沖縄は独立すべき、という意見が一部の人から唱えられている。
(※ただし、本気で沖縄の独立を望む、又は支持している沖縄県民はそう多くはない、というのが私の感触である。普天間飛行場の辺野古移設反対の沖縄県民でさえ、「沖縄独立」というと「え?できるわけないじゃん。」という反応だ。)
一方、沖縄独立論に異を唱える者の中に、「歴史的、文化的に沖縄は日本と同質、同一の圏内にあるから」という説又は見解を根拠に沖縄独立に反対する者がいる。今更殆どの者が読めないような小難しい漢籍やら古文書なりを根拠にするのである。
しかし、そもそも歴史的、文化的に同質、同一なら一つの国家の下になければならない、などと誰が決めたのだ?
旧教と新教の違いがあるとは言え、同じキリスト教文化圏、英語文化圏のイギリスから独立してアメリカ合衆国という新たな国家が建設された例もあるではないか。
「独立したいから」という意志だけで、独立する理由としては十分である。それを、自然科学系の学問と違ってそもそも永久に結論が出ないような歴史解釈を根拠に阻止することはできないし、すべきでない。



沖縄ランキング