および周辺の生きものたち〜」を発行しました
●原子力資料情報室(10.01.15)ガイドブック「危機に瀕する長島の自然〜上関原発予定地および周辺の生きものたち〜」
●読売新聞(10.01.07)上関原発予定地 生息希少生物のガイド本
●山口新聞(10.01.08)上関原発予定地周辺の希少生物 反対派がガイドブック
●日本鳥学会(10.01.08)中国電力株式会社「上関地点カンムリウミスズメ継続調査報告書(平成21年9月)」に対する日本鳥学会鳥類保護委員会の評価
●朝日新聞(10.01.08)日本鳥学会 「客観性疑う」と結論/上関
●毎日新聞(10.01.19)ガイド本:田ノ浦の希少生物紹介 上関原発建設反対の市民団体が発行